マルコヴィッチ裁判長が吠える!『テッド・バンディ』 ザック・エフロン演じる凶悪殺人鬼との法廷バトル動画が公開

マルコヴィッチ×エフロン1

映画『テッド・バンディ』が12/20より劇場公開される。本作は、日本以外はNetflixで配信となり、日本のみ劇場公開となるファン待望の注目作だ。

1970年代アメリカ、30人以上の女性を惨殺したとされるテッド・バンディ。IQ160の頭脳と美しい容姿で、司法・メディアを翻弄し、“シリアルキラー”の語源になった稀代の殺人鬼。女性からは恐怖の対象でしかないはずですが、刑務所には連日多くのファンレターが寄せられるなど、魅惑的なカリスマ性も持ち合わせていた。3度死刑判決を受けるものの、無罪を主張。法律を学んでいた彼は、ついには自らが弁護人となり法廷で徹底抗弁を繰り広げたのだ。

本作では、世界を震撼させた殺人犯の裏側へと迫ると共に、バンディの長年の恋人の視点を通して善人としての姿を描き、観客を予測不可能な迷宮に誘い込んでいく。

主演は、今までの“爽やかアイドル”系イメージを完全脱却し、演技派俳優としての評価を一気に高めているザック・エフロン。テッド・バンディを愛してしまったヒロインにリリー・コリンズ、判事役に名優ジョン・マルコヴィッチなど豪華キャストが充実の演技を見せる。監督はドキュメンタリーの分野で高い評価を受けるジョー・バリンジャー。記録映像やインタビューなどを通してバンディに迫ったNetflixオリジナル作品「殺人鬼との対談:テッド・バンディの場合」でも監督を務め、劇映画とドキュメンタリーシリーズ、両方のスタイルで“悪のカリスマ”とも評される人物を徹底的に掘り下げていく試みに成功した。

この度、「ハリウッドが生んだ変人」と呼ばれるジョン・マルコヴィッチの誕生日(12月9日)を祝し、ジョン・マルコヴィッチとザック・エフロンの法廷バトルシーンを解禁!

容疑者でありながら、その法的能力を認められ、自らを弁護することを認められたテッド・バンディ。ロースクールに通った成果を思う存分発揮する。そのルックス、知的で自身に満ちた振る舞いに世の女性は熱狂。検察側の参考人を皮肉れば、そのユーモアに傍聴席の女性たちから拍手や声援が送られる異常事態に。それを見たマルコヴィッチ演じるコワート判事は、「ここは春休みのフロリダじゃないんだ!」と一喝。バンディにも油断するなと厳しく言い渡す。

このマルコヴィッチとの共演に関してザックは、「最高にかっこいいね」と一言。「真剣だけど、好奇心旺盛で演技を愛する人と話すのが好きみたい。彼からは多くのことを学んだ。1人の役者からこんなに学んだのは珍しいね。彼の目を真っすぐ見つめて演技をするシーンは鳥肌が立ったよ。彼は僕の憧れだね。ヒーローさ」とマルコヴィッチとの共演を喜んでいる。


原作:エリザベス・クレプファー『The Phantom Prince: My Life With Ted Bundy』 脚本:マイケル・ワーウィー 監督 ジョー・バリンジャー
出演:ザック・エフロン リリー・コリンズ カヤ・スコデラーリオ ジェフリー・ドノヴァン アンジェラ・サラフィアン ディラン・ベイカー ブライアン・ジェラティ
ジム・パーソンズ/ジョン・マルコヴィッチ 原題:Extremely Wicked, Shockingly Evil and Vile
提供:ファントム・フィルム ポニーキャニオン 配給:ファントム・フィルム R15+ ©2018 Wicked Nevada,LLC

テッド&ザック②

映画『テッド・バンディ』、ザック・エフロンと殺人犯テッドの脅威のシンクロ率を比較した画像を一挙公開

2019年12月4日
リリー・コリンズ

ザック・エフロン主演『テッド・バンディ』、恋人を信じ抜くヒロインを演じたリリー・コリンズの新スチールを解禁

2019年11月8日

ザック・エフロン、デミ・ロヴァートも使ってる! マッチングアプリをダウンロードしたセレブたち8人をご紹介[写真あり]

2019年10月29日
『テッド・バンディ』

ザック・エフロンが演じるハイスペック殺人鬼『テッド・バンディ』、新スチールが解禁! ロマンチックな一枚も

2019年10月18日
ザック・エフロン演じるテッド・バンディ

ザック・エフロンが女性を翻弄していく凶悪な殺人犯に! 『テッド・バンディ』の日本公開日決定

2019年10月8日
tvgrooveをフォロー!