ハリー・スタイルズ、一夜限りの新作発売記念ライヴでアルバム全曲披露! スペシャル・ゲストも登場

ハリー・スタイルズ_ザ・フォーラム公演ライヴ写真④(c)Helene Pambrun
(c)Helene Pambrun

12月13日(金)に、待望のセカンド・ソロ・アルバム『ファイン・ライン』をリリースした、絶対的ポップ・アイコン=ハリー・スタイルズが、新作のリリースを記念し、発売日当日(現地時間)に米ロサンゼルスのザ・フォーラムで、一夜限りのスペシャル・ライヴを開催した。

チケットが即完売となった同公演で、ハリーはその日にリリースしたばかりの新作を初めて全曲披露。アルバムのジャケット写真と全く同じ衣装をまとい、本人含め6人編成のバンドでダイナミックなステージを繰り広げ、終始黄色い声援が飛び交うライヴとなった。記念すべき一夜限りのスペシャル・リリース・ライヴの速報ライヴレポートが到着した。

(以下ライヴレポート)

12月13日、2ndアルバム『ファイン・ライン』の発売日に、ハリー・スタイルズがロサンゼルスのザ・フォーラムで特別ライブを行い、完売の会場に約18000人のファンが集結した。

大歓声の中、バンドを従えて現れたハリーはスターのオーラが全開。ギターを弾きながら“ゴールデン”を鮮やかに歌い終えると、耳をつんざくような歓声が上がった。

「アルバムを頭から最後までやるのは、今日限りだと思う。歌える曲があったら一緒に歌って」というMCを挟んで、「ウォーターメロン・シュガー」と「アドア・ユー」は頭から大合唱。そして“ライツ・アップ”で、ハリーは最後のパートを全て観客に歌わせ、ハイライトを作った。

ハリー・スタイルズ_ザ・フォーラム公演ライヴ写真①(c)Helene Pambrun

(c)Helene Pambrun

フォーク調の「チェリー」、バラード曲の「フォーリング」、共作者のミッチ・ローランドが飛び入りした「トゥ・ビー・ソー・ロンリー」、ブルージーな「シー」、愛らしい「サンフラワー、Vol.6」、70年代西海岸ロック風の「キャニオン・ムーン」と、様々な曲がハリーのギター演奏とファン思いのMCを交えながら披露され、新作の世界に惹き込まれる。

「トリート・ピープル・ウィズ・カインドネス」では、サビを歌うホリーとジェスが登場。二人の美しいハーモニーとハリーの力強い歌声が交錯し、これもハイライトに。それからアルバムを締めくくる“ファイン・ライン”で、ハリーは夢見心地になる歌声を響かせ、会場全体を包み込んだ。

アンコールも素晴らしかった。前作の「サイン・オブ・ザ・タイムズ」で大合唱を巻き起こした後、サプライズで登場したスティーヴィー・ニックスとフリートウッド・マックの名曲「ランドスライド」をデュエット。パワフルで素晴らしいハーモニーに大歓声が上がる。それから1Dの「ホワット・メイクス・ユー・ビューティフル」で観客は大熱狂。続くポール・マッカートニーの「ワンダフル・クリスマスタイム」のカバーでは場内に大量の紙吹雪が降り注ぎ、最後にハリーは再度お礼を言い、「キウイ」で最高にロックして締めくくった。

ハリー・スタイルズ_ザ・フォーラム公演ライヴ写真②(c)Helene Pambrun

(c)Helene Pambrun

ハリーが素晴らしいシンガーソングライター兼スーパースターであること、ファンを心から大切に思っていること、そしてMCで新作のエピソードまでが分かる、掛け替えのないステージだった。

(文:鈴木美穂)

2017年のソロ・デビュー作『ハリー・スタイルズ』から、アーティストとして更なる大進化を遂げたハリー。来年4月からはいよいよ大規模ワールド・ツアー<ラヴ・オン・ツアー2020>をスタートさせるが、新作の全容が明かされ、ライヴでも早速全曲初披露された今、ツアーではどんなステージが繰り広げられるのか、期待値が高まる。


【リリース情報】

Harry Styles | ハリー・スタイルズ

セカンド・アルバム

『Fine Line | ファイン・ライン』

発売中(2019年12月13日)
●アルバム『ファイン・ライン』再生・購入リンク: https://lnk.to/HarryStylesNewAlbum

<国内盤CD>

SICP-6246 / 2,200円+税

歌詞・対訳・解説付き

デジパック仕様/初回仕様限定ポスター封入

<輸入盤:アナログ>

●ブラック・ヴァイナル(特大両面ポスター封入)

品番:19439705141 / 価格は店舗により異なります

取扱いショップ:タワーレコード/HMV他、輸入盤取り扱い店舗及びオンライン・ショップ

購入リンク: https://lnk.to/FineLineBlackVinyl

● ブラック&ホワイト・ヴァイナル(特大両面ポスター封入)

品番:19439711681 / 価格は店舗により異なります

取扱いショップ:タワーレコード / HMV 他、輸入盤取り扱い店舗(オンライン・ショップでの取り扱いはございません)

<輸入盤:Sony Music Shop 限定商品>

●デラックスCD(完全生産限定32ページ ハードカバー・ブック仕様。レーコーディング風景の未公開写真を掲載。)

品番:19439705132 / 2,548円+税 ※2019年12月20日 発売予定

購入リンク: www.sonymusicshop.jp/harry/dxcd/

●コーク・ボトル・グリーン・ヴァイナル(完全生産限定/特大両面ポスター封入)

品番:19439705151 / 3,986円+税

購入リンク: www.sonymusicshop.jp/harry/green/

<配信アルバム>

●再生・購入リンク:

https://lnk.to/HarryStylesNewAlbum

【関連動画リンク】

<ザ・レイト・レイト・ショー・ウィズ・ジェームズ・コーデン>「アドア・ユー」パフォーマンス映像

<ザ・レイト・レイト・ショー・ウィズ・ジェームズ・コーデン>カープール・カラオケ映像

【プロフィール】

●英出身の1994年2月1日生まれ現在(25歳)。

●2010年、英人気組『Xファクター』でワン・ダイレクションを結成し、2011年にデビュー。トータル・セールス7,000万を超える史上最大のグループの一員として数々の1位と記録を打ち立て、2015年2-3月には脅威の20万人を動員したジャパン・ツアーを敢行。

●2015年11月にリリースされた1Dとしての5作目『メイド・イン・ザ・A.M.』の直後の2016年3月、1Dの一時活動休止が報じられた。

●2016年6月には米名門レーベル米コロンビア・レコードとのソロ・アーティスト契約が報じられる。

●2017年4月7日、待望のソロ・デビュー・シングル「サイン・オブ・ザ・タイムズ」をリリースし、公開即日に84カ国のiTunesチャートで1位を獲得。

●世界待望のソロ・デビュー・アルバム『ハリー・スタイルズ』が5月にリリースされ、米・英始め世55カ国以上で1位を記録した。

●同年9月には初の出演映画『ダンケルク』が日本でも全国公開され大ヒットに。世界60ヵ国以上で初登場NO.1、興行収入は5億ドルを突破。

●2017年12月には初の単独公演がソールドアウト。2018年5月にはソロとして2度目の来日を果たし、神戸ワールド記念ホールと幕張メッセで公演を敢行。

●2019年10月、約2年5ヵ月振りの新曲「ライツ・アップ」をサプライズ・リリース。

●2019年12月13日、セカンド・アルバム『ファイン・ライン』をリリース。

「1D」リアム・ペイン、ハリー・スタイルズとは正反対! 「 僕たちには共通点がないんだ」

2019年12月16日

「1D」ハリー・スタイルズ、来日時の未公開写真が公開! 米津玄師とも会っていたことが明らかに[写真あり]

2019年12月15日

ハリー・スタイルズ、新曲「Cherry」に入れた元カノの声はやはりカミーユ・ロウだった! カミーユがハリーに送ったボイスメールがそのまま収録&そのメッセージの内容とは

2019年12月15日

ハリー・スタイルズ、なんと横断歩道で爆笑コンサート! 宙吊りになりパフォーマンスするも悲しい結末に[動画あり]

2019年12月14日

ハリー・スタイルズ、運転手になってカープールカラオケ! ジェームズ・コーデンとの軽妙なやりとりに思わず爆笑[動画あり]

2019年12月12日
tvgrooveをフォロー!