ティモシー・シャラメ主演映画「ビューティフル・ボーイ」、4月12日に公開決定! 大きな愛と希望を感じさせる、エモーショナルな予告編が公開

『ビューティフル・ボーイ』

世界中の映画ファンを魅了したティモシー・シャラメが出演する新作『ビューティフル・ボーイ』が10月12日に大ヒットスタートでアメリカ公開を迎え、また、日本での公開日が4月12日(金)で決定し、海外版ロング予告編にて本作の映像が公開された。

本作は、8年という長い歳月をかけてドラッグ依存を克服し、現在はNetflixの人気ドラマ「13の理由」の脚本家として活躍する人物と、彼を支え続けた家族の物語。製作はブラッド・ピットが代表を務めるプランBエンターテインメント(『ムーンライト』、『それでも夜は明ける』など)、ブラッド本人がプロデュースを手掛ける。

息子とその家族との愛と再生を描く本作、ティモシーはその息子を、父親を『フォックスキャッチャー』のスティーヴ・カレルが熱演。2018年のアカデミー賞授賞式でゲイリー・オールドマンに「君は絶対ここに戻ってくる」言わしめたティモシー・シャラメ。本作で才能をいかんなく発揮し、賞レースを牽引中。ゲイリーの予言が早くも現実となるのか、本国のメディアや評論家からアカデミー賞助演男優賞でノミネートが有力視されており、賞レースに期待がかかる。

【動画】映画『ビューティフル・ボーイ』予告編

今回、海外版予告編に日本語字幕をつけた“日本語字幕付き 海外版ロング予告編” として映像初解禁。予告はスティーヴ・カレル演じる父・デヴィッドと、ティモシー・シャラメ演じる息子・ニックが、ダイナーで向かい合うシーンからはじまる。

ドラッグに堕ちていく息子を支える父親の苦悩がにじむ、胸が締め付けられる言葉とともに映し出されるのは、美しい息子との眩い思い出の数々。どんな父子よりも強かった、と信じて疑わなかった絆。自らを蝕んでいくドラッグに苦しむニックと、息子を救おうと必死にもがき、信じ、愛し続ける父・・・。

「I love you more than everything(すべてをこえて愛してる)」という父のセリフから、“Everything(すべて)”という2人だけの合い言葉と抱擁に大きな愛と希望を感じさせる、エモーショナルな予告編となっている。

全世界で絶賛され、本作でゴールデン・グローブ賞助演男優賞にノミネートされた他、賞レースを総なめにしているティモシー・シャラメ。家族からの大きな愛を受けながらも、ドラッグに手を染めてしまう心の弱さ、心情の変化も細やかに表現。「胸が張り裂ける」(Collider)、「忘れがたい傑作!」(ROLLING STONE)と世界各国で高い評価を受ける本作に期待だ。

公開情報

『ビューティフル・ボーイ』
4 月 12 日(金)より TOHO シネマズ シャンテ他にて全国公開
© 2018 AMAZON CONTENT SERVICES LLC.

ティモシー・シャラメ、世界中が彼の虜に! 映画「ビューティフル・ボーイ」、ティモシーの麗しき場面写真が公開

2019.01.16

ティモシー・シャラメ「人間は欠点が美しいんです」、国際映画祭での喜びのスピーチが到着

2019.01.08

ティモシー・シャラメ幻の主演作「シークレット・チルドレン 禁じられた力」より、美しいポスターと予告がついに公開! ティモシーの存在感あふれる瞳は必見

2018.12.21