ジャスティン・ビーバーの大ヒット曲「Baby」がリリースされてから祝10年! ジャスティン本人も懐かしの画像を投稿[写真・動画あり]

ジャスティン・ビーバー

ジャスティン・ビーバーがスターになるキッカケとなった大ヒット曲、「Baby」のリリースから10年が経ち、ファンたちが祝福、そして本人も画像を投稿している。

【動画】Justin Bieber - Baby ft. Ludacris (Official Music Video)

ジャスティン・ビーバーといえば、2007年にカナダのオンタリオのオーディションで、ニーヨの「So Sick」を披露し、その動画がYouTubeに投稿された。それが敏腕マネージャーのスクーター・ブラウンの目にとまり、アーティスト契約することに。

そしてジャスティンは2009年に7曲収録のEP「My World」をリリースし、2010年1月18日、ジャスティンの名を世に知らしめることとなる大ヒット曲「Baby」をリリースした。

同曲は世界的大ヒットを記録し、まだ新人だったジャスティンだが、ビルボード・ホット100では、最高5位を記録。世界各国でもヒットを記録し、ミュージックビデオは現在までに21億回以上再生されている。

そんな「Baby」誕生からちょうど1年が経った。

ジャスティンはSNSで懐かしのジャケット写真を投稿し「10年」とキャプションを添えている↓↓

View this post on Instagram

10 years 👀

A post shared by Justin Bieber (@justinbieber) on

これにマネージャーのスクーターは「すばらしい10年だった。この先10年もがんばろう!」とコメントし、母のパティ・モレットは感極まった様子で、泣いている絵文字を投稿。他にも「プリンス・オブ・ポップ!」「すばらしいね!」「大好きな一曲!」「レジェンド」と、多くの人が「Baby」10周年を祝福している。

今年は新ドキュメンタリー公開し、新アルバムリリース、さらに新ツアー開催と、ジャスティンにとって復活イヤーとなるため、今後もジャスティンの活躍が楽しみだ。

ジャスティン・ビーバー、サプライズでステージに登場し熱唱! 彼が披露した曲は・・・?[動画あり]

2020年1月17日

ジャスティン・ビーバー、3月開催の「iHeartRadio Music Awards」でパフォーマンスすることが決定! 数年ぶりのステージにファン歓喜

2020年1月13日

ライム病を告白したジャスティン・ビーバーを妻ヘイリーが擁護! しかしセレーナ・ゴメスのファンが怒り炎上

2020年1月12日

ライム病を告白したジャスティン・ビーバーに対しジジ・ハディッドがサポートを表明するも即削除! 理由はテイラー・スウィフトか[写真あり]

2020年1月11日
tvgrooveをフォロー!