エルトン・ジョン、肺炎が原因で泣く泣くコンサートを中断! それでも全力で歌う姿にファンが感動[動画あり]

エルトン・ジョン
エルトン・ジョン

ベテランアーティストのエルトン・ジョンが、体調不良のため開催中のコンサートを中断。自身の口からマイコプラズマ肺炎を患っていることを告白した。

現在、自身最後となるフェアウェル・ツアー「Farewell Yellow Brick Road」で世界を回っているエルトン・ジョン。2月15日はニュージーランドのオークランドで、コンサートを開催した。

往年の名曲を次々と披露していたエルトンだが、段々と様態が悪化。最後にはピアノから立つこともできなくなり、コンサートを中断せざるを得ない状態となった。ステージを降りる際、彼は涙を流し、最後まで悔しそうな表情を浮かべた。そんな彼にファンはスタンディングオベーションと、拍手喝采を送り応援した。

エルトンはその後、肺炎を患っていることをツイッターにて告白。「今夜、オークランドで開催したElton Farewell ツアーに来てくれたみんなに感謝します。私は今日、マイコプラズマ肺炎だと診断されました。でも可能な限り最高のショーをしようと決めていました」と、コンサート前にマイコプラズマ肺炎と診断されたと綴ったエルトン。続けて「もうこれ以上歌えなくなるまで、全力で歌い演奏しました。でも自分にガッカリしているし、深く怒っているし、申し訳なく思っています」と、ファンに謝罪した。

マイコプラズマ肺炎とは肺炎の一種で、発熱や頭痛を伴った気分不快が3-4日間続くことが多いという。その間に咳や痰が激しくなり、痰に血液が混ざることもある。発熱などがおさまっても咳は残り、4週間前後長引くこともあるという。

エルトン謝罪に対しファンは「あなたの健康が一番だよ!早く良くなってね」「あなたはレジェンド。永遠に感謝しています」などと励ましのコメントを寄せている。

ミラ・ジョヴォヴィッチ、新しく生まれた娘が病気を患っていることを告白。その病とは?

2020年2月12日

歌曲賞を受賞したエルトン・ジョンが「(I’m Gonna)Love Me Again」披露! ジャネール・モネイ、シンシア・エリヴォなどの第92回アカデミー賞授賞式での圧巻のパフォーマンスまとめ[動画あり]

2020年2月10日

過去にライム病を発症したアヴリル・ラヴィーン、ジャスティン・ビーバーや同じ病気を患った全ての人への力強いメッセージを送る! 「希望があることを伝えたい」

2020年1月11日

エルトン・ジョン、実写版「ライオン・キング」は「非常に残念」! 痛烈批判の理由とは・・・?

2019年10月16日

「プラダを着た悪魔」ミュージカル化決定! エルトン・ジョンがオリジナル曲を提供へ

2019年9月18日