『名探偵ピカチュウ』ジャスティス・スミス、LGBTQであることをカミングアウト 黒人クィアやトランスジェンダーへの支持を呼びかける[写真あり]

ジャスティス・スミス
ジャスティス・スミス

ドラマ「ゲットダウン」や映画『名探偵ピカチュウ』出演などで知られる俳優のジャスティス・スミス(24)が、クィア(LGBTQ、性的マイノリティー)であることを公表した。

ジャスティス・スミスは6月6日、現在大規模に行われている「Black Lives Matter(黒人の命をないがしろにするな)」のニューオリンズでのデモに参加した動画を投稿。そこで「『Black Lives Matter』『Black Queer Lives Matter(黒人クィアの命をないがしろにするな)』などのスローガンを歌った。自分自身も黒人クィアであり、人々が『Black Lives Matter』は熱意を持って言うのに、『Black Queer Lives Matter』が追加されると言葉に詰まってしまうのを見て、がっかりしました」と書き、自身もクィアであるとカミングアウト。また今回の「Black Lives Matter」に黒人クィアの声が含まれないなら、それは反黒人であることと同じだと主張した。

また現在、「クイーン・シュガー(原題) / Queen Sugar」などに出演する俳優のニコラス・アッシュと交際していることを公表したジャスティス。ニコラスに対し「君は僕のガイドラインで、本当に愛してる。戦いは終了からはほど遠いけど、この向こう側には変化が待っていると知ってる」と書いた。また一緒に歯を磨いたり、キスをするなどラブラブな写真も投稿した。

ラブラブ写真は2枚目以降

View this post on Instagram

@nckash and I protested today in New Orleans. We chanted ‘Black Trans Lives Matter’ ‘Black Queer Lives Matter’ ‘All Black Lives Matter’. As a black queer man myself, I was disappointed to see certain people eager to say Black Lives Matter, but hold their tongue when Trans/Queer was added. I want to reiterate this sentiment: if your revolution does not include Black Queer voices, it is anti-black. If your revolution is okay with letting black trans people like #TonyMcDade slip through the cracks in order to solely liberate black cishet men, it is anti-black. You are trying to push yourself through the door of a system designed against you, and then shut the door behind you. It is in our conditioning to get as close to whiteness, straightness, maleness as we can because that’s where the power is. And if we appeal to it, maybe it’ll give us a slice. But the revolution is not about appeal. It is about demanding what should have been given to us from the beginning. What should have been given to black, queer, and trans individuals from the beginning. Which is the right to exist. To live and prosper in public. Without fear of persecution or threat of violence. There is so much tragedy on the timeline these last couple of days so I added some photos of me and Nic to show some #blackboyjoy #blacklove #blackqueerlove ❤️🧡💛💚💙💜 You’ve been my rock and guiding light through all of this and I love you so much. I know that on the other side of this Is change, though the fight is far from over. #justicefortonymcdade #justiceforninapop #justiceforgeorgefloyd #justiceforahmaud #justiceforbreonna #sayhername #defundthepolice #endwhitesupremacy

A post shared by Justice Smith (@standup4justice) on

6月は「プライド月間」となっており、これをキッカケにLGBTQをカミングアウトしたり、支援する著名人が多くいる。先日ドラマ「リバーデイル」で知られる女優のリリ・ラインハートは、バイセクシュアルを告白。「これまで一度も公に言っていませんでしたが、私は誇りを持ったバイセクシュアルの女性です。そして今日このデモ(LGBTQ+ For #BlackLivesMatter)に参加します。みんなも参加してね」と書いた。

またモデル/女優のカーラ・デルヴィーニュは先日、Varietyのインタビューにて、自身のセクシュアリティについて「私はこの先も、パンセクシャルだと思う」と明かした。パンセクシャルとは、男性、女性、また性の分類に適合しない人など、あらゆる人を愛する全性愛者。彼女は「“彼ら”であろうと、“彼女”であろうと、“彼”であろうと、私はその人と恋に落ちるの。ただそれだけ。その人を好きになる」と性別を基準に恋愛しないことを明かした。

カラモ・ブラウン

「クィア・アイ」カルチャー担当カラモ、「LGBTコミュニティでも人種差別は存在する」とコメント

2020年6月5日
カーラ・デルヴィーニュ

カーラ・デルヴィーニュ、自身が「パンセクシャル(全性愛者)」であることを明かす

2020年6月5日

テイラー・スウィフト、LGBTQアイコンとして受賞が決定! 「彼女は音楽を通して人々をひとつにしています」

2020年1月8日

テイラー・スウィフト、「もし息子がゲイだったらどうする?」という質問になんと答えた? テイラーのLGBTQコミュニティーへの熱い想いとは[写真あり]

2019年8月9日
tvgrooveをフォロー!