ナタリー・ポートマン、警察組織への資金提供削減に賛同! 「私は白人だから守られていた」「警察のシステムは間違っている」

ナタリー・ポートマン
ナタリー・ポートマン

ジョージ・フロイドさんが命を落としたミネアポリスの事件以降、政府に対する警察組織への資金提供の削減を求める声が日に日に高まっている。そんな中、女優のナタリー・ポートマンがインスタグラムに自身の考えを投稿した。

「初めて『#defundthepolice(警察組織への資金提供削減を)』というハッシュタグを見た時、私が最初に感じたのは恐怖心だったの。これまでの人生で、警察の人々は私を守ってくれていたわ。でも、それはまさに『白人の特権』だったのね。私が白人だから、守ってくれていたのよ。一方でアフリカ系アメリカ人の友人や、その家族、ご近所さんたちは全く逆の感情を抱いていたの。彼らにとって、警官は何かにつけて彼らに恐怖を与える存在だった。黒人男性が亡くなる理由で6番目に多いのが、警察官によるものなのよ」とインスタグラムにつづった。

 

この投稿をInstagramで見る

 

When I first heard #defundthepolice, I have to admit my first reaction was fear. My whole life, police have made me feel safe. But that’s exactly the center of my white privilege: the police make me as a white woman feel safe, while my black friends, family and neighbors feel the opposite: police make them feel terror. And for good reason. Police are the 6th leading cause of death for black men in this country. These are not isolated incidents. They are patterns and part of the system of over-policing of black Americans. Reforms have not worked. Minneapolis, where George Floyd was murdered, is one of the most progressive police forces in the country, having undergone extensive anti-bias training. I am grateful to the leaders in the @mvmnt4blklives who have made us question the status quo. And who have made us imagine, what a world could be like in which we invested in nourishing people; (in their education, healthcare, environment, shelter)— rather than putting all of our money into punishment. I’ve gotten to the age in my life, where if my gut feels uncomfortable, I take the situation as wrong. But this concept initially made me uncomfortable because I was wrong. Because the system that makes me feel comfortable is wrong. #defendblacklives#defundthepolice Swipe right for additional resources via @theslacktivists

Natalie Portman(@natalieportman)がシェアした投稿 -

さらに、「ジョージ・フロイドさんの事件があったミネアポリスの警察は、国内でももっとも考え方が進んでいるとされていたの。差別撤廃のためのトレーニングもしていたそうよ」と付け加え、組織の意識改革がうまくいっていないことも指摘した。

投稿の最後では、「これまでに何か不快な思いをすることがあれば、それは状況が間違っているせいだと思い込んでいたの、でも今では私自身が間違っていたから、自分が不快に思うんだってと考えるようになったわ。私に安心感を与えてくれていたこれまでの警察のシステムは、間違っていたのよ」と締めくくり、「#DefendBlackLives(黒人の命を守ろう)」「#DefundThePolice(警察組織への資金提供削減を)」というハッシュタグを添えた。

なお、警察組織への資金提供削減についてはナタリーだけでなく、歌手のジョン・レジェンドなども声をあげている。

ニーヨ

ニーヨ、殺害されたジョージ・フロイドさんの追悼式でパフォーマンスし涙 ボーイズIIメンの「It’s So Hard to Say Goodbye to Yesterday」をアカペラで披露[動画あり]

2020年6月10日
デレク・ショーヴィン

ジョージ・フロイドさんを殺害した元警官、裁判所へビデオコールで初出廷 仮釈放金は1億円以上に

2020年6月9日
ジョニー・デップ

ジョニー・デップ、ジョージ・フロイドさん殺害事件について初めてコメントを発表 「私たちができることは人種差別と無知によって生まれる間違った判断が二度となされないよう、自分自身に誓いを立てること」

2020年6月7日
メーガン・マークル妃

メーガン・マークル妃、ジョージ・フロイドさんの死を受け、高校卒業生たちへメッセージ! 「何も言わないということが、最も間違っていること」[動画あり]

2020年6月6日
ウォルト・ディズニー社のツイッターより

ジョージ・フロイドさん殺害を受け、米ディズニー社が社会的正義のために5億円を寄付すると発表

2020年6月5日
tvgrooveをフォロー!