ハル・ベリー、インタビュー中のある発言で大炎上!最新映画でトランスジェンダーの男性役を降板することに

ハル・ベリー
ハル・ベリー

女優のハル・ベリーが先日のインタビューで、トランスジェンダーの男性役を演じないことを決断したと明かした。

ハル・ベリーは現地時間7月6日月曜日に、Twitterを投稿。「週末に、トランスジェンダーの男性としての今後の役作りについて、話し合う機会がありましたが、その時の発言を謝罪します」「シスジェンダーとして、この役を検討すべきではなかったこと、そしてトランスジェンダーのコミュニティは紛れもなく自身の物語を語る機会を持つべきだと、今は理解しています」とツイートした。

ことの発端は、先週の金曜日。ハル・ベリーは、ヘアスタイリストのクリスティン・ブラウンとのインスタグラムライブのインタビューに登場し、キャラクターについての詳細を明かしたのだが、その際にトランスジェンダーの男性を指す代名詞に「彼女」を使ったことで批判が殺到した。

「この仕事は、有色人種のトランスジェンダーの俳優がやるべき仕事だ。トランスの人が仕事を見つけるのは十分に難しい。また、トランスの男性は男性であり、女性が男性になるのではない」など、ネットから批判のコメントが相次いだ。

今回のハル・ベリーの謝罪に対しては「トランスパーソンとして言わせてもらいます。この早い決断や行動に感謝します」「ありがとう」「批判に耳を傾けてくれたのはよかった。今後も学んでほしい」と彼女の謝罪や役の降板への迅速な決断に感謝を伝える返信が相次いだ。

メディアにおけるLGBTQの平等を推進するGLAADは、ハル・ベリーの今回の謝罪を受けて、「トランスジェンダーの人々の懸念に耳を傾け、彼女は、彼らから学びました。他の権力者も同じことをすべきです」とコメントしている。

J.K.ローリング

「ハリー・ポッター」著者J.K.ローリング、またも反トランスジェンダーととれる行動をし炎上

2020年7月7日
J.K.ローリング(左)、スティーヴン・キング

J.K.ローリング、『IT』作家スティーブン・キングとトランスジェンダー問題で対立? ローリングが彼を称賛するも直後に削除

2020年6月30日
ジャリ・ジョーンズ

カルバン・クライン、トランスジェンダーの黒人女性モデルであるジャリ・ジョーンズを広告塔に! 新たな歴史、「希望と愛のシンボルになりますように」

2020年6月29日
テイラー・スウィフト

テイラー・スウィフトが、国勢調査用紙に苦言! 「トランスジェンダーや性を持たない人々を侮辱する行為」と批判した理由とは[動画あり]

2020年6月28日
J.K.ローリング

『ハリー・ポッター』著者J.K.ローリングのエージェンシーに所属する作家4人が辞任! ローリングの反トランスジェンダー発言を受け

2020年6月25日
tvgrooveをフォロー!