アメリカのディズニーワールド、感染防止策を厳格化! 〇〇なマスクは入園禁止

ディズニーワールド
ディズニーワールド

米ディズニー社は、テーマパーク営業再開時に設定していた新型コロナウイルス感染防止ガイドラインを一部変更し、バルブ付きやメッシュ素材、穴の空いたデザインのマスクの着用を禁止すると発表した。

営業再開後、口元を覆っていながらも食べ歩きをするゲストが見られたことから、ディズニー社としては一部のマスクについては感染防止効果が得られないと判断し、このような変更に至ったようだ。

ディズニー社はこの発表について、「フェイスカバーは本来飛沫感染を予防するためのものであり、バルブ付きや穴のあいた素材では吐く息を十分に抑えることができません」とし、「今回の発表に伴い、首から口元を覆うのネックウォーマータイプのものや、バンダナを三角に降り、口元に巻いたものも入園許可の対象外となります」とウェブサイト上でコメントしている。

マスクをめぐるディズニー社の感染防止ガイドラインについては、7月9日にディズニー・リゾートのショッピングとレストランモール「ダウンタウン・ディズニー」を営業再開して以降、議論の的となっている。

またAttractions Magazineによると、ユニバーサル・オーランド・リゾートも22日、マスクに関するガイドラインを変更し、バルブ付きや穴の空いたもの、メッシュ素材のものを禁止したとしている。

地元紙のOrlando Sentinelは、パンデミック以降、フロリダ州だけでも約6,000人が新型コロナウイルスにより亡くなったと報じている。米国内で3番目に多い2150万もの人口を抱えているフロリダ州では、すでに43万2700人もの陽性者が出ているのだ。

今週末、フロリダ州保健局は、7月25日の時点でこれまでのニューヨーク州を抜き、約8,900人が感染、77人の死者が出たと発表した。

ロブ・デサンティスフロリダ州知事は他の政府関係者からの圧力が高まっているにもかかわらず、自身のパンデミックへの対応は依然として問題ないとしている。

なお、世界各地にあるディズニーランドのうち香港ディズニーランドは一度営業を再開したものの、また休業する事態となっている。香港内で新たに52人の感染者が出たことを受けてのものだった。

『ムーラン』

ディズニー実写化映画『ムーラン』、ついに無期限で米劇場公開の延期が決定

2020年7月24日
『美女と野獣』

米ディズニーが新型コロナウイルス感染拡大の中でも営業再開することを皮肉った『美女と野獣』の「ひとりぼっちの晩餐会(原題:Be Our Guest)」の替え歌が話題に

2020年7月18日
トーニャ・ブレイキーと、友人のロビン

体調不良でありながら米ディズニー・ワールドで遊び続けたYouTuberの動画が大炎上! 症状が怪しいと話題に[動画あり]

2020年7月18日
ウォルト・ディズニー・ワールド

米ディズニーワールド、マスクを着用していないゲストには写真を提供しないことが明らかに

2020年7月16日
tvgrooveをフォロー!