グラミー賞で圧巻のモータウン・メドレーを披露したジェニファー・ロペスがまさかの炎上? その理由とは[動画あり]

ジェニファー・ロペス

第61回グラミー賞受賞式」で、圧巻のモータウン・メドレーを披露したジェニファー・ロペスが、ネットで炎上してしまったという。variety.comなどが伝えている。

現地時間2月10日、米ロサンゼルスにて音楽の祭典「グラミー賞授賞式」が開催。授賞式では、これまでマイケル・ジャクソンダイアナ・ロススティーヴィー・ワンダーなど大物アーティストを輩出してきた大手レコード会社「モータウン・レコード」誕生60周年をお祝い。ジェニファー・ロペスが「モータウン・メドレー」を披露した。

ジェニファーは、「ジャクソン5」の「Dancing Machine」で登場すると、「Dancing in the Street」「Please Mr. Postman」「ABC」「My Girl」「War」「Square Biz」といったモータウンの往年のヒットソングを圧巻の歌声と、アクロバティックなダンスでゴージャスに披露。さらにステージにはモータウン設立にも携わったミュージシャンのスモーキー・ロビンソンや、今回の授賞式でホストを務めたアリシア・キーズ、さらにニーヨも登場と、豪華なステージとなった。

しかしこの演出にネットは炎上。「全然モータウンらしさがない」「ジェニファーよりマシなアーティスト山ほどいるでしょ」「なぜジェニファー・ロペス?」「モータウンじゃなくて完全にジェニファーのステージ」「今回のグラミーでこれが一番炎上してるね」「J.Loは才能にあふれた人だけど、モータウンをやるのは違う」といった、ジェニファーのパフォーマンスをバッシングするコメントであふれてしまったのだ。

また数々の黒人アーティストを生み出してきたモータウンのトリビュートをなぜラテン系のジェニファーが務めたのかについても、すでに授賞式前から疑問の声が多く上がっていた。

これに対しグラミー関係者は「モータウンの音楽は全ての人のものなんだ」と、ジェニファーを擁護している。

レディー・ガガ、涙のグラミー受賞! 「傷ついている人がいたらお互いに助け合いましょう」と感動のスピーチ[動画あり]

2019.02.11

グラミー賞を欠席したアリアナ・グランデが授賞式中に暴言ツイート! アリアナが激怒した理由とは・・?

2019.02.11

​第61回グラミー賞が発表! チャイルディッシュ・ガンビーノ、ケイシー・マスグレイヴスが最多4冠

2019.02.11