イギリスのユージェニー王女がセレーナ・ゴメスを絶賛! 王女が感動したセレーナのある行動とは[写真あり]

ユージェニー王女と、セレーナ・ゴメス
ユージェニー王女と、セレーナ・ゴメス

エリザベス女王の孫に当たる、イギリスのユージェニー・オブ・ヨーク王女が、人気歌手で女優のセレーナ・ゴメスのある行動に感銘を受けたようだ。

先日、セレーナ・ゴメスは、自身の太ももにある傷をインスタグラムで公開した。セレーナといえば、持病の自己免疫疾患のループス(全身エリテマトーデス)の治療の一環として、2017年の夏に腎臓移植手術をしていたことを公表。手術でセレーナの右の脚の付け根部分には傷跡が残り、しばらくはそれを見えない服を着るようにしていたという。

そんなセレーナであったが、友人であるテレサ・マリー・ミンガスのブランド「LA’MARIETTE」の水着姿で、この傷跡を堂々と公開。「腎臓移植手術を受けた時、最初は傷跡を見せることにかなりためらいがあったのを覚えてる。写真で撮られたくなかったから、この傷部分を覆い隠すものを着たの。でも今では、自分が何者であるか、自分が経験したことに自信をもっているし、誇りに思っているの」と書きつづり、今では傷跡も誇りに思っていると書きつづった。

セレーナのこの写真とパワフルなメッセージにファンたちはもちろん、多くの人々が感動した。

さらに、イギリスのユージェニー王女もセレーナのこの投稿を絶賛。自身のインスタグラムのストーリーでセレーナの写真を投稿し「これはセレーナ・ゴメスが、自分が何者であるか、そして傷跡を見せるのが難しいと感じた後、彼女が何を経験したかについて自信を持っていることを示していて、これは本当にクールだと思いました。自分たちの個性を誇りに思いましょう」と書きつづった。

実はユージェニー王女は12歳の時、脊柱側弯(そくわん)症の治療のため大きな手術をし、今も首の後ろから背中にかけて手術の傷跡が残っている。しかし王女はこれを隠すことはなく、2018年の自身の結婚式では、あえてその傷跡が見えるウェディングドレスを着用し、その姿に称賛の声が集まっていた。

セレーナやユージェニー王女らの行動により、今後は人々が傷跡を恥じらって隠すのではなく、それを一つの個性、自分らしさとして誇りに思えるようになっていくかもしれない。

『ソウルフル・ワールド』インスタグラムより

ピクサー新作『ソウルフル・ワールド』、米劇場公開をスキップしてディズニープラスで配信へ!米ディズニーが発表

2020年10月9日
『マンダロリアン』シーズン2 メイン・キーアート

全てのSWがここに!魅惑の「スター・ウォーズ」15秒特別映像が解禁!10 /9 (金) 全ての「スター・ウォーズ」がディズニープラスに集結[動画あり]

2020年10月9日
ジョニー・デップ

ディズニー、『パイレーツ・オブ・カリビアン』ジャック・スパロウのキャラが濃すぎるためジョニー・デップに注意していた!その時ジョニーは・・・

2020年10月8日
『マンダロリアン』シーズン2

10/30にディズニープラスで独占配信開始の『マンダロリアン』シーズン2、マンダロリアン&ザ・チャイルドの新ビジュアルが公開

2020年10月6日
ディズニーランド

米ディズニーランド、従業員2万8千人を解雇へ 長引くパンデミックが原因、チェアマンが直々にメッセージ

2020年9月30日
tvgrooveをフォロー!