親が子どもに見せたくないディズニー映画5選 意外な作品とその理由とは・・

「シンデレラ」
「シンデレラ」

ウォルト・ディズニーは、1937年から多くのアニメ映画をリリースし続けてきた。しかし中には、子ども向きではないと思われるものもあっただろう。

確かに、映画内に込められたメッセージが子どもたちにふさわしくないと思われるものもあった。多くのヒット曲を生み出してきたディズニー映画がある中で、決して子どもに見せたくないと思われている作品をいくつか紹介しよう。

1. 美女と野獣(1991年)

子ども向けではないとされる理由として挙げられるのが、「登場するキャラクターの決断が全て裏目にでている」という部分だ。

父親は自由と引き換えに娘を手放し、野獣の愛の伝え方には投獄という誤った方法が使われており、ベルは父や野獣のそれらの行動を受け入れてしまう。また、人間ではない「野獣」が人間と恋に落ちるというストーリーを受け入れられない親もいるようだ。

2. ファンタジア(1940年)

「ファンタジア」には子どもには見せられないと思われるような、恐ろしいシーンがいくつが含まれている。

恐竜たちの動きはかなりリアルで、特にT-レックスがステゴザウルスを殺してしまうシーンには、驚かされる子どもたちも多いだろう。また、この作品にはヌードを描写するシーンも含まれていることから、敬遠している親も多いようだ。

3. おしゃれキャット (1970年)

楽しい映画だと思われそうな「おしゃれキャット」だが、中には人種差別的な表現が含まれているとされている。釣り目に出っ歯、割りばしを加えた猫が登場しており、東アジア人の典型であるかのように描かれているのだ。また作品内に登場する楽曲「Fortune Cookie」にはアジアの文化をからかうような内容も含まれており、子どもに見せたくない映画に選ばれた。

4. シンデレラ(1950年)

ガラスの靴をなくした後、王子様がシンデレラのことを見つけて結ばれるハッピーエンドが好きな人もいるが、世の親はあまり感銘を受けていない人が多いようだ。この物語は、継母たちからのひどい状況を抜け出すために、お金持ちの男性を待って救ってもらう流れにとらえることもできることから、子供たちには自分の運命は自分で切り開いてほしいと考えているようだ。

5. ピーターパン(1953年)

「ピーターパン」は子供向けの無邪気な映画に見えるかもしれないが、ネイティヴ・アメリカンの描写に問題があるとされている。物語に登場する「ザ・ロスト・ボーイズ」は、頭の飾りで踊って、彼らの文化をあざ笑っているかのようにとらえられる。また劇中の楽曲「What Made the Red Man Red?」は、インディアンの顔はなぜ赤いのかという内容の楽曲で、これも差別的であると言われている。

Disney+ (ディズニープラス)
Disney+ (ディズニープラス) 入会方法はこちら↑
ディセンダント

『ディセンダント』 づくしの6時間!特別編成「ディセンダント5周年パーティー」、ディズニー・チャンネルにて日本初放送

2020年12月15日
ディズニー

ディズニープラス、2021年3月に会員料金値上げへ! ローンチ以来初めての料金引き上げに

2020年12月13日
魔法にかけられて

エイミー・アダムスが再びプリンセスに!ディズニー『魔法にかけられて』続編決定

2020年12月11日
ヘイデン・クリステンセンとジョージ・ルーカス(2005年)

ジョージ・ルーカス、『スター・ウォーズ』をディズニーに売却した理由を語る ジョージ・ルーカスが疑問を抱いたこととは・・

2020年12月6日
tvgrooveをフォロー!