『スター・ウォーズ』今後展開される3つの時代、「ハイ・リパブリック」「ダーク・タイムズ」「マンダロリアン」とは

『スター・ウォーズ』
『スター・ウォーズ』

2019年にスカイウォーカー・サーガが幕を閉じ、『スター・ウォーズ』シリーズは現在3つの時代の作品を展開している。「ハイ・リパブリック」「ダーク・タイムズ」そして「マンダロリアン」だ。

『スター・ウォーズ』の物語はこれまで、スカイウォーカーを中心としてフォースにバランスをもたらすことを目的とした物語を描いてきた。新三部作ではアナキン・スカイウォーカーが「選ばれし者」となり、旧三部作で自身の息子ルークによって更生した。そして続三部作ではレイがスカイウォーカーの役目を果たすことになった。

そんなスカイウォーカー・サーガが2019年の『スカイウォーカーの夜明け』によって終わりを迎え、ルーカスフィルムは今後、シリーズを小説、コミック、テレビや映画など様々なメディアを通して3つの時代を描いていく構想を立てているようだ。

これは『スター・ウォーズ』シリーズが大きく変化することを意味している。

Disney+ (ディズニープラス)
Disney+ (ディズニープラス) 入会方法はこちら↑

「ハイ・リパブリック」時代はコミック、小説、テレビシリーズで展開され、エピソード1の200年前を舞台としてフォースの定義そのものに焦点をあて、ジェダイの歴史をひも解いていく。

「ダーク・タイムズ」は銀河系が希望を失い、闇が支配していた時代が舞台となる。エピソード3のラストシーンから始まり、エピソード4までのダース・ベイダーが台頭していた期間の出来事を描く。すでに、ディズニーの動画配信サービス「ディズニープラス」でこの時代を舞台としたドラマが3本制作されることが決まっている。

そして「マンダロリアン」の時代は『ジェダイの帰還』から5年後、『フォースの覚醒』までの間のできごとが描かれている。現在ディズニープラスでシーズン2まで視聴でき、シーズン3の制作も決定している。

『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』キービジュアル

『スター・ウォーズ』なぜシスのライトセイバーは赤いのか 2つの理由を解説

2021年1月25日
ジョージ・ルーカス

『スター・ウォーズ』、なぜ物語は「エピソード4」から始まったのか ジョージ・ルーカスの意図とは

2021年1月25日
オビ=ワン・ケノービ

『スター・ウォーズ』の新スピンオフドラマ「オビ=ワン・ケノービ」、キャスト情報が流出・・? あるTikTok動画が話題に[動画あり]

2021年1月25日
ジョン・ボイエガ

『スター・ウォーズ』ジョン・ボイエガ、フィンのグッズを集める熱烈ファンに反応し夢を叶える! 「君を見てるよ」[写真あり]

2021年1月22日
『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』

『スター・ウォーズ』なぜカイロ・レンとファースト・オーダーは、ダーク・トルーパーを使わなかったのか

2021年1月20日
tvgrooveをフォロー!