『スター・ウォーズ』もし少年時代のアナキンとルークが惑星タトゥイーンで出会っていたら? 2003年に発売されたコミックに再び注目が集まる

『スター・ウォーズ』ルーク・スカイウォーカーと、アナキン・スカイウォーカー
『スター・ウォーズ』ルーク・スカイウォーカーと、アナキン・スカイウォーカー

スター・ウォーズ』で、もし少年時代のアナキン・スカイウォーカーとルーク・スカイウォーカーが惑星タトゥイーンで出会っていたら、どうなっていたのだろうか。

かつて、Dark Horse Comicsは「Star Wars Tales」というアンソロジー・コミックを販売していた。それぞれの号には様々なショート・ストーリーがおさめられており、人気を博していたのだ。

その中の1つに、アナキンとルークが「フォース」とは何かと知る前であり、その運命やパワーを共有していたとしたら、という展開を描いたストーリーがある。

Disney+ (ディズニープラス)

2003年に発売された「Star Wars Tales」15巻に収録されているこの物語。原作をジェイソン・ホール、作画をサニー・リーがつとめ、タイトルは「Sandstorm(砂嵐)」だ。ストーリーは少年のルークが、自分の父親について何も話してくれない叔父のオーウェンとベルーに嫌気がさし、育った場所から逃げ出すところから始まる。ところがその直後、史上最悪の砂嵐に巻き込まれてしまうのだ。うねりを上げる砂のなかで、ルークは黒い兜のようなものを身に付けた何かを目にする。しかしその姿は消え、現れたのはアニーと名乗る1人の少年だった。

洞窟の中に逃げ込んだ2人は、「砂漠の星タトゥイーンを去り、いつか大物になる」という同じ夢を持っていることを知る。さらに、ポッドレーサーへの熱い思いについても語り合うのだった。

このような物語はカノン(正史)ではもちろん考えられないことだが、ルークがアナキンと同じ夢を持っていたことから、彼がいかに父親に似ていたかがわかるだろう。最終的にダークサイドとライトサイドに分かれてしまうことになるが、少なくとも少年時代は、「砂漠の星を抜け出し、宇宙を見たい」という同じ夢を持つ普通の少年だったのだ。

嵐が去り、ルークはオーウェンおじさんに救助される。アニーとの会話は、全てルークが砂の中で見た夢だったのだ。しかしもしかすると、自分の父を知りたいというルークのフォースが与えた夢の時間だったのかもしれない。

インディラ・ヴァルマ

ユアン・マクレガー主演、『スター・ウォーズ』オビ=ワン・ケノービのスピンオフに、「ゲーム・オブ・スローンズ」のあの女優が参加決定

2021年3月2日
『スター・ウォーズ』のテーマソングを歌う犬

『スター・ウォーズ』のテーマソングを歌う犬にネット上が大騒ぎ! そのできばえに、ルーク・スカイウォーカー役のマーク・ハミルもいいねをつける[動画あり]

2021年2月28日
『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』

『スター・ウォーズ』なぜアナキンとオビ=ワンの闘いは“天才的”なのか オビ=ワンが勝った理由は〇〇だった

2021年2月22日
『スター・ウォーズ』

『スター・ウォーズ』ジェダイの心理操作は実は危険だった!? そのデメリットとは・・

2021年2月15日
『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』

『スター・ウォーズ』クワイ=ガン・ジン対ダース・モールとの闘いは、シリーズにおいて超重要な「運命の闘い」だったことが明らかに! 「クワイ=ガン・ジンは〇〇のために闘っていた」 デイヴ・フィローニが語る

2021年2月4日
tvgrooveをフォロー!