ケリー・マリー・トラン、反アジア系ヘイトクライムの中で『ラーヤと龍の王国』が“よろこび”をもたらすことができればと願う「アジア系アメリカ人のコミュニティにとって非常に困難な時期」

ケリー・マリー・トラン
ケリー・マリー・トラン

ディズニーの最新作『ラーヤと龍の王国』で主人公の声を担当しているのは、女優のケリー・マリー・トランが、反アジア系ヘイトクライムについて言及し、さらに本作によって“よろこび”をもたらすことができればと語った。

水曜日に放送された「エレンの部屋(The Ellen DeGeneres Show)」に出演したケリー・マリー・トラン。彼女は最近発生しているアジア系に対する暴力事件を耳にすると「一度にたくさんの感情が湧き上がってくる」と心境を明かした。

「アジア系アメリカ人のコミュニティにとって非常に困難な時期であり、誰もがさまざまな影響を受けていると思います」と語ったケリー。「この映画は世界の一部を祝福するものですが、世界の一部を祝福すると同時に、このような恐ろしいことが起きていることを認めるという状況に置かれていて、それは本当に不思議な体験です」と話した。そして彼女は『ラーヤと龍の王国』が「この混乱した状況の中で、人々に少しでもよろこびを与えることができれば」と続けた。

Disney+ (ディズニープラス)
Disney+ (ディズニープラス) 入会方法はこちら↑

新型コロナウイルスのパンデミックが始まって以来、アジア系コミュニティに対するヘイトクライムが急増しているアメリカ。「Stop AAPI Hate」が発表した報告書によると、2020年3月19日から2021年2月28日までの間に、アジア系コミュニティを標的としたヘイト事件が少なくとも3,795件発生していることが明らかに。そしてそのうちの500件以上が今年に入ってから発生している。

警察署の統計を対象とした別の調査結果では2020年にアジア系アメリカ人に対する憎悪犯罪が150%近く増加したことが最近明らになっている。

事件が起きたスパ

米アトランタで銃撃事件 アジア系女性ら含む8人が死亡 犯人は「人種差別が動機ではない」と供述するも、アメリカでのヘイトクライム急増がさらに問題視される

2021年3月18日
被害に遭ったアジア系高齢女性

米アジア系高齢女性が白人男に襲撃されるも、反撃し逆に病院送りに! コロナ禍で急増の「アジアンヘイト」犯罪か[動画あり]

2021年3月18日
マーク・ラファロ、大坂なおみ

マーク・ラファロや大坂なおみなど、コロナ禍で広がるアジア人に対する差別的攻撃に声をあげるセレブたち

2021年3月18日
ジョー・バイデン大統領

ジョー・バイデン米大統領、アジア系アメリカ人への悪質なヘイトクライムを非難 「道を歩くのに恐怖を感じなければならないのです。それは間違っています」

2021年3月13日
tvgrooveをフォロー!