ジェイソン・モモア、『アクアマン2』の脚本を手伝っていた!「1作目が終わった後に2作目を夢みて・・・」[動画あり]

ジェイソン・モモアNEWS
ジェイソン・モモア

人気俳優のジェイソン・モモアが、自身が主演を務める人気ヒーロームービー『アクアマン』の続編で脚本を手伝っていたことを明かした。

ジェイソンは先日、人気トーク番組「The Drew Barrymore Show」に出演し、『アクアマン2』に関する新情報をシェアした。残念ながら、映画そのものに関する具体的な情報を明かすことはなかったが、ジェイソンはストーリーの開発に関わったという、かなり興味深いニュースをシェアしてくれた。

「1作目が終わった後、僕は脚本家のパートナーと一緒に2作目を夢見て、アイデアを出し合ったんだよ。ベストだと思うことは、僕が気に入って執筆に参加したものを君たちに提供できるということ。最初にトリートメントを行って、ジェームズ(監督)とオリジナルのライターであるデビッド(レスリー・ジョンソン・マクゴールドリック)がそれを仕上げたんだ。この作品には、僕たち全員の想いが込められているんだよ」とコメント。さらに「現場に行くのが楽しみだ。7月に出発して、撮影を開始する」と7月にいよいよ撮影がスタートすることも明かしてくれた。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Aquaman Movie(@aquamanmovie)がシェアした投稿

『アクアマン』は、ジェイソン・モモアが、アトランティス帝国の元女王アトランナと、人間の父との間に生まれたアーサー・カリー(アクアマン)を演じたヒーローアクション作品。ヒロインのメラをアンバー・ハードが演じたことでも話題となった。また『アクアマン』は、世界中で11億ドル以上を売上げ、DCEUで最も売れ行きの良い作品としても知られている。続編がどのようになるのか、ファンは期待を高めている。

tvgrooveをフォロー!