人気下着ブランド「ヴィクトリアズ・シークレット」の元モデルが、同ブランドのショーから解雇された理由を暴露! “体型”に関するショッキングなその理由とは・・[動画あり]

ブリジット・マルコム
ブリジット・マルコム

アメリカの人気下着ブランド「ヴィクトリアズ・シークレット」のファッションショーに出演を果たしたことがあるモデルのブリジット・マルコムが、ショーから解雇された理由を暴露している。

ブリジット・マルコムは、これまで「ラルフ・ローレン」や「ステラ・マッカートニー」など一流ブランドのファッションショーに出演し、多くの雑誌の紙面にも登場している人気モデルだ。

そんなブリジットは、2016年に「ヴィクトリアズ・シークレット」のファッションショーに出演したが、翌年のショーには出演しなかった。

2016年に「ヴィクトリアズ・シークレット」のファッションショーに出演した時のブリジット・マルコム↓↓

そんなブリジットが、2017年のショーに出演しなかった理由を明かしている。ブリジットはその理由を動画でTikTokに投稿した。

動画の中でブリジットは、2016年に同ブランドのショーに出演した時のブラジャーを見つけたと明かし、そのブラを公開。サイズは30Aだ。現在のサイズは34Bにサイズアップし、とても健康的な状態であるという。

@bridgetmalcolmtoo little too late Victoria’s Secret #victoriassecret #victoriasecretshows #CompleteMyLook #MyColoredHair♬ original sound - Bridget Malcolm

しかしブリジットは「私は(チーフ・マーケティング・オフィサーで、ショーのキャスティングディレクターを務める)エド・ラゼックから『君の体は十分な魅力がない』と言われて、ショーから外されたの。私のその時のブラのサイズは、30Bだったの」と、体型を非難されとてもショックを受けたことを明かした。

「ヴィクトリアズ・シークレット」といえば、他の下着ブランドが様々な体型のモデルを起用し、多様性をもたらしたにもかかわらずエド・ラゼックが“トランスジェンダーやプラスサイズのモデルは採用しない”とブランドの方針を明らかにしたことで大バッシングを受けた。その後、採用したものの、エドのセクハラ発言も明るみになり問題視され、ブランドの人気と売り上げは低迷した。

先月中旬、「ヴィクトリアズ・シークレット」は、広告塔モデルである「エンジェル」の制度をなくし、新たに「VS Collective」という、美の基準を再定義するための新たなグループを結成した。

左からヴァレンティーナ・サンパイオ、プリヤンカー・チョープラー、ミーガン・ラピノー

人気下着ブランド「ヴィクトリアズ・シークレット」が、「エンジェル」制度を廃止することを発表 女優プリヤンカー・チョープラー、サッカー選手のミーガン・ラピノーらが新たな広告塔に

2021年6月17日
ヴィクトリアズ・シークレット・ファッションショー

人気下着ブランド「ヴィクトリアズ・シークレット」の栄枯盛衰を描いたドキュメンタリーがHuluで配信へ! ゼロからの大成功と、巻き込まれた論争など裏側も全て描く

2021年3月2日
ケンダル・ジェンナー、「ヴィクトリアズ・シークレット・ファッションショー」にて

経営難と言われていた人気下着ブランド「ヴィクトリアズ・シークレット」がついに買収される! 588億円で権利を売り渡すことに

2020年2月23日

「ヴィクトリアズ・シークレット」の元幹部にセクハラ疑惑! モデルのベラ・ハディットも被害者か

2020年2月5日

人気下着ブランド「ヴィクトリアズ・シークレット」に初となる日本人モデルが登場! 有名ブランドに引っ張りだこの「小椚ちはる」って一体どんなモデル…?[写真あり]

2020年1月17日
tvgrooveをフォロー!