シャロン・オズボーン、番組降板となった激しい口論の後に泣きじゃくっていた… 共演者のエレーヌ・ウェルターズが彼女をなぐさめる音声流出! これにエレーヌが反応「あれは同意なしに不法に録音されたもの」

シャロン・オズボーンとエレーヌ・ウェルターズ
シャロン・オズボーンとエレーヌ・ウェルターズ

イギリスの有名司会者でオジー・オズボーンの妻として知られるシャロン・オズボーン。彼女はトーク番組「The Talk」で、生放送中に共同司会者であるシェリル・アンダーウッドと口論を繰り広げて番組降板となり世間を騒がせたが、今回、新たにある音声が流出した。

すべてのことの発端は、「The Talk」の3月10日放送回でのこと。シャロンが番組内で、メーガン妃を猛烈批判した友人のピアーズ・モーガンを擁護。これがきっかけとなり、生放送中に共同ホストのシェリル・アンダーウッドと激しい口論を繰り広げた。他にも収録中にシャロンが差別発言をしたとも報道され、その後、放送局CBSが「シャロン・オズボーンは『The Talk』を降板することが決定いたしました」と声明を発表した。さらに放送は1ヶ月休止され、再開されたエピソードでは、シャロンと口論になったシェリルが「トラウマになってしまって、PTSDのようになっているような気がします」と番組を辞めることさえ考えていたと明かし、世間に衝撃を与えていた。

実は、この激しいオンエアの後、シャロンは控室で泣きじゃくり、それを共演者のエレーヌ・ウェルターズが慰めていたのだ。デイリー・メール紙が木曜日に、流出した音声についての記事を新たに掲載した。

エレーヌ・ウェルターズ↓↓

 

この投稿をInstagramで見る

 

Elaine Welteroth(@elainewelteroth)がシェアした投稿

音声の中でエレーヌは、「シャロン、あのようになってしまったことは本当に申し訳ないわ」「あなたが動揺しているのはわかっている。でも、これが終わったら、シェリルがあなたの友人であることを知ってほしい。彼女は本当にあなたの友人よ。あなたが人種差別者だとは思っていないし、私もあなたが人種差別者だとは思わない」とシャロンに話している。

この音声が流出したことにエレーヌは「今日、事件の直後に当時の同僚に対して思いやりを持って行った私のプライベートなコメントが、私の同意や認識なしに録音され、メディアと共有されていたことを知りました」とコメント。ショックだったようで、「誤解を恐れずに言えば、あれは、同意なしに不法に録音されたものです」「私の優しさが文脈から切り離され、誰かの行動の責任を免れようとするために武器にされたことに落胆しています」と現在の心境を語った。

シャロン・オズボーン

番組を電撃降板したシャロン・オズボーン、現在の心境を語る「人種差別主義者と言われるのは許せません」[動画あり]

2021年4月19日
シャロン・オズボーン&シェリル・アンダーウッド「The Talk」インスタグラムより

番組降板のシャロン・オズボーン、元共同司会者の「心的外傷後ストレス障害になった」発言をどう思ってる? 近々別番組で反撃か

2021年4月16日
シェリル・アンダーウッド

番組降板のシャロン・オズボーンと口論になった司会者、心的外傷後ストレス障害になってしまったと明かす「トラウマに苦しんでいる」[動画あり]

2021年4月13日
シャロン・オズボーン&シェリル・アンダーウッド「The Talk」インスタグラムより

メーガン妃について議論を繰り広げ番組降板となったシャロン・オズボーン、共同司会者の「シャロンから連絡も謝罪もなかった」発言に怒り心頭「私の評判を落とそうとしてるの?」

2021年4月7日
シャロン・オズボーン

メーガン妃に関する議論で番組を降板させられたシャロン・オズボーン、「TV局の起訴を考えている」! 「彼女はこのことを許容しない」と友人

2021年4月1日
tvgrooveをフォロー!