この1年で最も「稼いだ」オリンピック選手は!? ランキング形式で紹介! 1位の選手はなんと年収82億円

大坂なおみ選手
大坂なおみ選手

7月23日、東京オリンピックがついに開会式の日を迎えた。そんな中、この1年で最も「稼いだ」オリンピック選手のランキングが公表されている。

登場するのは世界中で名の知れたアスリート達ばかりだ。そして1位に輝いたのは、アメリカ出身のスター選手で、輝かしい経歴の持ち主だった。なおランキングに登場するアスリート達の過去1年分の総収入を合計すると、3億5300万ドル(約約390億983万円)にものぼる。

今回はその上位9名をランキング形式でご紹介しよう。

9位 ドリュー・ホリデー

国: アメリカ
競技:バスケットボール
収入:2300万ドル(約約25億4,171万円)

8位 クリス・ミドルトン

年齢:31歳
国:アメリカ
競技:バスケットボール
収入:2700万ドル(約29億8,375万円)

6位 錦織圭

年齢:31歳
国:日本
競技:テニス
収入:3050万ドル(約約33億7,053万円)

6位タイ デビン・ブッカー

年齢:24歳
国:アメリカ
競技:バスケットボール
収入:3050万ドル(約約33億7,053万円)

5位 ローリー・マキロイ

年齢:32歳
国:北アイルランド
競技:ゴルフ
収入:3200万ドル(約約35億3,552万円)

4位 ノバク・ジョコヴィッチ

年齢:34歳
国:セルビア
競技:テニス
収入:3450万ドル(約38億1,173万円)

3位 デイミアン・リラード

年齢:31歳
国:アメリカ
競技:バスケットボール
収入:4050万ドル(約44億7,464万円)

2位 大坂なおみ

年齢:23才
国:日本
競技:テニス
収入:6000万ドル(約66億2,910万円)

1位 ケビン・デュラント

年齢:32歳
国:アメリカ
競技:バスケットボール
収入:7500万ドル(約82億8,637万円)

リース・マクレナガン

オリンピック体操選手のリース・マクレナガン、日本の選手村の“セックス防止ベッド”が本当に壊れやすいのか検証する動画を投稿! ベッドの上でジャンプしてみた結果・・[動画あり]

2021年7月20日
ブルース・スプリングスティーンと、娘ジェシカ・スプリングスティーン

ブルース・スプリングスティーンの娘ジェシカ・スプリングスティーン、東京オリンピックに出場決定! 彼女が選出された種目とは

2021年7月6日
オリンピックのロゴ

東京オリンピック、ウガンダ代表選手団に続き、セルビア代表選手1名が入国時に新型コロナ陽性反応 「合宿は中止になる可能性が高い」

2021年7月6日
キム・カーダシアン

キム・カーダシアン、なんと東京オリンピックでアメリカ代表選手団の公式ウェアをデザインすることが決定! キムが手がける服とは・・

2021年6月30日
NBCUniversal

米放送局NBC、東京オリンピックの広告収入が前回の五輪を超え1400億円に

2021年6月29日
tvgrooveをフォロー!