エリザベス女王、ヘンリー王子とメーガン妃に対しなんと「法的措置」検討か 「もういい加減にしてほしい」

左からウィリアム王子、エリザベス女王、ヘンリー王子
左からウィリアム王子、エリザベス女王、ヘンリー王子

イギリスのエリザベス女王が、孫であるヘンリー王子とその妻メーガン妃に対する法的措置の準備に入ったと報じられている。

サン紙によると、ある王室の情報筋が取材に対し、「女王の気持ちからすると、『もういい加減にしてほしい』というところだろう」と語っており、現在、王室の側近が名誉毀損訴訟の専門家に相談しているという。

さらに情報筋は、「エリザベス女王と王室が、(ヘンリー王子とメーガン妃の攻撃に)耐え続けるにも限界がある。そして、その限界が近づいてきているようだ」と明かし、「法的措置の準備を始めたと聞いた。ヘンリー王子とメーガン妃は警戒すべきだし、今後さらなる攻撃を繰り返しても容認されないと知っておくべきだろう」と続けた。

ヘンリー王子とメーガン妃は昨年王室を離脱し、現在はアメリカのカリフォルニア州モンテシートに豪邸を構え、今年6月に生まれた第2子リリベットちゃんを含む家族4人で暮らしている。

そんなヘンリー王子とメーガン妃は今年3月、大物司会者オプラ・ウィンフリーとのインタビュー番組に出演し、メーガン妃が王室入りして以降、自殺願望を抱くほどに苦しんだと明かしていた。他にも王室への批判とも取れる発言をしていたことから、このインタビューは世界中で物議をかもすこととなった。

また、ヘンリー王子は出版社Penguin Random Houseと契約し、暴露本とも言われる回顧録を出版することが発表されており、女王側は出版社に対し法的な警告文を送ることも検討しているという。

情報筋は、「もし本の中で誰かの名前が出され、批判的なことが書かれていれば、それは名誉毀損に当たる可能性がある。それにその人物や家族を守る権利が侵害されることもあり得るのだ」語っていた。

ヘンリー王子と、メーガン妃

王室の人種差別的発言を暴露したヘンリー王子夫妻、エリザベス女王のインタビューに対する反応に「驚きはなかった」

2021年8月20日
メーガン妃と、ヘンリー王子

ヘンリー王子&メーガン妃が、タリバン制圧のアフガニスタンや大規模地震があったハイチ、コロナの影響など世界の情勢を受け声明を発表 「世界は今とても脆弱」

2021年8月19日
左からチャールズ皇太子、ウィリアム王子、キャサリン妃、メーガン妃、ヘンリー王子

確執は2017年から!? ヘンリー王子が王室に怒りをおぼえた理由とは・・

2021年8月17日
メーガン妃

メーガン妃の父トーマス・マークル、メーガン妃を「うそつき」よばわり!? 「ヘンリー王子の影響だ」

2021年8月17日
ヘンリー王子

炎上しているイギリス王室をテーマにした風刺アニメ「The Prince」、これにヘンリー王子が意外な反応・・?

2021年8月17日
tvgrooveをフォロー!