シャロン・オズボーン、電撃降板したトーク番組の共演者から「裏切られた」! 改めて怒りをあらわに…彼女の言い分とは?

シャロン・オズボーン
シャロン・オズボーン

イギリスの有名司会者でオジー・オズボーンの妻として知られるシャロン・オズボーン。彼女は今年3月、レギュラー出演していたトーク番組「The Talk」で、生放送中に共同司会者であるシェリル・アンダーウッドと口論を繰り広げ、番組降板となった。そこから約半年が経ち、新たなインタビューの中で改めて怒りをあらわにした。

シャロンが降板した「The Talk」↓↓

 

この投稿をInstagramで見る

 

The Talk(@thetalkcbs)がシェアした投稿

DailyMailとの新しいインタビューでシャロンは「彼らはみんな、(口論のきっかけとなった)質問を知っていたし、何が起こったかも知っていたの。わたしは完全に裏切られたと感じたわ」と話し、共同司会者のシェリルが不当に彼女を攻撃したと訴えた。

問題の放送回では、シャロンがメーガン妃を猛烈批判した友人のピアーズ・モーガンを擁護。これがきっかけとなり、生放送中に共同ホストのシェリル・アンダーウッドと激しい口論を繰り広げた。シェリルの質問は、人種差別的な行動をとったピアーズを擁護している彼女自身も、人種差別的だと示唆しているようだったという。

シャロンは当時のことについて「私たちは意見の相違があって、私は彼女に泣くべきではないと言ったのよ。でもそれがうまくいかなかった」と語った。「そしてコマーシャルブレイクの間は、彼女は私と話そうとしなかったの。私は彼女に話をしてよって頼んだのだけど、彼女は話さなかった。だから勝手にしろって言ったの」と当時の様子を細かく説明した。

また、生放送なのに20分も置き去りにされたことについても触れた。「準備もできていないし、何が起こっているかもわからなかった。待って、彼らは私に謝罪するの? いつでもカットできたのに、なぜカットできなかったの?」「彼らがカットしなかったのは、論争が好きで、みんなの話題になることが好きだったからよ。(視聴者が)トイレに行こうとしたところに、引き止める何かが必要だった」と彼女なりの見解も話した。

シャロンはこの放送回のあと、番組を電撃降板。いまだにその当時の怒りは収まっていないようだ。

シャロン・オズボーンとエレーヌ・ウェルターズ

シャロン・オズボーン、番組降板となった激しい口論の後に泣きじゃくっていた… 共演者のエレーヌ・ウェルターズが彼女をなぐさめる音声流出! これにエレーヌが反応「あれは同意なしに不法に録音されたもの」

2021年7月19日
シャロン・オズボーン

番組を電撃降板したシャロン・オズボーン、現在の心境を語る「人種差別主義者と言われるのは許せません」[動画あり]

2021年4月19日
シャロン・オズボーン&シェリル・アンダーウッド「The Talk」インスタグラムより

番組降板のシャロン・オズボーン、元共同司会者の「心的外傷後ストレス障害になった」発言をどう思ってる? 近々別番組で反撃か

2021年4月16日
シェリル・アンダーウッド

番組降板のシャロン・オズボーンと口論になった司会者、心的外傷後ストレス障害になってしまったと明かす「トラウマに苦しんでいる」[動画あり]

2021年4月13日
シャロン・オズボーン&シェリル・アンダーウッド「The Talk」インスタグラムより

メーガン妃について議論を繰り広げ番組降板となったシャロン・オズボーン、共同司会者の「シャロンから連絡も謝罪もなかった」発言に怒り心頭「私の評判を落とそうとしてるの?」

2021年4月7日
tvgrooveをフォロー!