映画「キャプテン・マーベル」、ブリー・ラーソン &ジェンマ・チャンの期待コメントが到着! 4DXの魅力とは?【映像あり】

『キャプテン・マーベル』
『キャプテン・マーベル』

2019年初のマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)映画『キャプテン・マーベル』より、ブリー・ラーソン &ジェンマ・チャンによる、『キャプテン・マーベル』4DXイチオシ期待コメント映像が公開された。

マーベル史上初となる女性ヒーローが主役となる本作では、歴代マーベル・ヒーロー4DX映画史上、最強にダイナミックで、最もエモーショナルな4DX演出を披露することに期待が集まっている。

4DXで上映された作品のなか、歴代初で全世界200万人超の観客を動員した『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』4DXのように、 『キャプテン・マーベル』4DXでは、登場するキャラクターにあわせて専任の4DXプロデューサーを配置。

各キャラクターの能力にあわせて4DXならではのオリジナル効果や演出を仕掛けている。特に、明らかになっていないキャプテン・マーベルの究極のパワーや飛行能力の表現は4DXがこだわりにこだわったダイナミックな演出を仕掛けつつ、物語の深みや感動を自然に受け入れられるような、エモーショナルなモーションチェアの動きや4DX環境効果で、完全に『キャプテン・マーベル』の世界観に没入でき、新しいヒーロー映画を間違いなく楽しめる選択肢になるだろう。

『キャプテン・マーベル』4DXの期待ポイントについてブリー・ラーソンは「宇宙でのシーンは、まるで自分が宇宙に浸れるような気持ちになると思う」と言い、ミン・エルヴァ役のジェンマ・チャンは「冒頭の戦闘シーンは、4DXで観るとすごいかも」とコメントし、“ 4DX宇宙戦闘シーンが、サイコー!“というメッセージから、宇宙を背景に広がる迫力の4DXアクションへの期待を膨らませる。

【動画】ブリー・ラーソン インタビュー

【動画】ジェンマ・チャン インタビュー

なお、4DXは、ヨーロッパや北米の20〜30代若い層を中心に人気トレンドとして話題のNO.1体感型プレミアムシアター。21個以上の4DXオリジナル環境効果や繊細なモーション効果で【観る映画の代案:目で映画を観る体験を超えて体験する経験を与える】として注目されている。全世界62カ国、621スクリーンで運営中、日本国内では56劇場に導入中。(※2019年3月現在)

公開情報

『キャプテン・マーベル』
3月15日(金)より、全国4DXシアターにてロードショー
ⒸMarvel Studios 2019

「キャプテン・マーベル」ブリー・ラーソン、米映画館にサプライズで登場! 店員になりきってポップコーンを提供するなどファンにはたまらないサービスも

2019.03.13

映画「キャプテン・マーベル」ブリー・ラーソン&サミュエル・L・ジャクソン、「カープール・カラオケ」に登場! アリアナ・グランデの「7リングス」を高らかに歌い上げる[動画あり]

2019.03.12

ブリー・ラーソンが「キャプテン・マーベル」になるまでの、壮絶筋トレメニューが公開! 腕立て伏せすらできないところからスタート

2019.03.06

「キャプテン・マーベル」ブリー・ラーソン&サミュエル・L・ジャクソンが、「シャロウ」を熱唱! ガガ&ブラッドリーと、カップル対決[動画]

2019.03.04

ブリー・ラーソン、「ミニ・キャプテン・マーベル」に対面! その可愛い姿に癒される人続出[動画あり]

2019.03.03