「グレイズ・アナトミー」史上最悪のエピソードとは? 主演のエレン・ポンピオ&パトリック・デンプシーがチョイス! 「バカバカしくて、二度と見たくない」・・満場一致で選ばれたエピソードとは?

エレン・ポンピオ(左)、パトリック・デンプシー
エレン・ポンピオ(左)、パトリック・デンプシー

米人気医療ドラマ「グレイズ・アナトミー」エレン・ポンピオ(51)とパトリック・デンプシー(55)が、同作品で“もっとも最悪だったエピソード”をふりかえった。

9月29日、パトリックはエレンのポッドキャスト番組「Tell Me with Ellen Pompeo」に登場。劇中にて“仕事仲間”であり“恋人役”を長らく演じてきた2人は同番組中、「グレイズ・アナトミー」シーズン7の18話「Song Beneath the Song(邦題:ミュージック・エピソード 生命のメロディー)」について盛り上がる一幕があった。

シーズン7の18話「Song Beneath the Song」は、旅行中にトラックとの衝突事故に見舞われ、重体となってしまったカリー(演:サラ・ラミレス)を、メレディス(演:エレン)らが必死で救おうとするストーリー。番組としては異例の全編ミュージカル仕立てとなっている。

【動画】カリーの手術中「Chasing Cars」を歌うキャストたち

エレンは同エピソードについて、「私たちがあのヒドいミュージカルナンバーをやったのを覚えてる?それを書いた人には申し訳ないけれど、あのミュージカルは私たちを恐怖に陥れたわよね?」と発言。自身にとって史上最悪のエピソードだったと告白した。

エレンはその理由について、「私はちょっと歌ったけど、『みんな聞いて。言っておくけど、私歌えないわ』って思ったの」と説明。どうやらエレンは歌唱に自信がないため、ナーバスになっていたようだ。

一方のパトリックも「完全に怖気づいた」と、エレンに同意。当時は「歌うなんて絶対にムリ」と思ったそうで、「そのときは理解できなかった。いま見てみると『なんてこった』という感じ。がんばってはいたけどね」と、エレン同様、このエピソードが受け入れられずにいることを明かした。

さらには「バカバカしくて、二度と見ない」とも言い切ったエレン。どうやら2人にとって同エピソードは、封印しておきたい黒歴史のようだ。

エレン・ポンピオ

長寿ドラマ「グレイズ・アナトミー」終了のウワサは本当? 主演エレン・ポンピオに直撃「ずっと卒業しようとしてきて・・」

2021年9月22日
パトリック・デンプシー

パトリック・デンプシー、「グレイズ・アナトミー」撮影現場で悪態をついていた!? 長時間の拘束にイライラ、周囲に当たり散らし「現場を恐怖に陥れていた」と暴露される

2021年9月17日
サンドラ・オー

サンドラ・オー、人気海外ドラマ「グレイズ・アナトミー」への出演でトラウマになっていた! 世間からの注目が彼女に与えた影響とは・・?

2021年8月30日
エレン・ポンピオ

「グレイズ・アナトミー」エレン・ポンピオ、事実上の引退宣言!? 女優業を「やり尽くした」彼女の次なる挑戦とは・・?

2021年8月3日
「グレイズ・アナトミー 恋の解剖学」

「グレイズ・アナトミー」最新シーズンにあの人気キャラクター2人がカムバック! うれしいサプライズだけどファンたちはオドロキ! その理由とは・・[※ネタバレあり]

2021年4月3日
tvgrooveをフォロー!