ヒマラヤ大聖者 相川圭子 フジロックに降臨

映画版「キャッツ」がショックで猫好きから犬好きに転向!? 「何もかもが違っている…」、作曲家が犬を飼い始めた理由とは・・?

アンドルー・ロイド・ウェバー
アンドルー・ロイド・ウェバー

ミュージカル「キャッツ」や「オペラ座の怪人」などの楽曲製作をつとめ、数々の名作を世に送り出してきた作曲家のアンドルー・ロイド・ウェバー。猫好きで知られる彼だが、最近になってある理由から「犬好き」に転向したという。

その理由というのが、2019年に公開された映画版『キャッツ』だった。1981年に初めてミュージカルとして上演された「キャッツ」。この楽曲を手がけたのがアンドルー・ロイド・ウェバーであり、ミュージカル作品は世界中で今もなお愛されるものとなっている。

ところが映画版は公開されるやいなや批判の嵐。散々な評価を受け大失敗に終わったのだ。

この結果を受け、ロイド・ウェバーは心を癒やすためにセラピー・ドッグを飼うに至ったのだという。

このたびVariety誌のインタビューに答えたロイド・ウェバーは映画版について、「何もかもが間違っている」と述べた。

さらに、「見たよ。そして思った。『これは違う。何もかも違う』ってね」と語ったロイド・ウェバーは、「この地球上に70数年生きてきて、初めて犬を飼ったよ。だから唯一いいことがあったとすれば、かわいいハバニーズに出会えたことかな」と、ショックのあまり子犬を迎え入れたことを明かしたのだ。

「モヒート」と名付けられたその子犬は、昨年から続くコロナ禍においても非常に心強いパートナーだったという。ロックダウンを共に過ごしたモヒートはロイド・ウェバーにとって欠かせない存在となった。今回滞在していたイギリスからニューヨークへ渡る際にも、飛行機の機内に一緒に搭乗したいと航空会社に希望したそうだ。

航空会社は基本的に、介助犬やセラピードッグなどの補助犬しか機内への同乗を認めていない。そのため、ロイド・ウェバーもモヒートがセラピードッグなのかどうか確認されたという。

そこでロイド・ウェバーは、「そうだよ。ハリウッドが映画『キャッツ』で私にした仕打ちを見れば(セラピーが必要かどうか)わかるだろう」と答えたそうだ。

その結果、ロイド・ウェバーは無事にモヒートとともに搭乗できたことを明かしている。

ジェイソン・デルーロ

ジェイソン・デルーロ、コケてしまった映画『キャッツ』への想いを語る! 「世界を変えられると思ったけど…」

2020年8月16日
『キャッツ』でのテイラー・スウィフト

実写化『キャッツ』の作曲家アンドリュー・ロイド=ウェバー、同作の「問題点」を語る! 「監督が・・・」

2020年8月4日
ヒュー・ジャックマン

ヒュー・ジャックマン、映画『キャッツ』の出演を断っていた! その理由とは・・・?

2020年4月17日

ジェームズ・コーデン&レベル・ウィルソン、アカデミー賞のステージに「キャッツ」衣装で登場! 自虐ネタ&猫のマネで会場爆笑[動画あり]

2020年2月10日
The EE British Academy Film Awards 2020 held at the Royal Albert Hall - Arrivals Featuring: Rebel Wilson Where: London, United Kingdom When: 02 Feb 2020 Credit: Mario Mitsis/WENN.com

セレブたち大笑い! 『キャッツ』レベル・ウィルソンがBAFTAのスピーチで爆笑をかっさらう[動画あり]

2020年2月4日
tvgrooveをフォロー!