テイラー・スウィフト、再録版「All Too Well」の中であの元カレとの破局理由を明かす!? 「〇〇だったらうまくいっていたのかも」 ファンたちが激怒した理由とは

テイラー・スウィフトと、ジェイク・ギレンホール
テイラー・スウィフトと、ジェイク・ギレンホール

人気歌手テイラー・スウィフトがリリースした、最新バージョンの「All Too Well」の歌詞に注目が集まっている。

テイラー・スウィフトは、11月12日に、2012年に発売されたアルバム「レッド」の再録版となる「レッド(テイラーズ・ヴァージョン)」をリリース。

この中には、オリジナル版にも収録されている楽曲「All Too Well」の10分バージョンもおさめられているのだが、この楽曲はかねてより、テイラーが元交際相手で俳優のジェイク・ギレンホールのことを歌ったものだとファンの間で話題になっていた。

テイラーと俳優のジェイク・ギレンホールは、2010年10月から12月まで交際していたと報じられている。

そしてテイラーは、今回公開した10分バージョンの「All Too Well」の歌詞の中で、ジェイクと自身がわずか3ヶ月で破局に至った理由を明かしているというのだ。

【動画】Taylor Swift - All Too Well: The Short Film

注目したいのが、今回新たに追加された3番目の歌詞だ。この中では、テイラーがジェイクとの破局後、「地獄のような気分」を味わっていたことや、ジェイクが別れを選んだ理由がつづられているとされている。

3番目の歌詞は以下の通り。

「They say all's well that ends well but I'm in a new hell(みんな、『終わりよければすべて良し』って言うけど、私の気分はまるで地獄)/ Every time you double cross my mind(あなたは私の心を裏切る時、いつだって) / You said if we had been closer in age maybe it would have been fine(『もし僕たちの年がもっと近かったら、うまくいっていたかもしれないのに』って言ってた) / And that made me want to die(その言葉がまた、私を死にたい気持ちにさせるの)」

この歌詞から読み取れるのは、ジェイクとテイラーの9歳という歳の差が、破局へつながったということだ。2010年に2人が交際を始めた当時、テイラーは20歳、ジェイクは29歳だった。

これにより、「レッド(テイラーズ・ヴァージョン)」リリース後、一部ファンたちはジェイクがこのような形でテイラーを傷つけたことに怒り、「ジェイク・ギレンホール」がトレンド入りを果たすこととなった。

テイラー・スウィフト

テイラー・スウィフト『レッド(テイラーズ・ヴァージョン)』発売! 9曲の未発表曲が収録、エド・シーランやクリス・ステイプルトンなどの豪華アーティストを客演に迎える

2021年11月13日
テイラー・スウィフト

テイラー・スウィフト、なんとサプライズで再録版「ワイルデスト・ドリームス(テイラーズ・ヴァージョン)」をリリース! そのキッカケはTikTokの◯◯だった・・?[音源あり]

2021年9月18日
テイラー・スウィフトと、ジェイク・ギレンホール

テイラー・スウィフト、再録版「レッド(テイラーズ・ヴァージョン)」をリリースすることを発表したことで、ジェイク・ギレンホールがツイッターでトレンド入りを果たす! ファンたちが盛り上がっている理由とは・・

2021年6月20日
テイラー・スウィフト

テイラー・スウィフト、これまでリリースしたアルバムの中で“真の失恋アルバム”はどれであるか明かす! 「まさに失恋について書いたものは〇〇だった」

2020年10月29日
テイラー・スウィフトと、ジェイク・ギレンホール

テイラー・スウィフトのファンたちが、テイラーの元カレで俳優のジェイク・ギレンホールの投稿した写真に反応! 楽曲「All Too Well」の歌詞通りの写真だった…?[写真あり]

2020年9月30日
tvgrooveをフォロー!