米ウォルト・ディズニー社、98年の歴史で初めて女性が会長に就任! 「弊社にとって非常に価値のある存在」 すばらしい経歴にも注目

スーザン・アーノルド
スーザン・アーノルド

米ウォルト・ディズニー社が98年間の歴史の中で初めて、女性の取締役会会長を選出した。

これまでの取締役会会長ボブ・アイガー氏の後を継ぐことになったのは、同社の取締役を14年間つとめてきたスーザン・アーノルド氏。かつてはグローバル投資会社「Carlyle」の幹部だった。

会長就任にあたってのコメントの中でスーザン・アーノルド氏は、「取締役会会長という新たな役割をになうにあたり、引き続き弊社の株主の皆様の長期的な利益に貢献するとともに、ボブ・チャペックCEOとこまめに協力しながら、ともに100年近く続く、ディズニーが持つ卓越した創造性と革新性という遺産を築いていきたいと思います」と決意を述べている。

なお、アーノルド氏はこれまでにも、さまざまな大手企業で活躍してきた。

過去8年間Carlyleで役員を務める前までは、日用品メーカー大手のP&G社や、世界的ファストフードチェーンであるマクドナルド社に在籍してい。

前任のボブ・アイガー氏はアーノルド氏について、「2007年に初めて取締役会に参加して以来、スーザンはその豊かな経験、揺るぎない誠実さ、専門家としての判断力を存分に発揮してきました。弊社にとって非常に価値のあるものであり、尊敬すべき経営者です」と語っている。

アイガー氏は2020年2月、15年間務めたディズニーのCEOを退任。今月末には会長職も退任し、同社を去る予定だ。

そんなアイガー氏は在任中、ディズニー社やピクサー社やマーベル社、ルーカスフィルム社、21世紀フォックス社など様々な買収を行うとともに、同社として初めて、中国本土にテーマパークとリゾートをオープンさせるといった功績を残している。

アイガー氏の退任、そして女性会長の就任は、ディズニー社にとって新たな歴史の始まりといえるだろう。

「ボバ・フェット/The Book of Boba Fett」© 2021 Lucasfilm Ltd.

ディズニープラス、12月のラインナップを発表! 『スター・ウォーズ』の新作ドラマ「ボバ・フェット」や「アメリカン・ホラー・ストーリー」のスピンオフなど

2021年11月25日
『リトル・マーメイド』と、『ライオン・キング』

あの人気ディズニー作品には、なんと「下ネタ」が隠されていた!? 『リトル・マーメイド』や『ライオン・キング』『アラジン』まで・・誰もがビックリの性的メッセージとは?[写真あり]

2021年11月15日
タイカ・ワイティティ

タイカ・ワイティティ、『マイティ・ソー』作品の監督になれなかったかも? 危機を救ったのはディズニー映画『モアナと伝説の海』・・いったいなぜ?

2021年10月26日
『Doctor Strange in the Multiverse of Madness (原題)』

ファンショック・・・ディズニーが注目作品の公開延期を続々発表! 『ドクター・ストレンジ2』や『ブラックパンサー2』など・・やはり新型コロナウイルスの大混乱が影響か

2021年10月20日
スカーレット・ヨハンソン

スカーレット・ヨハンソン「解決できてうれしい!」ディズニーとの『ブラック・ウィドウ』訴訟問題がついに決着! もうわだかまりはナシ・・さっそく次のディズニー新作映画での主演・プロデュースも決定

2021年10月1日
tvgrooveをフォロー!