スティーヴン・スピルバーグ、劇場版『ウエスト・サイド・ストーリー』のスペイン語セリフに字幕をつけなかった理由を明かす! 「これはとっても重要なことで・・」

スティーヴン・スピルバーグ
スティーヴン・スピルバーグ

12月10日よりアメリカで上映開始となった、不朽の名作ミュージカル作品の劇場版『ウエスト・サイド・ストーリー』。監督のスティーヴン・スピルバーグが、作品内のスペイン語セリフに英語字幕をつけなかった理由を明らかにしている。

この作品は、大部分が英語のセリフや歌で占められている。しかしラテン・アメリカ系の人々が話すセリフはスペイン語で、一切の英語字幕が添えられていないのだ。

スティーヴン・スピルバーグはIGNのインタビューに対し、この映画を製作する上でオーディションを行うにあたり、「両親や祖父母、もしくは本人がラテン系の国出身でない人物のオーディションは受け付けないようにした」と語り、「僕たちはとくにプエルトリコでたくさん探すことにしたんだ。この映画には、20人ものプエルトリコ出身、もしくはニューヨーク出身のプエルトリコ人パフォーマーが出演しているよ」と続けた。

そして、「これはとっても重要なことで、今回スペイン語のセリフに英語字幕をつけなかったことにもつながってくるんだ」としたスピルバーグは、「もしスペイン語のセリフに字幕をつけてしまったら、英語のセリフに英語を添えているようなものだし、英語がスペイン語を支配してしまうことになる。そんなことはこの映画にあってはならない。字幕をつけないことで、その言語を尊重したんだよ」と、字幕をつけなかった意図を説明していた。

またスピルバーグは、Digital Spyのインタビューにも答え、「これを問題にする人なんているんだろうか。今のところ、『字幕をつけたほうがいい』なんて人は聞いたことがないよ」と語ると、「僕はアメリカの第二言語であるスペイン語に字幕をつけるなんて、失礼だと思っている」と付け加えた。

さらに、「これは英語がまるで支配的な言語だと思われてしまいかねないし、キャラクターが話している(第二言語であるはずの)スペイン語に対して英語の字幕をつけるなんて、おかしな話じゃないか」と語ったスピルバーグは、「我々は、スペイン語に対して敬意を表したんだよ」と続けた。

【予告編】映画『ウエスト・サイド・ストーリー』新映像「America(アメリカ)」編 12月10日(金)公開

アンセル・エルゴート

アンセル・エルゴート、恋人と『ウエスト・サイド・ストーリー』のプレミアに登場! 破局のウワサが浮上する中、笑顔で出席[写真あり]

2021年12月2日
ジョーズ

スティーヴン・スピルバーグ、『ジョーズ』の続編やリブートの提案を拒否「リブート版を打診され真っ向から否定した」

2021年6月22日
スティーヴン・スピルバーグ

スティーヴン・スピルバーグとあの超有名悪役キャラクターとコラボしていた! 『スター・ウォーズ』の日にある貴重な写真が公開[写真あり]

2021年5月7日
ミカエラ・スピルバーグ

スティーヴン・スピルバーグの娘でポルノ女優のミカエラ・スピルバーグ、ポルノの仕事は「生きがい」であり「癒し」

2020年11月13日
スティーヴン・スピルバーグと、デストリー・アリーン・スピルバーグ

スティーヴン・スピルバーグの末娘が婚約! 監督の義理の息子となるそのお相手とは…[写真あり]

2020年7月5日
『グーニーズ』キャスト大集合!

あの『グーニーズ』のキャスト&スティーヴン・スピルバーグが時を超え集合! 「続編の可能性はある?」との質問へ回答は・・・?[動画あり]

2020年4月29日
スティーブン・スピルバーグと娘ミカエラ

スティーブン・スピルバーグ監督の娘ミカエラ、DV容疑で逮捕される

2020年3月1日
tvgrooveをフォロー!