J.K.ローリングの度重なる炎上発言が原因か、『ハリー・ポッター』原作者の名にちなんだ英学校の校舎名が変更へ

J.K.ローリング
J.K.ローリング

今月5日、英エセックス州の中学校が、『ハリー・ポッター』シリーズの著者J.K.ローリング(56)にちなんで名付けられた校舎名を改名することを発表した。

J.K.ローリングといえば、実写化もされた『ハリー・ポッター』シリーズや『ファンタスティック・ビースト』シリーズの生みの親として今なお世界中の読者から崇拝されている。しかし、近年はトランス・ジェンダー(身体的性別と自身の認識する性が一致しない状態)の人々に対する見解が差別的であるとして、度々物議をかもしてきた。

ローリングは一昨年、「新型コロナウィルスの後の世界を、生理がある人にとってより平等なものに」というタイトルの記事を取り上げ、「生理がある人」を「女性」と明言しなかったことを揶揄(やゆ)する発言をツイート。その内容がトランスジェンダーの人々への差別発言ではないかとして大炎上した。

批判を受けたローリングは、「性別が存在しなければ同性愛はありえない。性別が存在しなければ、世界中の女性が生きている現実が消されてしまう。私はトランスの人たちを知っているし愛しているけど、性別という概念を消すことで、人生について有意義な議論をする力が奪われてしまう。真実を話すことはヘイトではない」と改めて見解を発表するも、今なお批判の声が収まる気配はない。

そんな中、同校は生徒や教職員の要請により、ローリングのこれらの見解が学校の方針にそぐわないとして、「ローリング」と名付けた校舎名を、イギリスの元陸上選手の名前にちなんだ「ホームズ」へと変更した。

昨年12月には、同様の理由で『ハリー・ポッター』シリーズから着想を得た実在のスポーツ「クィディッチ」の競技名を変更することが発表され、大きな話題を集めた。

トランス・ジェンダーの人々に対するローリングの見解には多くの著名人らも反応しており、『ハリー・ポッター』シリーズのダニエル・ラドクリフや、『ファンタスティック・ビースト』シリーズのエディ・レッドメインも、ローリングの見解に異議を唱えている。

U-NEXT
「ハリー・ポッター20周年記念:リターン・トゥ・ホグワーツ」、「AND JUST LIKE THAT... / セックス・アンド・ザ・シティ新章」、新「ゴシップガール」・・U-NEXTにて独占配信中!

ルパート・グリント

『ハリー・ポッター』ルパート・グリント、反トランス発言で炎上中のJ.K.ローリングとの現在の関係は? 「僕にとって彼女は親戚のおばさんのような人で・・」 複雑な想いを明かす

2022年1月19日
『ハリー・ポッター20周年記念:リターン・トゥ・ホグワーツ』

ファン待望の特番『ハリー・ポッター20周年記念:リターン・トゥ・ホグワーツ』がU-NEXTにて日本初、見放題で1月8日(土)より独占配信決定!今まで明かされることのなかったシリーズ制作の舞台裏に迫る

2022年1月7日
映画『ハリー・ポッター』の出演者たち

『ハリー・ポッター』に登場する大人気スポーツ「クィディッチ」、原作者J.K.ローリングの炎上発言受け名称変更の可能性!? 一体どういうこと・・?

2021年12月21日
J.K.ローリング

「ハリー・ポッター」J.K.ローリング、トランスジェンダーに関する発言が再び炎上! 「ペニスを持つレイプ犯は女性だ」というツイートにネット民が反論、「よくない形で固執している」

2021年12月15日
エディ・レッドメイン

エディ・レッドメイン、反トランスジェンダー発言で炎上した「ハリー・ポッター」著者J.K.ローリングへの世間のひどい嫌がらせについてコメント! 「ローリングへのバッシングもひどすぎる」

2020年9月30日
tvgrooveをフォロー!