映画『Rust』の銃事件で亡くなった撮影監督の夫、アレック・ボールドウィンの説明は「ばかげている」と怒りをあらわに・・・自分のせいではないという主張を猛烈非難

アレック・ボールドウィン
アレック・ボールドウィン

昨年10月に発生した映画『Rust(原題)』の銃誤射事件。この悲劇的な事件の被害者であるハリナ・ハッチンスさんの遺族から俳優のアレック・ボールドウィンが訴えられているが、今回、ハリナさんの夫であるマット・ハッチンスさんが、アレックの「この悲劇的な銃撃は自分のせいではない」という主張に対し、怒りを表明している。

事故が発生したのは、現地時間10月21日。ニューメキシコ州サンタフェのボナンザクリーク牧場で『Rust(原題)』を撮影中、アレックは銃を構えていたが、その銃が誤って発射され、撮影監督のハリナさんが致命傷を負った。彼女は42歳だった。アレックが持っていたリボルバーなどはその後、調査にまわされた。アレックは事故後のインタビューで「引き金は引いていない」と主張している。

先日、ハリナさんの遺族はアレックに対して訴訟を起こした。いまだ、この恐ろしい事件を起こしたのが一体誰なのか不明なままであるが、アレックのこれまでの主張をマットさんは「ばかばかしい」と猛烈非難している。

「銃を持ち、発砲させた人に責任がないという考えは、私とってはばかげています。しかし、あの撮影現場では銃の安全性だけが問題だったわけではありません。実践されていない業界標準がいくつもあり、責任者は複数いるのです」。

アレックは、なぜ実弾が入った銃が自分に手渡ったのか、そしてそれが、なぜ許可されたのかについては説明できていない。

遺族の弁護士は「何が起こったかは明らかだと思います」「彼は銃を持っていて、発砲し、彼女は殺されてしまった。専門家が見て判断すると思いますが、我々はこれが武器の欠陥が原因だとは考えていません」とコメントしていた。

アレック・ボールドウィン

アレック・ボールドウィン、銃誤射事件で亡くなった撮影監督の遺族から訴えられる!また当日の事故をCGで再現した映像も公開へ[動画あり]

2022年2月17日
アレック・ボールドウィン

アレック・ボールドウィン、銃撃事件の後に仕事に復帰!3ヶ月半ぶりの撮影に複雑な心境を語る・・・「仕事に戻るのは変な感じだ」[動画あり]

2022年2月11日
アレック・ボールドウィン

「アレック・ボールドウィンにあごを殴られ、突き飛ばされた」と訴えていた男性がアレックと和解へ・・解決条件は“秘密事項”

2022年2月2日
アレック・ボールドウィン

アレック・ボールドウィン、「いまだに携帯電話を引き渡していない」と警察が発表! 撮影監督が死亡した件で、捜査令状が発行されたのは1ヶ月も前

2022年1月15日
アレック・ボールドウィン

アレック・ボールドウィン、銃誤射事件の捜査に応じると発言、しかし未だ警察に携帯電話を引き渡さず・・・彼が語ったこととは?[動画あり]

2022年1月11日
tvgrooveをフォロー!