『ワイルド・スピード』最新作、降板したジャスティン・リン監督に代わり、新監督が決定! メガホンを取るのは『トランスポーター』シリーズのあのフランス人監督

『ワイルド・スピード SKY MISSION』
『ワイルド・スピード SKY MISSION』

人気カーアクションシリーズ『ワイルド・スピード』の10作目である『Fast X(原題)』。撮影開始後にジャスティン・リン監督の降板が発表されたが、そこから一週間も経たないうちに新たな監督が決定したようだ。Varietyが報じている。

新しく監督を務めることになったのは、フランス人の映画監督であるルイ・レテリエ。彼はこれまで、ジェイソン・ステイサム主演のアクション映画『トランスポーター』とその続編『トランスポーター2』、『タイタンの戦い』、『グランド・イリュージョン』シリーズ、『インクレディブル・ハルク』などの話題作を手掛けてきた。関係者によると、彼は多数の候補者を抑えて選ばれたのだという。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Cine Reminders(@cinereminder)がシェアした投稿

リン監督は、撮影開始の数日後に退任を決断した際、「ユニバーサルのサポートにより、私は『Fast X』の監督から退くという難しい決断をしましたが、プロデューサーとしてこのプロジェクトに残ることになりました」とSNSにて声明を発表していた。クリエイティビティの違いから『Fast X』の監督を退任したと発表していたが、リン監督の退任に伴う『Fast X』の新しい監督探しで、ユニバーサルは1日あたり60万ドルから100万ドルのコストをかけていると報道されていた。

リン監督不在の際も、カメラは回っていた。ヴィン・ディーゼル、シャーリーズ・セロン、そして新しく参加するジェイソン・モモアがすでに撮影に入っていたため、ユニバーサルは本体の製作を一時中断し、セカンドユニットは英国で撮影を続けていたようだ。

『Fast X』はもともと『ワイルド・スピード』シリーズの最後の2部作のうちの1作目として構想されていた。しかし、リン監督が退任し、ルイ・レテリエ監督が就任した今、この2部構成自体も今後変更されるのかもしれない。

『ワイルド・スピード/ジェットブレイク(原題:Fast&Furious9)』

『ワイルド・スピード』最新作、監督交代でユニバーサルが超高額のコスト支払うハメに・・! なんと1日100万ドル?ジャスティン・リンの退任決断の影響大

2022年4月30日
『ワイルド・スピード/ジェットブレイク(原題:Fast&Furious9)』

ジャスティン・リン監督、『ワイルド・スピード10』撮影が開始した数日後になんと退任!その理由は「クリエイティビティの違い」・・・?監督は声明を発表

2022年4月28日
ジェイソン・モモア

ジェイソン・モモア、『ワイルド・スピード』10作目の出演について「しばらくやっていなかった悪役を演じることができて、とても楽しい!」自身が演じるキャラクターについても少しだけ詳細を明かす

2022年3月7日
ジェイソン・モモア

ジェイソン・モモア、なんと『ワイルド・スピード』最新作に出演の可能性!? “悪役”として交渉中との報道にファン大興奮

2022年1月31日
ヴィン・ディーゼル(左)、ポール・ウォーカー

『ワイルド・スピード』故ポール・ウォーカーの誕生日に友人ヴィン・ディーゼルが思いをはせる 「伝えたいことがたくさんある」

2021年9月17日
tvgrooveをフォロー!