ヒマラヤ大聖者 相川圭子 フジロックに降臨

『ワイスピ』最新作『Fast X』から退任したジャスティン・リン監督、実は公式発表よりも前に辞めていた! なんと製作開始からわずか3日後・・原因はヴィン・ディーゼルとのバトル?

『ワイルド・スピード/ジェットブレイク(原題:Fast&Furious9)』
『ワイルド・スピード/ジェットブレイク(原題:Fast&Furious9)』

ジャスティン・リン監督が、人気カーアクションシリーズ『ワイルド・スピード』の10作目である『Fast X(原題)』の撮影開始の数日後に、監督を退任することを発表していたが、実はこの公式の発表よりも前に辞めていたという。

『ワイルド・スピード』といえば、常識に囚われず度肝を抜くアクションを繰り広げ、映画史を代表する一大シリーズの1つとなった。9作目となる『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』は『ワイルド・スピード EURO MISSION』(2013)以来、ジャスティン・リンが監督がファン超待望のシリーズ復帰を果たし、新作でもメガホンを取るということでファンは期待を膨らませていた。

『Fast X(原題)』の撮影は現地時間2022年4月20日に開始され、米公開日は2023年5月19日に設定された。しかし、その6日後、主撮影開始から1週間も経たないうちに、リン監督がクリエイティブな相違を理由に監督を退任したことが発表された。しかし、彼はプロデューサーとして残ることになっている。ユニバーサルスタジオはすぐに後任の監督を探し、最新の報道では『インクレディブル・ハルク』のルイ・レテリエが彼の後任を務めることが決定している。

 

この投稿をInstagramで見る

 

The Fast Saga(@thefastsaga)がシェアした投稿

しかし、リン監督は、多くの人が思っているよりも少し長く『Fast X』から遠ざかっていたようだ。THRの報道によると、リン監督は4月23日にこの映画を正式に退任していたという。ユニバーサルが監督の降板に関する声明を発表する3日前、製作開始からわずか3日後のことだ。また、主演でプロデューサーのヴィン・ディーゼルと本作をめぐって大げんかになり、ドアをバタンと閉めた後、「この映画はもういい」と話し、リン監督はこの映画から足を洗ったのだという。またリン監督は「この映画は私の精神衛生上、価値がない 」と述べたと伝えられている。ユニバーサルはこれを真摯に受け止め、発表前日の4月25日までに、スタジオと監督はリンが退任することで和解にいたったようだ。

『ワイルド・スピード SKY MISSION』

『ワイルド・スピード』最新作、降板したジャスティン・リン監督に代わり、新監督が決定! メガホンを取るのは『トランスポーター』シリーズのあのフランス人監督

2022年5月4日
『ワイルド・スピード/ジェットブレイク(原題:Fast&Furious9)』

『ワイルド・スピード』最新作、監督交代でユニバーサルが超高額のコスト支払うハメに・・! なんと1日100万ドル?ジャスティン・リンの退任決断の影響大

2022年4月30日
『ワイルド・スピード/ジェットブレイク(原題:Fast&Furious9)』

ジャスティン・リン監督、『ワイルド・スピード10』撮影が開始した数日後になんと退任!その理由は「クリエイティビティの違い」・・・?監督は声明を発表

2022年4月28日
『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』©2019 UNIVERSAL STUDIOS

Amazon Prime Video、4月のラインアップを発表! 人気マンガをアニメ化した「SPY×FAMILY」や、劇場版『名探偵コナン』23作品、『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』、日本版「ベイクオフ・ジャパン」シーズン1など盛りだくさん

2022年3月30日
ジェイソン・モモア

ジェイソン・モモア、『ワイルド・スピード』10作目の出演について「しばらくやっていなかった悪役を演じることができて、とても楽しい!」自身が演じるキャラクターについても少しだけ詳細を明かす

2022年3月7日
tvgrooveをフォロー!