「オビ=ワン・ケノービ」出演のモーゼス・イングラム、差別や嫌がらせメールが何百通もきていることを告白! 主演ユアン・マクレガーはモーゼスを擁護[動画あり]

モーゼス・イングラム(左)、ユアン・マクレガー
モーゼス・イングラム(左)、ユアン・マクレガー

先日、ディズニープラスにて配信が開始された、『スター・ウォーズ』のスピンオフドラマ「オビ=ワン・ケノービ」。同作に主要キャラクターとして出演している女優のモーゼス・イングラムが、心無いDM(ダイレクト・メッセージ)が多数届いていることを明かした。

モーゼス・イングラムはドラマ「オビ=ワン・ケノービ」にて、女性尋問官のレヴァとして出演。向こう見ずで上官に反抗的だが、腕前は一級というキャラクターがストーリーの中で目立ち、重要な役柄だ。

そんな彼女はインスタグラムのストーリーに、嫌がらせDMのスクリーンショットの数々を投稿。「君は人種の多様性のためだけに雇われた」「なんで異星人(レヴァ)が黒人英語なんて使ってるんだ」などと、目をおおいたくなるような卑劣なDMを公開した。

モーゼスはこのDMのキャプチャーを公開した後、自身が喋っている動画を投稿。「こういうのが何百通もきてる。これに関しては誰も、何もできないの。だからこういうことが起こっているってみんなに伝えたかった。なんで伝えたかったかっていうと・・・正直よくわからない」と、嫌がらせメールが大量に来ていると告白。さらに「黙ってガマンするべきだって自分でも思っちゃったんだけど、私ってそういう性格じゃないから。だから、コメントとかで私をサポートしてくれる人に感謝を伝えます。それ以外の人は・・・変だよ(笑)」と話した。

これをうけ、『スター・ウォーズ』公式ツイッターアカウントはコメントを発表。「わたしたちはモーゼスをスター・ウォーズのファミリーに迎えたことが誇りですし、レヴァの物語を展開することが楽しみです。もし彼女に『私は受け入れられていない』と感じさせる人がいるのならば、言いたいことは一つ。『私たちは反乱(Resist)します』」「スター・ウォーズ銀河には2000万種以上の生物がいます。差別主義者になることを選ばないでください」と投稿した。

また、主演をつとめ、さらに製作総指揮でもあるユアン・マクレガーもスター・ウォーズのツイッターアカウントを通して動画を公開。彼は「オビ=ワン」がディズニープラスのオリジナル作品で最も見られたシリーズになったことに感謝のメッセージを送ったあと、モーゼスの話題に。「モーゼスに差別的なメッセージを送っている人がいると聞いて、心がとても痛い。彼女はすばらしい役者であり女性です。モーゼスはこのシリーズにとって欠かせない存在。こんなことが起こっているなんて気分が悪くなる」と語った。

「主演俳優として、プロデューサーとして、モーゼスをサポートします。彼女が大好きだ。もし君が彼女に嫌がらせメールを送っているとしたら、君は僕の中でスター・ウォーズファンではない。この世界に人種差別の居場所はない。モーゼスを完全に支持します」

『スター・ウォーズ』シリーズといえば、過去にもアフリカ系俳優のジョン・ボイエガベトナム系女優のケリー・マリー・トランが、ファンからひどい嫌がらせを受けている。ケリー・マリー・トランはそれを理由に、SNSをやめてしまった。

「オビ=ワン・ケノービ」

『スター・ウォーズ』スピンオフドラマ「オビ=ワン・ケノービ」、じつは主演のユアン・マクレガーとゆかりのある人物がカメオ出演していた! ユーモアたっぷりのセリフに、ファンも大盛り上がり[※ネタバレあり]

2022年5月31日
リーアム・ニーソン

リーアム・ニーソン、『スター・ウォーズ』アニメ版スピンオフでクワイ=ガン・ジン役を再演! 実の息子と共演も実現

2022年5月31日
「オビ=ワン・ケノービ」

『スター・ウォーズ』の新ドラマ「オビ=ワン・ケノービ」、あの人気ロックバンドのメンバーが登場! じつは監督とゆかりのある人物だった・・?[※ネタバレあり]

2022年5月31日
ジュード・ロウ

『スター・ウォーズ』新作ドラマに『ファンタビ』ジュード・ロウが出演決定! 気になるタイトル、設定は・・?

2022年5月27日
ヘイデン・クリステンセン(左)、ユアン・マクレガー Photo: @allthingskenobi

『スター・ウォーズ』の新作「オビ=ワン・ケノービ」に続編の可能性!? 主演ユアン・マクレガーは「僕だったら・・・」

2022年5月24日
tvgrooveをフォロー!