ニュー・ホープ・クラブ最新インタビュー到着![前編] 待望の新曲はなんと2曲同時リリース! 来日公演直後にはじまったパンデミックが彼らに与えた影響とは…?

NEW HOPE CLUB
NEW HOPE CLUB (c)Clare Gillen

イギリス出身の3人組人気バンド、ニュー・ホープ・クラブの最新インタビューが到着。6月に待望の新曲「Getting Better」「Girl Who Does Both」を同時リリースする彼らが、新アルバムにかける意気込みや2019年に来日した際の忘れられない思い出を語ってくれた。


――2019年11月に東京でツアーを終えたあなたたちにとって、2020年は重要な一年になるはずでしたよね。なのにデビュー・アルバム『New Hope Club』の発表から1カ月が経った時点でパンデミックが始まるという不運に見舞われました。最初のロックダウンに突入した時、どんな気分でしたか?

ジョージ・スミス(以下G):もちろんものすごく奇妙な気分だったよ。自分たちがリリースしたファースト・アルバムについては、すごく誇りに感じている。そして世界中をツアーして回ったり、アルバムに関連して色んなことをやろうと考えていた。だから、何もかもシャットアウトしてしまって、地元に帰らなければならなかったのは奇妙な気分だったな。

ブレイク・リチャードソン(以下B):分からないことが多かっただけに、怖くもあったよ。どれだけ長く続くのか見当がつかなかったからね。何しろ当初は、「まあ3カ月ってところだよね。3カ月経てばまたツアーを再開できるよ」という程度に考えていた。そもそも僕らはこれまで、活動を休んだことがないんだ。15~16歳の頃からずっとツアーをしていたから、いきなり実家に帰って家族と過ごすことになって、これまで5年間の体験がどんなことを意味するのか、色々とじっくり考える時間も得ることができた。そしてあの期間の僕らに可能だったことは、曲を書くことだけだった。曲を書かなければ、じゃあほかに何をするのかっていう話だよね。だから僕らはソングライティングに気持ちを集中させることにした。これまで体験してきたことを題材にして。そういったことって、もしずっとツアーを続けていたら、常に慌ただしい状態にあるから、まず考えなかったと思うんだ。そんなわけでバンドとして、そして友人として、兄弟愛に結ばれた僕ら3人は、普段なら話しにくいように感じることもちゃんと語り合えるようになって、絆を深める機会にもなったと思う。結果的には人間として、大人として、あの期間に成長できたんじゃないかな。そして自分たちらしさを確立したと思う。そのことが新曲からも感じ取れると思うんだ。今回の僕らは、ひたすら自分たちに正直であろうと意識していた。とにかく誠実でありたくて、そして楽しみたかった。今まではこんな風に音楽を作る時間的余裕がなかったんだよね。ほかの人を模倣するのではなくて、とにかく最高の時間を過ごして、思う存分楽しんで……。

G:中途半端なことはやらずに、毎日、毎秒、全力で音楽作りに集中しようと試みたんだ。ブレイクが言ったように、それが曲に表れている。こうして話しているだけでも、今後控えているプロジェクトや新しい音楽に、僕らはすごく興奮させられるからね。ファンのみんなも、新曲の全編を聴いてもらえた時には、僕らと同じくらい興奮してくれるよう願っているよ。だから今は僕らにとってすごくエキサイティングな時期だし、自分たちがここまで成長できたことを誇りに感じている。ニュー・ホープ・クラブの新しいステップ、新しい時代に興奮していて、この先2年くらいはすごく充実した時期になるんじゃないかな。

B:いや、2年じゃなくて、20年だね。

G:うん、20年だ。それとも200年かな?(笑)

――ふたつの新曲について伺います。6月に「Getting Better」と「Girl Who Does Both」が同時にリリースされます。2曲同時に送り出そうと思った理由は?

G:2曲を同時にリリースすることにしたのは、僕らがオールドスクールなバンドをお手本にしているからなんだよ。例えばザ・ビートルズだったり、アナログのシングル盤をリリースしていたわけだけど、A面にシングル曲が入っていて、ひっくり返すとB面にもう1曲は入っているという。僕らにとっては、それと同じことをやれるんだというアイデアそのものがエキサイティングだった。それで今回は、自分たちの影響源を反映させて、そういうアイデアに則った作品を作ってみた。僕らにとっては少し古風な試みをして、先輩にあたるアーティストたちにオマージュを捧げたような感じだね。彼らと同じようなことをやっているんだけど、現代に相応しい形にアップデートしたのさ。

B:それに僕らはずいぶん長い間新曲をリリースしていなかったから、1曲じゃなくて2曲まとめて聴いてもらおうと思ったんだ(笑)。

G:「2曲あっていいじゃん」って感じだね(笑)。

――前者はファンク、後者はボサノヴァ調のアコースティック・ソングで、どちらも今までになかったタイプの曲です。共通するのはすごく夏っぽいということだと思うのですが、生まれた経緯やインスピレーション、曲に込めたメッセージなどなどを教えて下さい。

リース・ビビィ(以下R):そうだな、僕らにとってセカンド・アルバムは、かなり力強くポジティヴィティのメッセージを打ち出す作品なんだ。今現在僕ら3人がそれぞれの人生において立っている場所、自分たちのキャリアにおいて今立っている地点、そしてパンデミックに関連して起きている色んなことを踏まえると、さっきも言ったように僕らは奇妙な移行期にあったんだよね。かなり短い時間内に、まだキッズだった僕らは大人になったわけだ。今回はラッキーにも、マネージャーからもレーベルからもクリエイティヴな面でやりたいことができる自由を与えられていたから、このアルバムを制作する上で、非常にクールでユニークなチャンスを手にしていた。だったら、何らかのポジティヴィティを世界に送り出すことが僕らの役目なんじゃないかと感じたんだ。そういう意味で、「Getting Better」はアルバム全体に込めた想いを具体化していると思う。だからこそこの曲がアルバムからのファースト・シングルになって、自分たちが広めたいメッセージの全てが凝縮されているんだよ。僕らにとって人生はどんどん良くなっているし、プレッシャーもなかったし、とにかく楽しんで、自分たちのルーツに立ち返ることができた。そして、そもそも僕らがなぜ音楽活動を始めたのかという動機を確認できたんだよね。「Getting Better」はそういう曲だよ。

@newhopeclub

Check out our sounds for new music ? #fyp #newmusic #gettingbetter

♬ Getting Better - New Hope Club

G:そして「Girl Who Does Both」はどういう曲かと言うと……。

B:これは曲なんだ!

G:究極的には歌詞を読めばすごく分かりやすいと思う。だから、もしよかったら聴いて欲しいんだけど……。

B:邪魔してごめんね。

G:いや、大丈夫だよ。これはつまり、自分のパートナーに心を許すことについて歌っている。町に出かけて思い切り遊ぶのもいいし、逆に、家でベッドの上でゴロゴロして過ごしてテレビを観ているのも楽しいし……。

R:僕らそれぞれのガールフレンドに宛てた、ラヴレターでもあるよね。

G:そうだね。

R:出かけて遊ぶのも、家でパジャマを着て、テレビを観ながら一緒にチルアウトするのも、どんなシチュエイションでも一緒に楽しめるガールフレンドに。

B:作った当初はすごくアップビートで、ハイペースで、ヘヴィとも言える曲だったんだ。ギター・サウンドがヘヴィでね。でも3人でアコースティック・ギターだけでプレイしていたら、歌詞が素晴らしくて、ヘヴィなギターとヘヴィなドラムがその歌詞の邪魔をしているんじゃないかと感じたんだ。で、2~3カ月前にLAに行った時にこの曲と改めて向き合って、違うプロダクションで作り変えようという話になった。そして、今まで一度もこの曲をプロデュースしたことがないつもりになって、やり直してみた結果、ポール・サイモンぽいヴァイブに辿り着いたんだよね。だからすごくクールなことだと思う。

G:それって、パンデミックの前はやったことがなかった。一旦曲を書き上げたら、それで完成って感じで。それがリリースされたり、リリースされなかったりしたんだけど、今回に関しては、自分たちに自信が生まれて、曲そのものが本当に気に入っていたからこそ、「これはいい曲だよね。自分たちが言おうとしていることを、僕らのメッセージを伝える手助けをしてくれるよね。だったらもう一度納得が行くまでやろうじゃないか」と、改めて曲を練ったんだ。自分たちがやりたかったことを100%表現した。一旦作った曲を再考して、異なる方法でアプローチし、異なるエキサイトメントを得られるようになったというのも、僕らにとってはすごく大きな学びだったよ。

@newhopeclub

New music who’s this? Check out our sounds to hear them first ? #fyp #newmusic #girlwhodoesboth

♬ Girl Who Does Both - New Hope Club

――3人共ソングライターとして同じだけ貢献をしているんでしょうか?

G:そうだね。みんな仲良しだから(笑)。

(来日した時の思い出は・・? 後編に続く↓↓)

NEW HOPE CLUB

ニュー・ホープ・クラブ最新インタビュー到着![後編] 気になる2枚目のアルバムの最新情報をちょい出し! 日本での一番の思い出は・・?

2022年6月20日

New Hope Club - Girl Who Does Both (Official Video)

New Hope Club - Getting Better (Official Video)

NEW HOPE CLUB

イギリス出身の3人組。全員がソングライターでヴォーカルを担当し、複数の楽器を演奏する。アンセミックでアコースティック・ギターが主導するポップ・ミュージックを作ることを使命とし、明るく爽やかなポップにエレクトロニックやR&Bの要素を持ち込んだ曲は、世界各国で人気急上昇中。

主に影響を受けたアーティストは、ザ・ビートルズ、オアシス、キャットフィッシュ・アンド・ザ・ボトルメンなど。3人とも音楽的な家庭に育った。リースはベース、ギター、ドラムを演奏し、ジョージはギター他8種類の楽器をマスターしていて、ブレイクはギター、ピアノ、ウクレレを弾く。

2015年夏に出会い、ジョージの家のリビングルームでオアシスの曲などをジャムっていたが、次第に3人で曲を書くようになった。2016年ザ・ヴァンプスのツアーに参加し、ザ・ヴァンプスのステージのゲストとして10,000人以上の観客の前で初ライヴを行った。

2017年5月デビューEP「Welcome To The Club」リリース。、2018年10月セカンドEP「Welcome To The Club Pt. 2」(UK、ドイツ他10カ国のiTunesで1位を獲得)、その前後にもシングルをコンスタントに配信リリース。2017年10月、ザ・ヴァンプス来日公演のスペシャル・ゲストとして初来日。2019年11月初の単独来日公演(ソールドアウト)に合わせて日本限定CD「ウェルカム・トゥ・ザ・クラブ - EP」がリリース。2020年2月デビュー・アルバム『ニュー・ホープ・クラブ』リリース。

NEW HOPE CLUB 配信情報

配信リンクはこちら

シングル『Getting Better』配信中
「Getting Better」、「Girl Who Does Both」収録

主演作『ハリウッド・スターガール』がついに配信スタート! グレース・ヴァンダーウォール最新インタビューが到着・・ ずっと行きたかった日本で食べた忘れられない食べ物とは・・?

2022年6月6日

エル・ファニングのインタビューが到着! 日本の一番の思い出は・・? ⼥帝エカチェリーナの愛と欲望の⽣涯を描く、ブラックユーモアをちりばめた宮廷ドラマ「THE GREAT 〜エカチェリーナの時々真実の物語〜 シーズン 2」、5月9日独占日本初放送スタート

2022年5月10日
『ブロードウェイ ドリーム!』 ジョシュア・バセットとリサ・クドロー ©2022 Disney Enterprises, Inc.

『ブロードウェイ ドリーム!』リサ・クドローにインタビュー! 実は自身もオーディションに落ちまくっていた!? 意外な苦労時代が明らかに

2022年4月7日
セイレム・イリース

TikTokで大ブレイク!セイレム・イリースにインタビュー! TOMORROW X TOGETHERとの楽曲作りはどうだった? 「Hey Siri」や「Coke & Mentos」など世界中の若者が共感できる歌詞が生まれたヒミツとは

2022年2月25日
AREA21

世界No.1 DJ マーティン・ギャリックスとメイジャーの新プロジェクト「AREA21」にインタビュー! ユニット名の由来、コンセプトが「エイリアン」の理由は? さらに来日を計画していることを明かす! 「日本は世界中で一番大好きなところ」

2022年2月17日

最新情報をGET!

tvgrooveをフォロー!