世界No.1 DJ マーティン・ギャリックスとメイジャーの新プロジェクト「AREA21」にインタビュー! ユニット名の由来、コンセプトが「エイリアン」の理由は? さらに来日を計画していることを明かす! 「日本は世界中で一番大好きなところ」

AREA21
AREA21

世界的人気を誇るプロデューサー/DJのマーティン・ギャリックスと、歌手/プロデューサーのメイジャーによる新ユニット「AREA21」にインタビューを実施した。

AREA21は、マーティン・ギャリックスとメイジャーの分身である、エイリアン・トラベラー2人(通称M&M)による共同プロジェクト。昨年の11月12日に待望のファースト・アルバム『グレイテスト・ヒッツ Vol. 1』をリリースした。

今回はそんなマーティン・ギャリックスとメイジャーの二人にインタビュー。結成の経緯から、ユニット名の意味、エイリアンをコンセプトにした理由。さらに個々の活動とプロジェクトの違いや今後の計画についてたっぷりと語ってもらった。

 

この投稿をInstagramで見る

 

AREA21(@area21)がシェアした投稿

 


楽しさ重視で自然に生まれたのが「AREA21」だった

ーー2人ともアムステルダムにいますか?

メイジャー:そうだよ、オランダだよ。一緒に音楽を作ったり、ライヴのリハーサルをやっているんだ。

ーー2人が初めて出会ったときの話を聞きましたが(LAのパーティで出会って、その後すぐに飛行機の中でまた遭遇した)、一緒に音楽を作ったり、AREA21というユニットを結成するに至った経緯を教えてもらえますか?

マーティン:僕の方の事情から言わせてもらうと、全く違った音楽をやれるってことに興奮したのが大きいと思うんだ。それまではエレクトロニック・ミュージックだけにフォーカスして、大きなフェスに出演したり、いわゆるEDMだよね、そういう音楽のことだけを僕は考えていた。

ところがメイジャーと一緒にやるようになってから、いろんな意味で開眼した感じなんだ。新しいサウンドに実験的に取り組んだり、ずっと長い間触ってなかったギターを弾いてみたり。うん、だからよりライヴ感に富んだサウンドだよね。そういう作業が凄く楽しくて一緒に始めたし、それは今でも変わらない。このプロジェクトのコア部分は、そこだと思うんだ。とにかく楽しいってことなんだ。

メイジャー:まったく同感だね。楽しいことを満喫する。それがこのプロジェクトの原動力だと思うんだ。僕たちは“エイリアンとか使ってクレイジーなプロジェクトをやろうぜ”とかって始めたわけじゃない。2人の中から自然に生まれたものなんだ。心を開いて可能性を追求している。制約を取り払い、新しいアイデアに挑戦し、楽しくやっていたら、そのうち凄くクールで“これって凄いんじゃない?”って思えるものが誕生して、ここまで来た感じなんだ。

ーーデビュー曲「Spaceships」のリリースが2016年で、その後幾つかシングルが発表されましたが、デビュー・アルバムの完成までにはかなり時間が掛かっています。当初から長く続けるプロジェクトとして考えていたのですか?

マーティン:最初から長く続けるとか、一生かけようとかは考えていなかったよ。とにかく2人で音楽を制作するのが楽しくて、音楽って、そういうものじゃないかと思うんだ。人々を楽しくさせて、人々を繋ぐ。実際、僕たち2人も音楽で繋がれたわけだし、僕がしみじみ感動させられるのは、このアルバムの楽曲を作るのも楽しかったけれど、それを聴いた人々にもその楽しさが伝わって、みんなとも繋がれたと感じるときなんだ。熱い気持ちがわき上がってくる。大切なことだと思うんだ。

メイジャー:まったくその通りだと僕も思うな。エイリアンはまだ地球に到着したばかり。物語は始まったばかりだよ。これからもっといろんな冒険が待ち受けている。一生分くらいはね(笑)。

【動画】AREA21 - Mona Lisa (Official Video)

コロナ禍にアルバムを発表した理由&伝えたいメッセージ

ーーコロナ禍でパンデミックの影響などもあり、ツアーやプロモを行うのが困難なこの時期に、なぜアルバムを発表しようと考えたのですか?

マーティン:理由は2つあって、まず1つ目はAREA21だから2021年にリリースしたかったということ。2つ目はコロナ禍でいろんな面で制約を受け、人間らしい交流が減ってしまった。人間同士の触れ合いって絶対に必要だし、僕たちの力で少しでもみんなを元気づけれないかと考えたんだ。

あと、みんながスマホと睨めっこばかりして、SNSなんかで他人と比較ばかりしているから、僕たちがエイリアンとなり伝えたかったんだ。見映えなんてどうでもよくて、ひとりひとりがユニークで、そのままでスペシャルだってね。エイリアンにとっては、スマホばっかり眺めているのは理解できないし、国境がなぜ存在するかも謎なんだよ。コロナ禍でみんなの意見がいっそう分断されていることもある。

だから確かにコロナ禍ではプロモも容易じゃないし、人々が求める音楽もコロナ禍以前の懐かしい音楽に戻る傾向があるようだけど、僕らはサウンド的にもメッセージ的にもみんなの元に届けるには、これが正しいタイミングだと考えたんだ。

個々の活動とユニット活動の違い

ーーマーティン・ギャリックスさんとメイジャーさんはソロとしても活躍してきていますが、ソロでの音楽と、今回のユニットとしての作品作りの違いを教えていただけますか?

マーティン:メイジャーと一緒にやるときはルールがないんだ。部屋の中を駆けずり回ったり、踊ったり、カウチの上で飛び跳ねたり。ギターを持ち出してジャム・セッションをやったり。旅行中にもいっぱい曲を作ったかな。僕にとってこのプロジェクトが違っているのは、考えすぎないで、感じるがままにやっていることだと思う。

マーティン・ギャリックスとしてのセッションではスタジオに入る前に、どういうサウンドにしたいのか、何をゴールに定めるのかなど、成し遂げたい目標が決まっている。コラボする相手の音楽をしっかり聴き込んでおいたり、その相手のサウンドや歌に僕としては何をプラスできるのかなど、ついつい考えすぎてしまうんだ。事前に分析して、セッションに入るまでに計画、目標、アイデアなどが決まっている。でもAREA21のセッションでは、一緒に長くやってるせいかもしれないけど、何も考えないで制作できる。そこが凄く楽しいところなんだ。

メイジャー:僕も同じだね。マーティンの言ってくれた通りだよ。

【動画】YouTubeのコメントに回答するマーティンとメイジャー

 

コンセプトが「エイリアン」になった理由

ーーこのプロジェクトのコンセプトである、宇宙を旅していたエイリアンが地球に不時着、というのを思いついたのはどちらなんですか?

マーティン:2人で一緒に考えたんだ。前に使っていた僕のスタジオが宇宙船みたいなデザインで21階にあったからAREA21という名を付けたんだ。それにデビュー曲が「Spaceships」だったから、“それなら僕たちはエイリアンになっちゃおう”と考えて、エイリアンの絵を描いて、以来そのコンセプトなんだ。

メイジャー:僕にとっては音楽って、いつも他の惑星から聴こえてくるような気がしているから。だからエイリアンによる音楽は、ごく自然なことなんだ。

アルバム名は"ノリ"でつけた!?

ーーアルバムのタイトルに『グレイテスト・ヒッツ Vol. 1』と付けた理由は、“地球上のすばらしいアルバムの多くに付けられているタイトルだから”とのこと。おもしろいけれど、混乱させられます(苦笑)。おそらくそこが狙いだと思うのですが、このタイトルを思いついたのは?

マーティン:どっちかな? よく覚えてないなぁ(笑)。でも笑えるタイトルにしたかったのと、好きなアーティストたちのアルバムには、必ず『●●グレイテスト・ヒッツ』と書かれているのを見て、僕たちエイリアンが早とちりして“ならそれで行こう”と考えちゃったんだ。そんなタイトルのベスト・アルバムを出すには、それまでに何枚もアルバムを出してなきゃ、なんて知らなくてね(笑)。

メイジャー:他の人たちがやらないことをやってみるっていうのが面白いと思ったし、既成のルールを無視して”グレイテスト・ヒッツってタイトルにしちゃおう”ってノリだよね(笑)。

ーー他にタイトルのアイデアはなかったんですか?

マーティン:う~ん、これだけかな。

メイジャー:他にはなかったと思うな。

マーティン:バカバカしくて最高じゃないかと思ったし(笑)。

メイジャー:とにかく2人で大笑いしたよ。それがみんなにも伝わるといいなって思うしね。

ーーマーティンにとってはパーマネントなヴォーカリストをもつのは初めてじゃないかと思うのですが、毎回違ったヴォーカリストと仕事をするのと、メイジャーのひとりだけと仕事をするのとではどう違っていますか?

マーティン:うん、すごくアプローチが違っているよ。僕がデモを作ったり、メイジャーも時々デモを作ったりするんだけれど、“これはちょっとAREA21向けじゃないな”と思ったらマーティン・ギャリックスの曲として使うこともできる。

実際、今度リリースされるマーティン・ギャリックスの曲はメイジャーと一緒に書いたものなんだ。もっとアップリフティングなタイプで、AREA21向けというよりギャリックス向けの曲だと思ったからなんだ。“今度はフェス向けの曲を作ろうか”などと目標を決めなくても、自由にやってみて、あとから決めればいいから、すごく楽なんだ。それに同じ声を使って仕事をするってことは、曲によってどんなふうに彼の声を変えようかって、いろいろと試したりできるから僕にとってはすごく興味深いんだ。

曲の一部を取り出して、コードや音程などを変えたり、ディストーションを掛けたり、オートチューンを使ってみたり。大変なこともあるけれど、アルバム1枚を通して楽しんでもらうためには、色々と工夫が必要だからね。メイジャーの最高の声を使って、いろいろ試したり。ネクスト・レベルに高めてくれる。

【動画】AREA21 - All I Need (Lyric Video)

ーーメイジャーにとっては、AREA21の楽曲制作は違っていますか?

メイジャー:マーティンも言ってたように、このプロジェクトでは、すごく密な関係でコラボしているから、まずそこが違うよね。歌詞とメロディ、音楽が同時に降りてくるって感じかな、そういう曲作りなんだ。こういう体験ができるのは嬉しいし、自分自身を外から眺めているような気分だったりもする。自分たちを介して曲が誕生しているようで、僕らはその手助け役のような感じがするよ。

影響を受けたアーティスト

ーーAREA21が影響を受けたアーティストには、どのような人たちがいますか?

マーティン:ファレル・ウィリアムスとアウトキャストだね。

メイジャー:僕はボブ・マーリーかな、他にも偉大なるアーティストがたくさんいるよ。ローリング・ストーンズやU2など、人々を繋げる音楽を生み出している人たちだね。ビートルズもそうだし、あらゆるスタイルの音楽から僕たちは影響を受けている。僕は2パックからの影響もあるし。

ーー素顔を見せずにアニメを使うという点に関しては、ゴリラズやダフト・パンクの影響もありましたか?

マーティン:もちろん100%そうだよ。ゴリラズの音楽とアニメを融合した見せ方はとてもユニークで他とは違っていたと思うし、ダフト・パンクもそうだよね。斬新で画期的だった思うんだ。今でもギャリックスのショウでは彼らの「ワン・モア・タイム」をいつも掛けている。僕たちの音楽も、そんなふうにタイムレスに聴き継がれるものであってほしいと思っているし、サウンド面のみならずリリック面においても、10年20年30年後でもAREA21を耳にして、時代を超えて愛されるとうれしいよね。これからはもっとデジタルやVR、メタバースなどが進むだろうから。

AREA21

AREA21

ーーパーティ・チューンのみならず、「Followers」のような現代のソーシャル・メディアに関する問題なども取り上げています。SNSとはどんなふうに付き合っていくべきだと思いますか?

メイジャー:SNSにはいい面と悪い面とがあると思うんだ。いい面は、友人や家族と連絡を取ったり、世界の見聞を広めて探検したりできるのは、すごくいいことだと思うんだ。僕はミシガン州のデトロイト出身だけど、こうして音楽業に入れたのもソーシャル・メディアがあったから。実際にはそこにいなくても、ネットやSNSがあったから可能になったと思うんだ。でも、みんなが苦労していることもある。SNSのおかげで、みんなが…

マーティン:他人と比較したり。

メイジャー:そうそう、他人と比較したり、依存しすぎたり。ネットばかり見ていると、本当に何が大切なのか、現実を忘れてしまいがち。常に他人と比較したり、自分自身を批判して落ち込んでしまったり、他人が何をしているかばかり気にかけて、健全じゃないんだよ。だから僕たちはそういう点については警笛を鳴らしておきたかったわけだけど、何も全てを否定しようってわけじゃない。すばらしいツールであることも確かだよ。

マーティン:特にコロナ禍では、人々を繋いでくれた。健全なバランスを見つけることが大切ってことだよね。とにかく他人と比較し始めたらよくないと思うな。服装にしても、アーティストにしても、アートやサウンドのことにしても、どちらが上とか比較したり、数字を比べたり。そうなるともうお終いだよね。

みんなぞれぞれに道があり、進み方があると思うから、他人と比べてばかりいたら自分を見失ってしまう。“あっちの方がクール”だとか、”あっちの写真の方がクール”とか思っていたらキリがない。だって最高のローケーションで写した最高の写真しかみんなアップしないからね。SNSの上では誰もがハッピーに見えるから。でも、現実にはそんなのありえない。誰だって感情の浮き沈みはあるわけで、その現実とSNSとの違いを知っておくことが大切だと思うんだ。

【動画】AREA21 - Followers (Official Video)

エイリアンの立場から、地球の人々へ伝えたいメッセージ

ーー国籍や人種、性別などとは無縁のエイリアンの2人にとって、地球上の人々がやってることで不思議に映ったり、変だな、変わればいいのにと思うことはありますか?

マーティン:エイリアンから見て国境って何のため?ってすごく不思議だよね。地球は球体なのに、あえて線を引くなんて。どんな愛だって愛なのに。誰を愛しようと愛には変わりない。凄く見方が狭いというか、愛の形で区別しようとしてみたり。地球以外の星ではそんなの見たことないよ、とても不思議だね。誰を愛しようと自由だし、他人が決めることじゃない。それが全ての鍵じゃないのかな。こんなに分断してしまった世界っておかしいよ。外から見るとすごくクレイジー(苦笑)。

メイジャー:そういう視点で見ると、地球上の人々のやってること見えてくるよね。それを反面教師として学べることがあると思うんだ。僕たちには何ができるのか。

ーーマーティン・ギャリックスさんが出演した音楽イベント「EMC」に、AREA21がサプライズ出演し話題となりました。こちらのパフォーマンスはいかがでしたか?

マーティン:うん、EMCでは少しだけサプライズ・パフォーマンスを披露したよ。オーディエンスの反応はよかったはずなんだけど、作ったばかりのヘッドギアだったから、全然何も見えてなくて(笑)。目のことろが息でくもっちゃったんだ。

メイジャー:ライトもチカチカ眩しかったし。

マーティン:10分したら何にも見えなかったよね(笑)。

ーーマスクを被って歌うのは大変だったのでは?

メイジャー:でもマスクは口の上までしか被ってなかったから、マイクをちゃんとマスクの下に当てれば、歌うのはそれほど問題じゃなかったかな(笑)。

今後ツアーを計画中!

ーー今後のライヴの予定を教えてください。またどんなステージを計画していますか?

マーティン:ちょうどいまツアーのリハーサルをしているところ。フル・バンドでステージに立つ予定だよ。ドラム、ベース、キーボード奏者もいるし、僕はギターを弾いて、メイジャーはラップとヴォーカルを担当。また日程は分からないけれど、ツアーの準備をしているよ。

ーーマーティン・ギャリックスのDJセットの一部としての出演ではなくて?

マーティン:そういう形ではないよ。もしかしたら、そういうのも数回やるかもしれないけれど。僕のDJセットにメイジャーが歌で参加もあるかもしれないけれど。でも僕たちとしてはフル・バンドのライヴをちゃんと見てもらいたいんだ。みんなでジャム演奏しているセットをね。AREA21は、そのために作られた音楽だから。生ドラムにギターが入って、DJは無し。ギャリックスのショウとは全然違っているよ。

メイジャー:最高のライヴ・バンドにしたいんだ。ショーを観た人に何かを感じてほしいと思ってがんばっている。

マーティン:ちょうど今週は毎日フル・バンドでリハーサルをしていたんだ。とにかく僕はフル・バンドって言うのがうれしくてね(笑)。

ーー具体的にはいつ頃になりそうですか?

マーティン:コロナの状況次第というのがあるから、はっきりは言えないけれど、フェス関係の出演に関しては話を詰めているところ。ちゃんと決まったら、まずはストリーミングでライヴを披露したいと思うんだ。世界中のファンに観てもらって、それからツアーをスタートさせたい。

ーー今現在は、ヨーロッパやアメリカでライヴをするのは困難な状況ですか?

マーティン:アメリカに関しては、前よりやりやすくなったかな。でも来週予定されていた僕のヨーロッパは中止になっちゃった。オミクロン株は感染率は高いけれど、病床使用率はかなり下がっているようだから。うん、今年の夏には期待しているよ、世界中に行けると信じている。

ーーとなると、しばらくは地球上に留まるってことですね?

2人:うん、そのつもり(とニッコリ)。

 

この投稿をInstagramで見る

 

AREA21(@area21)がシェアした投稿

 

来日も計画中!「世界中で一番大好きなところ」

ーー日本にも来てくれそうですか?

マーティン:もちろんだよ。いまマーティン・ギャリックスとしての来日を計画をしているところで、AREA21としての来日も考えているよ。日本や東京は、僕が世界中で一番大好きなところだから。日本のファンの前でバンド演奏を披露できるといいな。

メイジャー:僕も同感だよ。日本のみんなの前でパフォーマンスができたら、それこそ夢みたい。

ーーここ数年、UFOなどの存在がリアリティとして感じられるレポートが多くありますが、どんなふうに見ていますか? もしかしてエイリアンの仲間だったり?

メイジャー:そうそう(笑)。

マーティン:ホントだよ、家族や友達が“こんにちわ”って来てくれてる(笑)。

メイジャー:僕たちは常に仲間のエイリアンとコンタクトを取っているからね。

マーティン:この前みんなで裏庭でBBQもやったしね(笑)。

ーー他のバンドのメンバーもエイリアンなのですか?

マーティン:うん、彼らもエイリアンだと思うし、凄く優れたミュージシャンでもあるんだ。ドラマーがブロン、ベースがグレン、キーボードがヴィンス。以前から一緒に仕事をしたことがある人たちで、ヴィンスと僕はもう6年ほど一緒にやってるよ。グレンもギャリックスの楽曲の多くでベースを弾いてくれている。ブロンはこれからリリース予定の曲で演奏してくれている。いまはみんなで一緒にジャム・セッションしたり、バランスを調整しているところなんだ。

メイジャー:あと地球上にいるアーティストで、他にもエイリアンの友人たちがいるんだよ。でも、まだ名前を明かせないって言うんだよね。みんなが想像しているよりずっといっぱいエイリアンの仲間がいるんだ(笑)。

マーティン:冗談抜きに、もうすぐ新しい宇宙望遠鏡の観測が始まるけれど、そこで何が発見できるのか、すごく楽しみにしているよ。

セカンド・アルバムの展望

ーー2022年の予定としては、ライヴ活動のほか、何か予定していますか? AREA21として新しい音楽も作っているようなので、次のアルバムも意外と早く聴けそうですか?

マーティン:できればそうしたいところだけれど、アニメーションの制作には、けっこう時間がかかるんだよね。もしアルバムが半年で完成したとしても、その後のシングル選びや、アニメの制作などの準備もあって。

それにファースト・アルバムはゲストはいなかったけれど、セカンド・アルバムでは僕たちがクールだと思う人たち全員と仕事をしようと考えている。その準備もあるし、アニメの制作を含めて時間が必要なんだ。あと今回のファースト・アルバムの制作で学んだのが、良いものを作るにはじっくり時間を掛けるってこと。急いじゃダメ。

音楽を作るのは楽しいけれど、何かと伝えるためにはアニメーションの制作など時間を掛けなきゃ。ファースト・アルバムでは、かなり時間がかかったんだ。でも、これからもシングルは順次リリースしていくつもりだし、長期間留守にしてまた舞い戻ってくるとか、そういう感じにはならないよ。

 

この投稿をInstagramで見る

 

AREA21(@area21)がシェアした投稿

ーーファースト・アルバムでは、アニメーションの制作に比べて音楽はかなり早く完成していたのですか?

マーティン:そうなんだけど、中にはギリギリになって編集した曲もある。たとえば「21」という曲が出来たのは、僕たちがアルバムを完成して納品しなきゃいけない週だった。もうアルバムの曲順も決まっていたけれど、「21」を加えたいと思ったから、代わりに他の曲を外したり。最後の最後まで改善の余地ってあるものだから。アニメの制作チームには、デモの段階から曲の構成、タイミングなどを伝えておいて、スケッチやストーリー・ボードの制作に取り掛かってもらうんだ。それらと並行させつつ僕らも曲を完成していく。

【動画】AREA21 - 21

ーーライヴではアニメも用いる計画ですか?

マーティン:おそらくアニメではなく、ライティングで魅せる感じかな。”うわ、こんなの観たことない!”っていうような、ビックリさせるライティングを考えている。オーディエンスの頭上をUFOが飛んだりとか、いろいろアイデアはあるんだけど、実際に実現できるかどうかだよね。それをみんなで考えたり、工夫しているところなんだ。

日本のファンへメッセージ

ーー最後に日本のファンへのメッセージと、このアルバムの聴きどころについて教えてもらえますか。

メイジャー:もちろん。日本のファンをはじめ、地球上の全ての人々に対して僕から伝えたいのは、みんなひとつってこと。みんながハーモニーを重ねることで、繋がりは強化されていく。愛することを忘れないで。

マーティン:僕からみんなに伝えたいのは、これまでのすばらしい応援に対して、どうもありがとう、という感謝の意です。AREA21はもちろん、マーティン・ギャリックスに対するサポートにも感謝しています。君たちの美しい国での体験が、僕にとって忘れがたい人生最高の想い出となっているのは間違いないし、AREA21で来日したときには、さらに多くの新しい想い出が作れるのではないかと期待しています。アルバムに関しては、このアルバムを聴いて、みんなが楽しんでくれることを願っています。みんながハッピーになって楽しんでくれて、踊り出したくなったり、気分が良くなり、何か感じてもらえると嬉しいです。どうもありがとう。(両手を合わせて日本語で)アリガトウ!

(インタビュー終わり)


リリース情報

AREA21 デビュー・アルバム『グレイテスト・ヒッツ Vol. 1』発売中

価 格:¥2,750 (税込)
品 番:UICH-1016

初回プレス盤限定封入特典:
・AREA21キャラクタ―・ステッカー(1シート4絵柄)
・AREA21オリジナルTシャツ抽選応募用シリアル・ナンバー

収録曲

  1. 21
  2. ラ・ラ・ラ
  3. ポゴ
  4. ノー・エンジェル
  5. ラヴィン・エヴリー・ミニット
  6. モナ・リザ
  7. オウン・ザ・ナイト
  8. フォロワーズ
  9. ヒューマン
  10. オール・アイ・ニード
  11. タイム・マシーン
  12. ゴーイング・ホーム
  13. ラ・ラ・ラ(Drove Remix)※日本国内盤CDボーナス・トラック

※Apple Music/Amazon Musicでは、ドルビーアトモスによる空間オーディオでお楽しみいただけます

視聴・購入はこちら: https://umj.lnk.to/AREA21ALBUM

関連ページ

マーティン・ギャリックスとメイジャーによるアルバムに関するコメントはこちら:https://www.universal-music.co.jp/area21/news/2021-11-12-3/

各楽曲に関するコメントはこちら:https://www.universal-music.co.jp/area21/news/2021-11-12/

これまでのAREA21ミュージック・ビデオのストーリーラインはこちら:https://www.universal-music.co.jp/area21/news/2021-11-12-2/

AREA21

世界No.1DJ マーティン・ギャリックスによる新プロジェクト「AREA21」、デビュー・アルバム発売記念イベントがプラネタリウムで開催! 宇宙にいるかのような圧巻の映像&爆音はまさに鳥肌 日本のファンへのメッセージも[イベントレポート]

2021年11月30日
AREA21

AREA21本人も登場!? 1stアルバム発売記念、オンライン・リスニング・パーティー開催決定! アルバム収録曲「タイム・マシーン」MVも本日14時公開

2021年11月12日

人気DJマーティン・ギャリックス、「UEFA EURO 2020」の音楽大使に任命&テーマソングを手がけることが決定! 「ぼくの人生で最大のプロジェクト」

2019年10月21日
マーティン・ギャリックス/(c)Louis van Baar

マーティン・ギャリックス、フジロックでもプレイした未発表曲「ホーム feat. ボン」をリリース! 更なる新境地への突入を示唆する楽曲に

2019年8月19日

世界No.1 DJマーティン・ギャリックスが、日本のチームラボでファン・イベント開催! 夢を追う人々へ感動的なメッセージを送る

2019年8月2日
マーティン・ギャリックス

マーティン・ギャリックス、足をケガし数週間先までショーを全てキャンセル! 来日はどうなる…?

2019年6月6日
tvgrooveをフォロー!