過去にテイラー・スウィフトのステージ乱入した男が殺人容疑で逮捕! テイラーが探していたストーカーか[動画あり]

テイラー・スウィフトが2015年に行ったコンサートのステージに乱入したことのある男性が今月、殺人容疑で逮捕された。

ABC Newsによると逮捕されたのはクリスチャン・エウィング(29)。彼は2015年、テイラー・スウィフトのコンサートステージに乱入し、彼女のセキュリティーガードにも暴力をふるった男だ。

米サンディエゴ警察は12月5日、目撃者からの緊急電話を受信。目撃者によると、エウィングは一人の男性を何かを使い強く殴っていたという。エウィングは警察が来る前に逃走。被害者はグレゴリー・フリーマン(57)という男性で、被害の3日後に亡くなった。

その後警察は12月21日にエウィングを殺人の容疑で逮捕。罪状認否は12月27日に行われる予定だという。

エウィングは2015年、テイラーが行ったコンサートに乱入し、セキュリティガードのデヴィッド・ダーキンさんに対し暴行。デヴィッドさんは重傷を負い、エウィングは2年間の保護観察処分を受けた。当時エウィングは「彼女を愛しているからやった」と証言していたという。

テイラーは今年行った「レピュテーション・ツアー」にて、ファンに知らせず顔認証システムを導入し、ストーカーを探していたことが発覚した。同メディアは、エウィングがテイラーの探していた人物である可能性もあると伝えている。

【動画】ステージに乱入したエウィング(2015年)