アナ・デ・アルマスが、マリリン・モンローの映画『ブロンド』で物議をかもしたNC-17指定について言及!彼女はどう思っている・・?

マリリン・モンロー演じるアナ・デ・アルマス
マリリン・モンロー演じるアナ・デ・アルマス

『ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密』などで知られるアナ・デ・アルマスが、マリリン・モンローを演じることで話題のネットフリックス映画『ブロンド』。本作は米国の映画規定で「17歳未満入場禁止映画」(not for children under 17)というNC-17指定がつき、物議をかもしていたが、これにアナ本人が反応している。

 

この投稿をInstagramで見る

 

A post shared by A N A D E A R M A S (@ana_d_armas)

本作は、マリリン・モンローの生涯を大胆に描く注目作。ノーマ・ジーンからスターの座に至るまで、公私でまったく違う姿を見せていたマリリンの素顔に迫る一本だ。本作は、発表当初から物議をかもしており、2019年に完成していたが、生々しい内容を理由に公開日をずらすなどしていた。

本作で注目されているのは、モンローが初めて映画のオーディションを受けるシーン。それが彼女のキャリアをスタートさせることにつながるのだが、そのオーディションでは、残念ながらハラスメントや性的暴力が行われたのだという。本作にはこうしたデリケートなテーマを描いているため、心配の声が上がっていた。

NC-17指定は、より一般的なRレーティングとは異なり、17歳未満でも大人の同伴があれば鑑賞できることを意味する。これにアナは、L'Officielとの新しいインタビューで、自身の意見を明かした。多くの人が言及しているほど、このレーティングは大したことではないと思っているようだ。「なぜそうなったのか、理解できませんでした。『ブロンド』よりずっと露骨で、もっと性的な内容の番組や映画はいくつもあります。でも、この物語を語るには、モンローの人生の中で、彼女をあのような結末に至らしめたすべての瞬間を見せることが重要なのです。それを説明する必要があった。キャストの誰もが、”不快なところ”に行かなければならないことを承知していました」とコメントした。

 

この投稿をInstagramで見る

 

A post shared by A N A D E A R M A S (@ana_d_armas)

『ブロンド』は、ネットフリックスにて9月28日独占配信。

ネットフリックス(Netflix)、2022年9月のラインナップを一挙発表! 「コブラ会」&「ダイナスティ」シーズン5や、アナ・デ・アルマス主演マリリン・モンローの生涯を大胆に描いた『ブロンド』など

2022年8月26日
ブラッド・ピット Photo: Image Press Agency/NurPhoto/Shutterstock

『ブロンド』プロデューサーのブラッド・ピット、キューバなまりで反発を受けるアナ・デ・アルマスを支持「彼女は驚異的な演技をしている」

2022年8月5日
アナ・デ・アルマスのインスタグラムより

映画『ブロンド』英語がなまっていて反発を受けたアナ・デ・アルマスをマリリン・モンロー財団が擁護!「すばらしいキャスティング」

2022年8月3日
マリリン・モンロー演じるアナ・デ・アルマス

『ブロンド』アナ・デ・アルマス、マリリン・モンロー役なのにキューバなまりの英語? ネット上で反発招く

2022年7月31日
アナ・デ・アルマス

アナ・デ・アルマス、女性版ジェームズ・ボンドの可能性!? 「その必要性は…」 アナ本人が言及

2022年7月26日
tvgrooveをフォロー!