エリザベス女王、孫ヘンリー王子がメーガン妃に「ベタぼれ」していることを心配していた!? 「メーガン妃を好きすぎるかもしれない」 女王がもっと気にかけていたこととは・・?

左からエリザベス女王、メーガン妃、ヘンリー王子 Photo: Matt Dunham/AP/Shutterstock
左からエリザベス女王、メーガン妃、ヘンリー王子 Photo: Matt Dunham/AP/Shutterstock

エリザベス女王は、ヘンリー王子メーガン妃に「ベタぼれ」していたことを心配していたようだ。

これは12月発売予定のガイルズ・ブランドレスによる最新著書「Elizabeth: An Intimate Portrait」の中で明かされているもの。

ガイルズ・ブランドレスは、女王が「ヘンリー王子は少し、メーガン妃を好きすぎるかもしれない」ともらしていたとし、「少なくとも私が知る限りでは、新しいサセックス公爵夫人(メーガン妃)について女王が言葉を発したのはここまでだった」とつづっている。

この本の中では、エリザベス女王が最愛の孫ヘンリー王子とメーガン妃の結婚を「心からよろこんでいた」こと、「メーガン妃のことが大好きで、多くの人にそのように話していたうえ、将来義理の孫娘となる彼女を歓迎するためにあらゆる手をつくしていた」ことが記されている。

また2020年1月、イギリス王室を離脱したヘンリー王子とメーガン妃は、その年の3月に出演したインタビュー番組にて王室批判を展開したが、エリザベス女王がこの内容にひるむことはなかったそうだ。

ブランドレスによると、女王はこの番組の「ナンセンスさ」や、夫妻が結んだネットフリックスとの大型契約よりも、ヘンリー王子が「元気でいること」を気にかけていたようだ。

ブランドレスは著書の中で、女王が「ヘンリー王子がカリフォルニアという地に落ち着き、本当に役立つことをみつけられれば」と願っていたと述べている。

また本の中では、ブランドレスが女王の体調について、「骨髄腫(こつずいしゅ/骨髄のガン)」をわずらっていると耳にしていたことも明かされている。

エリザベス女王は今年9月、96年の生涯に幕を閉じた。その死因は「老衰」と診断されている。

ヘンリー王子

「時限爆弾」とも呼ばれる英ヘンリー王子の回顧録、来年1月に発売決定! エリザベス女王の葬儀の章も追加され「毒」がてんこ盛り・・? 専門家が内容を大胆予想

2022年10月27日
ヘンリー王子と、メーガン妃

メーガン妃、エリザベス女王のティアラをめぐりダダをこね波乱を巻き起こしていた! 「ヘンリー王子も失礼極まりなかった」 2018年の結婚式での無礼な態度が暴露される

2022年9月28日
エリザベス女王とメーガン妃

エリザベス女王、メーガン妃のスタッフに対する態度を叱責していた! ヘンリー王子との結婚式前の数ヶ月前、女王が発した言葉とは・・・?

2022年9月27日
左からエリザベス女王、メーガン妃、ヘンリー王子 Photo: Matt Dunham/AP/Shutterstock

イギリス王室ヘンリー王子、祖母エリザベス女王の死はなんと「ネットの報道で知った」! フライトだけでなく確執も影響か

2022年9月25日
左からエリザベス女王、メーガン妃、ヘンリー王子 Photo: Matt Dunham/AP/Shutterstock

故エリザベス女王、ヘンリー王子夫妻の騒動に疲れはてていた!? 「考えたくもない」 王室ジャーナリストが明かす

2022年9月24日
ヘンリー王子

ヘンリー王子、エリザベス女王の死を知ったのは、王室の公式発表のわずか5分前だった・・・スコットランドへと向かう飛行機の中で告げられる

2022年9月20日
tvgrooveをフォロー!