英ロイヤルファミリー、海外へ滞在する際「必ず持っていかなくてはいけない」意外な服があった! このルールが始まった理由とは・・・?

キャサリン妃と、メーガン妃
キャサリン妃と、メーガン妃

英ロイヤルファミリーが、海外や遠くへ泊りがけで滞在する際に「必ず持っていかなくてはならない服」があるという。

Page Sixに対し王室史の専門家のジェシカ・ストロシュクが語ったところによると、女王たちは泊りがけの旅行の際、必ず“黒のアンサンブル”を持っていくという決まりがあるという。同人物は「英国王室のメンバーは、旅行の際は黒のアンサンブルを持っていくことは義務付けられている。君主やほかの上級王族が旅行中に亡くなる可能性を常に考えてのことです」と、旅行中に誰かの訃報が入った際、対応できるように黒の上下を持っていかなくてはならないと明かした。

このルールはエリザベス女王が1952年にケニアの王室訪問中に、父であるジョージ6世が亡くなったことから始まった。当時ケニアにいた彼女は適切な喪服を持ち合わせていなかったのだという。

ジェシカは「エリザベス女王は父ジョージ6世の突然の死後イギリスに帰ってきたのですが、適切な黒い服が飛行機に運ばれるまで待たなくてはならなかった。黒い服を待つより、単にスーツケースに入れておくほうがずっと楽で簡単だと考えたのです」と話している。

王族の海外滞在といえば現在、ウィリアム皇太子キャサリン妃はアメリカのボストンに3日間滞在中。2人は12月2日に開催されるアースショット賞の授賞式に参加し、受賞者に賞を授与したり、ウィリアム皇太子があいさつをする予定だ。この滞在でもキャサリン妃は黒のアンサンブルを持参しているといわれている。

キャサリン皇太子妃

英国王室キャサリン皇太子妃、光り輝くケープドレスで国賓宴席に出席! エリザベス女王やダイアナ妃が着用したティアラを身につける[写真あり]

2022年11月24日
英フィリップ王配(エディンバラ公爵フィリップ王配)

故フィリップ殿下、イギリス王室を描いたドラマ「ザ・クラウン」に法的措置を検討していた! 殿下が「非常に動揺した」問題のシーンとは・・?

2022年11月15日
故ダイアナ妃 Photo: Shutterstock

イギリス王室ドラマ「ザ・クラウン」新シーズンで、故ダイアナ元妃のあの有名ドレスを再現! しかし王室専門家の反応は微妙・・?

2022年11月11日
ダイアナ元妃と、チャールズ皇太子(1981年)

イギリス王室チャールズ国王、故ダイアナ元妃に「ぼくはゲイなのかもしれない」と伝えていた!? 夫婦生活拒絶の理由&2人の生々しい衝突ぶりが最新著書の中で明らかに

2022年11月9日

英国王室激動の1990年代を描く「ザ・クラウン5」と、女王のお気に入りから欲望三銃士に転落!お先真っ暗の放蕩息子アンドルー王子のドキュメンタリー「Prince Andrew: Banished」

2022年11月8日
tvgrooveをフォロー!