「Batwoman(原題)」がTVドラマシリーズ化決定! ルビー・ローズ主演、初のLGBTヒーロードラマ誕生へ

「Batwoman(原題)」
「Batwoman(原題)」

アローバースに登場していたルビー・ローズ演じるバットウーマンを主役として、「Batwoman(原題)」のテレビドラマが製作されることが決定した。

海外ドラマ「ARROW / アロー」「THE FLASH / フラッシュ」「SUPERGIRL / スーパーガール」などDCコミックの人気キャラクターが登場するアローバース。バットウーマンは2018年放送のクロスオーバーエピソード「Elsewords」に初登場した。

そしてついに、単独ドラマ化が実現。このシリーズは、バットウーマンことケイト・ケインを主役に据えたストーリーとなる。原作においては初代キャシー・ケインに次いで、2代目のバットウーマンだ。彼女はレズビアンとして描かれており、実際にゲイの女優を探していたことから、性的志向が流動的であることを明言しているルビー・ローズが抜擢された。

ルビー・ローズに加えて出演者は、ダグレイ・スコット、レイチェル・スカーステン、ミーガン・タンディら。人気ドラマ「 ヴァンパイア・ダイアリーズ」の脚本家で知られているキャロライン・ドリーズがパイロット版を担当する。

【動画】海外ドラマ「Batwoman(原題)」ティーザー映像

ちなみにテレビ局である米CWは、「Batwoman」に加えて新作ドラマ2本のシリーズ化を発表。アーチー・コミックスに登場するキャラクターを描く「リバーデイル」のスピンオフとなる「Katy Keene(原題)」と、推理小説「少女探偵ナンシー」シリーズのドラマ化「Nancy Drew(原題)」の製作を明らかにしている。

「アローバース」作品群誕生のきっかけとなった「ARROW/アロー」は現在第7シーズンの放送中であるが、第8シーズンで終了することがすでに発表されている。しかしこのシリーズの終了が「アローバース」の終了でないことを強調しており、「バットウーマン」は新しい時代へと移り変わるきっかけとなるだろうと考えられる。

「ファンタスティック・ビースト」3作目は2021年11月に全米公開決定

2019.04.30

ディズニーの新ストリーミングサービス「Disney+」11月スタートへ! スカーレット・ウィッチ&ヴィジョン単独ドラマ「WandaVision」が正式発表

2019.04.12

海外ドラマ「ARROW/アロー」シーズン8での放送終了が決定! 「アローヴァース」は継続

2019.03.07

NETFLIX発ラブコメ「キスから始まるものがたり」の続編製作が決定! 主要キャスト続投へ

2019.02.16

米CW、「スーパーナチュラル」、アローヴァース各作品の次シーズン更新を発表

2019.02.05