ボクシング世界チャンピオンのフロイド・メイウェザー、日本の格闘技イベント「RIZIN」で那須川天心に圧勝! ファイトマネーは10億円

フロイド・メイウェザー

ボクシング5階級制覇王者のフロイド・メイウェザー(41)が、日本の格闘技イベント「RIZIN.14」に出演。日本のキックボクサー那須川天心(20)に圧勝した。

12月31日(月)、日本のさいたまスーパーアリーナにて、大みそかの格闘技イベント「RIZIN.14」が開催。ボクシングの5階級制覇チャンピオンのフロイド・メイウェザーが出演し、キックボクシングの“神童”と呼ばれる那須川天心とエキシビジョンマッチを行った。

フロイド・メイウェザーは、50勝無敗の元世界チャンピオンで、史上初めて無敗のまま5階級制覇を達成した最強のボクサーと言われている。また現金を燃やしたり、高級車やプライベートジェットを披露したりと、彼のド派手なパフォーマンスもいつも話題となっている。

そんなフロイド・メイウェザーが「RIZIN.14」で那須川天心と対決。今回は公式戦ではなく、階級も関係のない、キックなしというルールで行われた。

試合がスタートするやいなや、時折笑顔を見せ、余裕の様子のメイウェザー。お互い何度もパンチを繰り出し、那須川が数回ダウン。そしてメイウェザーが1回2分19秒でTKO勝ちした。

メイウェザーに完敗した那須川は悔しい表情。肩を落とし、涙を流した。那須川は「無謀だと言われて闘った挑戦でした。結果は倒されてしまいましたが、後悔はしてません」とコメント。

またメイウェザーは「これは全てエンターテイメントだった。とても楽しかったよ。オレはまだ引退したままだ。またボクシングに戻ることは楽しみにしていない。日本のファンたちのためにやったんだ。オレは50戦無敗のままだ。また那須川も無敗のファイターだ!」とコメントした。

明らかな体格差で那須川にとって不利な試合と言われていたが、メイウェザーがここ日本で試合を行ったことに、大みそかは大盛り上がりとなった。またメイウェザーの今回のファイトマネーは900万ドル(約9億9000万円)だという。

tvgrooveをフォロー!