アリエル役に黒人女性を起用した実写版「リトル・マーメイド」に批判相次ぐ! 「#私のアリエルじゃない」のハッシュタグまで作られる事態に

ハリー・ベイリー

ディズニーが先日、実写版「リトル・マーメイド」の主人公アリエル役にアフリカ系アメリカ人歌手・女優のハリー・ベイリー(19)がキャスティングされたことを発表したが、これに関し批判が相次いでいるという。

今回アリエル役に抜擢されたハリー・ベイリーは、2018年のグラミー賞新人賞にもノミネートされた姉妹デュオ、クロイ&ハリー(Chloe x Halle)のメンバー。アリエル役決定に関し、本人は「夢って叶うのね!」と喜びの投稿をしていた。

しかしオリジナルアニメ版のアリエルは白い肌に赤い髪、青い目と完全に白人として描かれているため、黒人女性であるハリーのキャスティングに関し、一部のネットユーザーの納得がいっていないようだ。「#私のアリエルじゃない(#NotMyAriel)」といったハッシュタグも作られる事態となっている。

「ディズニーはリトル・マーメイドを台無しにした。オリジナルアニメに忠実になることはそんなに難しいの?女優さんに問題があるわけじゃなくて、ただアニメのアリエルに似ていないということ」

「ハリーをアリエルとして受け入れることはできない。似ていないもん」

これを受け、ディズニーの傘下にあるケーブルテレビ局「フリーフォーム」は声明を発表。「哀れな人々(リトル・マーメイドの挿入歌のタイトル)へ」と書き、オープンレターを投稿した。

「そう。『リトル・マーメイド』の原作の作者はデンマーク人。アリエルは・・・人魚。彼女は国際的な海の海底王国に住んでいて、泳ぎが大の得意(それでトリトン王をたまに怒らせるけれど)。論争になっているみたいだけど、仮にアリエルもデンマーク人だったとしましょう。デンマークには黒人もいるので、デンマークの人魚だって黒人になり得ます」「黒人のデンマーク人でも遺伝子的に赤い髪で生まれる可能性もあります。でもネタバレをすると、アリエルはフィクションの作品です。色々言われていますが、こんなに素晴らしく斬新で、才能あふれるハリー・ベイリーが起用されたのは感動的以外の何でもなく、“アニメ版に似ていない”と批判するなんて、なんと言っていいのやら・・・」と、ハリーを全面的に擁護した。

同作で監督を務めるのは、「メリー・ポピンズ リターンズ」など多くのディズニー映画も手がけているロブ・マーシャル。今回アリエル役のキャステイングに数ヶ月を費やしたというが、そんな監督もハリーを大絶賛。彼は「ハリーは精神、ハート、若さ、純粋さ、誠実さというレアな組み合わせをすべて持っている。さらに輝かしい歌声も。これらの全てが、アイコニックな役(アリエル)を演じるのに相応しいのです」と声明で綴っている。

Varietyによると実写版「リトル・マーメイド」で魚のフランダー役に映画「ルーム」「ワンダー 君は太陽」で知られるジェイコブ・トレンブレイ、カモメのスカットル役に、映画「オーシャンズ8」「クレイジー・リッチ」の女優オークワフィナが決定。悪役アースラ役として、「ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプラン」(2011)、「ある女流作家の罪と罰」(2018)などで知られる女優・コメディアンのメリッサ・マッカーシーが交渉中であると報じられている。

ディズニー実写版「ムーラン」初の予告編が公開! 米で2020年3月27日公開へ、龍のムーシューは登場せず[動画あり]

2019年7月8日

ディズニー・チャンネル「ジェシー!」「ディセンダント」のキャメロン・ボイス、享年20歳という若さで死去 遺族がコメントを発表

2019年7月7日

実写版「リトル・マーメイド」、アリエル役に19歳アフリカ系歌手ハリー・ベイリーが決定! 新しいプリンセスはどんな人物?[写真あり]

2019年7月4日

実写版「リトル・マーメイド」、フランダー役にジェイコブ・トレンブレイ、スカットル役にオークワフィナが交渉中

2019年7月2日

実写版「リトル・マーメイド」、悪役アースラにメリッサ・マッカーシーが交渉段階! しかしネットから疑問の声、別の「あのひと」を推す声も

2019年7月1日