セレーナ・ゴメスが腎臓を提供してもらった友人と連絡をとらなくなった理由 …借りがあると感じたくないから!? 「セレーナが腎臓を盗んだわけじゃない」(関係者)」!

フランシア・レイサとセレーナ・ゴメス

人気歌手/女優のセレーナ・ゴメス(27)が、去年ドナーとして腎臓を移植してくれた友人で女優のフランシア・レイサ(31)と現在連絡を取っていないと報道されたが、これに関し新たな証言が出た。

セレーナ・ゴメスは以前から自己免疫疾患の一種である全身性エリテマトーデス(ループス)を抱えていることを告白しており、その治療の一環として、去年腎臓移植手術を受けたことを公表した。セレーナの友人で女優のフランシア・レイサは、ループスを患う友人セレーナのため、自身の腎臓を提供することを決意。検査の結果フランシアの腎臓はセレーナにマッチし、手術は無事に成功した。

ある情報筋は「セレーナは再び元気になったらやりたいと言っていたこととと真逆のことをしました。セレーナはもうお酒は飲まないと明かしていたのに、お酒を飲んでいるんです」と話す。腎臓を提供したフランシアは、術後回復するまでに肉体的にも精神的にもとても過酷な日々を経験したため、セレーナの発言と行動の矛盾が許せなく怒ったのだという。そんな2人は最近連絡を取り合っていないそう。

今回Radar Onlineの新しい情報によると、関係者は「セレーナは腎臓の件のせいで、フランシアに何か借りがあると感じることに対し疲れてしまっていたんです。これ(腎臓を提供すること)はフランシアが決めたことであり、セレーナが勝手に盗んだワケではない」と説明。

またセレーナが飲酒をしていることにフランシアが怒っている件に関しても関係者は「そうですね、セレーナは時には飲みますが毎日ではない。ドラッグもやっていない。彼女が生きたいような人生を楽しんでいるんです」と、飲酒は過度なものではないと話した。

セレーナは現在フランシアとの意見割れを“気にしていない”といい、「彼女は誕生日を友人と共にイタリアで過ごし、仕事復帰にも意欲的。このナンセンスは今彼女にとって必要ないんです」と、フランシアと意見があわず連絡をとらなくなったことや、それにまつわる一連の報道は、ナンセンス、つまり、あまり重要でないものと考えているようだ。

セレーナ・ゴメス、腎臓を移植してくれた友人となんとケンカしていることが明らかに! その理由とは

2019年8月1日

なぜファンたちはいまだにジャスティン・ビーバー&セレーナ・ゴメスの過去の恋愛に執着するのか!? ふたりの恋愛の歴史を振り返り、その理由を分析

2019年8月1日

セレーナ・ゴメス、友人からのサプライズに思わず叫ぶ! キュートなリアクションは必見[動画あり]

2019年7月30日

セレーナ・ゴメス、イタリアでの美しいショットを公開! 「○○っぽく見えるように必死に撮ったわ」[写真あり]

2019年7月29日

27歳になったセレーナ・ゴメス、誕生日を祝福してくれたファンたちへ愛のメッセージを贈る! 「みんな一人一人に感謝したい」

2019年7月25日
tvgrooveをフォロー!