「ヴェロニカ・マーズ」シーズン4、7月26日Huluで配信開始

ヴェロニカ・マーズ
昼食会への招待状に添付されて来た「ヴェロニカ・マーズ」の写真。24歳で高校生を演じたクリステン・ベルだけに、当年39歳で28歳のヴェロニカを演じるのは朝飯前なのか?それにしても、若さの秘訣を知りたいものだ。

7月23日から始まった2019年夏のTCAプレスツアーは、8月8日午後、17日間のツアーを終えました。新作は追い追いレポートして行きますが、先ずは日本にもファンの多いドラマのリブート、リメイク関連のご報告です。

日本にもファンが多い「ヴェロニカ・マーズ」が、15年振りにシーズン4を再開することになりました。女子高生探偵ヴェロニカ・マーズ(クリスティン・ベル)の活躍を描いた青春ミステリー・ドラマは、2004年~06年に地上波局UPNで、2006年~07年にCWで放送されました。評論家は絶賛し、熱狂的なファンはつきましたが、視聴率は一向に上がらず、3シーズン64話で完となりました。その後、根強いファンがクラウドファンディングで資金を集め、2014年に劇場版が制作/公開されました。

[ドラマの舞台ネプチューンは架空の町だが、LAに引っ越した数年後に私の古巣オーシャンサイドで撮影されたシリーズ。海辺の町なので、当然サーフィンが盛んで、ネプチューンの雰囲気作りにもサーフィンのモチーフが使われている。(c) Meg Mimura]

Huluは新しいファンを増やすため、本年7月1日から地上波局で放送済みのシーズン1~3+劇場版を配信し、7月26日のシーズン4配信開始に繋げました。但し、シーズン4の逸話視聴が許されたのは大手の新聞と業界誌のみで、その他大勢の「雑魚」評論家には、寝耳に水!7月26日当日、TCA対象の昼食会が開催されましたが、「えー、今更?!」と余り歓迎されませんでした。又、肝心のベルは来場せず、クリエイターのロブ・トーマス、ジェイソン・ドーリング、ライアン・ハンセンの3人しか姿を現さなかったことも、不平不満の原因でした。ストリミーグ専門の会社は、制作費には法外な予算を注ぎ込みますが、本数がやたら多いため、マーケティングの予算がとれず、プレミアや記者会見等はNYのみに絞り、番宣活動を極力限定するようになったからです。

 

 

従って、1話も観ることなく、昼食会に参加した「雑魚」評論家達です。ヴァラエティ誌によると、故郷ネプチューンで、高校時代の彼氏ローガン(ドーリング)、高校で教鞭をとるウォーレス(パーシー・ダッグズ三世)、家業を継いだウィーヴル(フランシス・キャプラ)、刑事レオ(マックス・グリーンフィールド)等、お馴染みのキャラに囲まれて、父キース(エンリコ・コラントーニ)と私立探偵を続けるヴェロニカを全8話で描くとのことです。

[プレスツアー会場の中庭で行われた昼食会で、インタビューに応じるジェイソン・ドーリング(中央)。初対面から10年余り経つのに、全く変わらないドーリングにはいつも驚く。(c) Meg Mimura]

クリエイターのトーマスは、「シーズンを重ねて、アガサ・クリスティー風のミステリー・シリーズにしたい」と抱負を語りました。但し、ドーリングのファンには、悲しい結果が待ち構えています。

[バーにも、サーフボードやビーチらしい飾り付け。(c) Meg Mimura]

制作総指揮者の交替が功を奏した?ブラックユーモアに益々磨きがかかった「キリング・イヴ」シーズン2

2019年7月17日

今年もTCA賞のノミネーションを見て、ガッカリ!ガックリ!

2019年7月1日
心身共に鍛えて、闘いに挑むダイアン・ロックハート(クリスティーン・バランスキー)。シーズン3では、ダイアンのトランプ罷免願望は、更に私的な恨み辛みも加算されて、火に油を注ぐ結果に。©Patrick Harbron/CBS

「グッド・ファイト」3月14日よりストリーミング配信開始! 「魂の闇夜」から「激動」のシーズン3に移行、元気を取り戻したダイアンの闘いぶりは、爽快そのもの!

2019年5月4日
シーズン2の番宣ポスター © NBCUniversal

「Good Girls」シーズン2進行中! 「デスパ」2018年版は、泥沼から抜け出せない切羽詰まった女たちの足掻きを暗~く描く

2019年5月4日