ハリウッドなう

COLUMNS

2021年秋の期待作をご紹介 待ってました!「キング・オブ・メディア3」10月17日より放送開始 同族企業は3代で潰れると言うが. . .他人事だから面白いロイ一族の骨肉の争い!

世界中で人気を博しているHBO局のヒット作「キング・オブ・メディア3」が、漸く10月17日より放送開始となります。まずは、トレーラーをご覧下さい。 全世界で5位を誇る巨大メディア帝国ウェイスター・ロイコ社を情熱と努力で築…

COLUMNS

2021年秋の期待作をご紹介 「The Sinner 隠された理由4」10月13日に放送開始 米東海岸の陰鬱な孤島で繰り広げられるおどろおどろしい心理サスペンス アンブローズ刑事は遂に心の闇を曝け出す?

日本でも昨年6月よりNetflixで配信中なので、ご覧になった方もあるかもしれませんが、2017年、USA Network(ケーブル局)のオリジナルシリーズとして登場した「The Sinner 隠された理由4」が、いよい…

ビル・クリントン(クライヴ・オーフェン・左)には珍しく、22歳のモニカ・ルインスキー(ビーニー・フェルドスタイン)と大統領執務室で2年余りに渡って密会を続けていた。双方同意の不倫だったとは言え、27歳と言う歳の差と大統領と実習生と言う地位の格差を考えると、明らかにパワハラ=職権濫用だが、罵詈雑言を浴びて晒し者になったのはモニカのみだった。(c)Tina Thorpe/FXCOLUMNS

期待の「アメリカン・クライム・ストーリー」第三弾「Impeachment」9月7日から放送開始 政争の道具にされた女達のレンズを通して描くクリントン弾劾裁判 制作に関与したモニカ・ルインスキーは、23年前に押された烙印を消せるか?

去る8月20日に開催された2021年夏のTCAプレスツアーの「Impeachment: American Crime Story」バーチャル・パネルインタビューで、プロデューサーのブラッド・シンプソンは、「モニカをコンサ…

COLUMNS

2021年秋の期待作をご紹介 Apple+の力作「ザ・モーニングショー2」9月17日より配信開始 キャンセルカルチャーが強いる自己査定を描き、シーズン1を上回る出来映え

※「ザ・モーニングショー」シーズン2のネタバレがあります。 2019年11月1日、Apple+初の職場ドラマ「ザ・モーニングショー」3話の配信が開始されました。シーズン3までの更新は11月2週目に発表され、Apple+の…

COLUMNS

高級リゾートを襲うパワハラの津波!? HBOの新シリーズ「The White Lotus」は、持てる者と持たざる者の主従関係を暴く社会風刺劇 最終話放送前にシーズン2更新発表あり!

日本では、HBOと言う名のプレミアケーブル局が存在している訳ではないので、米国の誰もが描くHBOのカラーを説明するのは極めて困難です。地上波局やケーブル局が放送法でがんじがらめになって、生温い作品しか制作できなかった時代…

COLUMNS

ポスト・トランプ/ポスト・コロナの混沌とした米国社会を描く「グッドファイト5」配信中 既にシーズン6更新の発表も 益々好調のキング夫妻はCBSのお抱え契約5年延長

2016年の米大統領選の遺憾な結果が出た時点で、「グッドワイフ」のクリエイターチーム(ロバート&ミシェル・キング夫妻)のミシェルが「ダイアンを黒人(=黒人の黒人による黒人のための)法律事務所に放り込んだら、どうかしら?」…

COLUMNS

「レバレッジ~詐欺師たちの流儀」のリブート版大成功!新旧のコンビネーションが巧みに活かされ、痛快で時々ホロリの秀作

2020年9月15日に掲載した「パンデミックがもたらしたパラダイムシフト」の記事の中で、米テレビ業界史のパラダイムシフト4件の内、911同時多発テロ事件後の報道ニュースに辟易とした視聴者向けにケーブル局が制作するようにな…

COLUMNS

エプスタイン亡き後、被告ギレーヌ・マックスウェルに世間の目が集まる!「Epstein’s Shadow: Ghislaine Maxwell」ドキュメンタリー・シリーズ6月24日配信開始

かつては、「華麗なるギャッツビー」と呼ばれたこともある謎の成金ジェフリー・エプスタインが収監先で怪死を遂げた後(2019年8月)、行方を眩ましていたギレーヌ・マックスウェルが逮捕されたのは2020年7月2日のことです。マ…

「メイキング・ザ・カット2」COLUMNS

「メイキング・ザ・カット2」7月16日、プライム・ビデオで世界同時配信 舞台はロサンゼルス 

昨年3月27日に世界同時配信となったファッション・コンペ番組「メイキング・ザ・カット~世界的デザイナーを目指して~」は、「プロジェクト・ランウェイ」でお馴染みのハイディ・クルムとティム・ガンの「珍コンビ」が、アマゾン・プ…

COLUMNS

最終シーズン「サバヨミ大作戦」は、先ずパラマウント+で近日中に配信開始 ケーブル局で観ていたファンは当分御預けを食うことに

2020年12月11日に「益々猛威を振るうパンデミックに翻弄される米テレビ業界 ー コメディ、ドラメディー編」で取り上げた、2019年9月4日を最後に画面から姿を消してしまった「サバヨミ大作戦」の最新情報を入手しました。…

COLUMNS

尻切れとんぼドラマ近況報告 「グッドガールズ4」3月7日プレミア、「NYガールズ・ダイアリー5」更新

昨年12月18日「益々猛威を振るうパンデミックに翻弄される米テレビ業界 ― ドラマ編」、12月11日「益々猛威を振るうパンデミックに翻弄される米テレビ業界 ― コメディ、ドラメディー編」でご紹介したコロナ禍の犠牲となり尻…

COLUMNS

「ザ・スプリット 離婚弁護士」にシーズン3はあるのか?未だに更新発表がないことに不安が募る 尻切れトンボは勘弁してと、BBCに懇願しよう!

BBCとSundanceの共同制作「ザ・スプリット 離婚弁護士」は、米国ではケーブル局Sundanceで、本年5月21日~6月5日に全6話が放送されてシーズン2が終了しました。日本でも、10月1日からシーズン2が配信され…

COLUMNS

Wokeなキャラにつき合い切れないロマコメファンにお薦め!「LOVE LIFE」は 飄飄としたダービーがたおやかなアラサーに成長する過程を描く

「人種差別や社会問題に対して関心を持つこと、敏感でいること」をwokeと言います。特に、黒人が社会的不正、経済的不平等これまで米国社会が「臭い物には蓋」とひた隠しにして来た制度的人種差別(法律や社会構造レベルに組み込まれ…

COLUMNS

“パンデミー賞”(エミー賞)授賞式 納得の受賞者/作! 煌びやかさには欠けるが、よくがんばったで賞もの!

9月20日、LA現地時間午後5時から3時間に渡って、第72回エミー賞授賞式が開催されました。パンデミック収束の目処が立たず、天災、人災(政情不安、経済破綻など)に見舞われ、お先真っ暗などん底状態で開催されたテレビ業界最大…

COLUMNS

「SEX AND THE CITY」ファンに吉報!!ダーレン・スターの最新ロマコメ「エミリー、パリへ行く」10月2日 Netflixオリジナルとして全世界同時デビュー

「SATC」や「サバヨミ大作戦」で、日本でもお馴染みのクリエイター、ダーレン・スターがフランスで撮影した新ロマコメ「エミリー、パリへ行く」をご紹介します。カラフル、オシャレ、ロマンス山盛りと来た日には、ロマコメファンが飛…

COLUMNS

パンデミックがもたらしたパラダイムシフトですっかり様変わりした米国テレビ業界 もう始まっている「ニューノーマル」とは? お馴染みのドラマは11月までおあずけ!

3月16日に外出禁止令が出て、数ヶ月はおとなしく自宅待機していたカリフォルニア住民も、夏突入を告げるメモリアル・デー(5月25日)の声を聞いた途端、まるでたがが外れたようにビーチや公園に繰り出し、ソーシャル・ディスタンシ…

ザ・グレートCOLUMNS

ロシア・ロマノフ朝の啓蒙専制君主として34年君臨したエカチェリーナ2世を描く「ザ・グレート」 史実はそこここに散りばめて喜劇と悲劇の間を泳ぎ切るクリエイター、マクナマラの技 

前回、20年のTCA賞のノミネート俳優や作品をお知らせした際に、私が投票できずに涙をのんだエル・ファニング主演の「ザ・グレート」について触れました。今春デビューした新作の中で異色のドラメディー/ダークコメディだったにも関…

COLUMNS

何の抵抗もなく最終投票できた! 異例の2020年TCA賞 エル・ファニング、「ザ・グレート」に一票を投じられなくて、ごめんなさい!

新型コロナウィルスの蔓延で国の機能が完全に麻痺してしまったお陰で、今夏のTCAプレスツアーはキャンセルとなりました。何もすることがない夏になると嘆いていましたが、7月28日から8月11日までPBS公共放送とケーブル局及び…

homeCOLUMNS

黙示録のような悪夢の毎日に、一抹の光!安住の地を失くした私に、仮初めのオアシスを見せてくれた新ドキュメンタリー「ホーム」

新型コロナウィルスで必要以外の外出禁止令が出て、もう4ヶ月余りになります。私のように元々家に籠って仕事に励む隠遁者には、豹変したのは外界だけなのですが、肝心の身を置く場所、安らぎの空間が問題なのです。3年余り前までは、私…

COLUMNS

「ミセス・アメリカ」が描く米国二極化の起源 超保守派フィリス・シュラフリーは、オルタナ右翼派に支えられるトランプの前身!? 

私のトランプ嫌いは今に始まったことではありませんが、前回「グッドファイト4」で事細かに説明したように、同ドラマ開始以来、ダイアン・ロックハートと同様に喜怒哀楽(ほとんどが「怒哀」だけ)を身を以て体験し、希望も闘う気力も失…

COLUMNS

[ネタバレ]「グッド・ファイト4」は、トランプの悪政が法曹界に残した爪痕を描く 召喚状を無視するなど朝飯前!特権階級が牛耳る無法国家になり下がった米国の惨憺たる現況

※「グッド・ファイト4」についてのネタバレがあります。 2019年12月中旬から約8週間、トランプの弾劾公聴会および裁判が実施され、2020年2月5日に無罪評決で一件落着. . .と思っているのは、トランプ支持者と味方の…

COLUMNS

[ネタバレ]「キリング・イヴ3」プレミアを繰り上げ!予定より2週間も早くデビューしたのは、長期自宅待機で観るものがなくなった視聴者を激励するため BBCAmericaの粋な計らいはエミー賞に繋がるか?

※「キリング・イヴ3」についてのネタバレがあります。 3月中旬カリフォルニア州は、コロナウィルス感染を阻止すべく自宅待機令/外出禁止令を出しました。学校は勿論職場も閉鎖、街中はひっそりと静まり返り、かつて賑わったテーマパ…