映画「クリード 炎の宿敵」、ついに日本公開! 「『ロッキー』の物語が、新世代に委ねられる」とスタローンも太鼓判 [特別映像あり]

クリード 炎の宿敵

『ロッキー』シリーズの新章の最新作『クリード 炎の宿敵』が、本日1月11日(金)にいよいよ日本公開。本作より、新たな物語についてスタローンをはじめとしたキャストのコメントが満載の特別映像が公開された。

『ロッキー4/炎の友情』でロッキーの親友アポロの命を奪ったドラゴ。今、その息子同士の戦いが始まる。ロッキーの指導の下、世界王者に上り詰めたアポロの息子、アドニス・クリード。対するはドラゴの息子、ヴィクター。“殺人マシーン”と呼ばれた父から全てを叩き込まれた最強の挑戦者だ。宿敵を前に、過酷な試練が2人を待ちうける―。

今回解禁された映像は、『クリード チャンプを継ぐ男』の脚本、監督をつとめたライアン・クーグラーに代わり、新たなる物語を紡ぐべく本作を託された新鋭スティーブン・ケイプル・Jr.にフォーカスしたもの。

新たなる監督とともに、『ロッキー』シリーズの最新章となる『クリード 炎の宿敵』について、シルベスター・スタローンやマイケル・B・ジョーダンをはじめとしたキャストのコメントが満載の特別版だ。

【動画】映画『クリード 炎の宿敵』特別映像【新たなる物語編】

本作では『ロッキー4/炎の友情』でアドニス・クリード(マイケル・B・ジョーダン)の父アポロをリングに沈めたイワン・ドラゴ(ドルフ・ラングレン)が、息子を携えてアドニスとロッキー(シルベスター・スタローン)に挑戦状をたたきつけるところから始まる。

「期待に応えられないかもしれない」とアドニスが葛藤する本編シーンに続いて、マイケル・B・ジョーダンが「僕にとって初めての続編だった。ワクワクしながら役作りに励んだよ」と、役者としても初の試みがあったことと明かす。

「もう一人じゃないんだぞ」というロッキーの言葉の通り、アドニスは恋人ビアンカ(テッサ・トンプソン)と結婚し一児の父となり、新たな責任も伴ってくる。思わず胸が熱くなるドラマが観客を魅了する、新たな魅力についてジョーダンは、「2作目は物語を少し広げた。イワン・ドラゴと、息子ヴィクターが登場する。クリードとロッキーとの過去と敵意が、物語をさらに強烈にする」と自信をのぞかせる。

クーグラー監督からメガホンを引き継いだスティーブン・ケイプル・Jr.は、初の長編映画となる本作について「負け犬の物語は心に響く。戦いに挑み、情熱を失わない人間。そんな作品を監督できるなんて光栄だ」と、シリーズを通してテーマとなっている「何度負けても立ち上がる」スピリットに感銘を受けた。

ジョーダンは「スティーブンは、ライアンの推薦だ。ワクワクしたよ。一緒に素晴らしい作品を作りたいと思った」と、公私ともに親交のあるクーグラー監督の目に狂いはなかったと語る。ロッキーを演じ続けるスタローンは、「もう一歩先に進みたかった」と、自身も本作で脚本、製作をつとめた。

33年ぶりにイワン・ドラゴとしてシリーズに復活したドルフ・ラングレンも「彼は才能あふれる監督だ。この映画で躍進するだろう」と絶賛。監督がジョーダンやラングレンと、時には熱く時には和気あいあいと撮影する貴重なメイキングシーンが現場の雰囲気を伝える。妻となり、母となるビアンカを演じたテッサ・トンプソンは、「監督には独自の解釈があって、この映画でそれを伝えたいの」と厚い信頼を寄せる。

監督は「シルベスター・スタローンとライアン・クーグラー、偉大な二人から手渡された作品だ、やりがいがあるよ。二人に言われた『世界観を忠実に描きながら、自分だけの印を残せ』とね」と、新たな“クリード”に挑んだという。

そして、本作でロッキー役からの引退を宣言したスタローンは「『ロッキー』の物語が、新世代に委ねられる。素晴らしいよ」と、若きキャストと監督に今後を安心して託せると太鼓判を押す。最後にジョーダンが「監督はユーモアがあって、意志の強いリーダーだ。後をついて行きたくなる」と、期待の新鋭のさらなる活躍を予感させるコメントで締めくくっている。

公開情報

『クリード 炎の宿敵』
2019年1月11日(金)全国ロードショー
©2018 METRO-GOLDWYN-MAYER PICTURES INC. AND WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.

マイケル・B・ジョーダンが日本語で新年のごあいさつ!? 映画「クリード 炎の宿敵」キャストが日本のファンに向けて語りかける映像公開[動画]

2019.01.08

映画「クリード 炎の宿敵」、シルベスター・スタローン&マイケル・B・ジョーダンのコメント入りファン必見の特別映像が公開!テーマの一つである【家族】を描く見応えのあるドラマを紹介

2018.12.24