レディー・ガガ、性的暴行容疑のR.ケリーに関し声明発表! コラボ曲をiTunesから削除へ

歌手のレディー・ガガが、複数の性的暴行容疑で訴えられているR&BシンガーのR.ケリーと過去にコラボしたことを謝罪し、同曲を配信サイトから取り下げることを発表した。

R.ケリーは以前より、当時未成年だった少女に対する性的暴行や、彼が率いていた「セックスカルト」集団の疑惑などが問題となっていた。そして今月、米テレビ局Lifetimeは、ケリーの親族やスタッフを含む関係者およそ50人以上からの証言を集めたドキュメンタリー・シリーズ「Surviving R. Kelly(サバイビング・R.ケリー)」を放送。

ケリーの元妻や、かつて彼と交際していたという女性、彼が率いていたセックスカルトに参加していたが、耐えきれなくなって逃げ出してきたという女性の体験など、生々しい事実が明らかとなった。

TMZによると、2013年にR.ケリーとコラボレートした歌手のレディー・ガガは1月11日、長文で声明を発表。ケリーとコラボしたことに関し謝罪し、被害者女性へメッセージを送った。また、コラボ曲「Do What U Want(With My Body)」をiTunesを含むストリーミングサービスから一切削除することを発表した。

ガガの声明、一部抜粋

「私はこれらの被害女性の1000%味方です。彼女らを信じ、彼女らの苦しみや痛みを理解します。そして彼女たちの声が人々に届き、深刻さが伝わる必要があると強く感じています」

「自分自信も性的暴行の被害者であり、このR.ケリーとのコラボ曲を書きMVを作った時、私はまだ人生の暗い時期にいました。当時は極端に挑発的なものを作っていたのですが、これは私の中に怒りがあり、まだ(性的暴行の)トラウマから前に進めていなかったからです」

「過去には戻れませんが、前を向いてこれからも性的暴行に遭った女性、男性、全ての性的指向の方々、全ての人種の方々を支えていきます」

「これ(性的暴行)は、自分がされるまでどんな気持ちか理解できないのです。でも私は今自分の気持ちはわかっています。彼とのコラボ曲をiTunesや他のストリーミングサービスから取り下げ、彼と二度と仕事をしません」

「私の若かった頃の貧しい判断に関して、またコメントを出すのが遅くなりごめんなさい。愛しています」

R.ケリーは数々の被害者からの訴えを否定しているが、彼が過去数十年繰り返してきたことは「素行が悪い」といった言葉で片付けられない悪質な行為であることは明らか。ガガらセレブたちの強気な姿勢がハリウッドの闇を変えていくか。

レディー・ガガ / グレン・クローズ

レディー・ガガがゴールデン・グローブ受賞を逃し、ファンの不満が爆発! 矛先は大女優グレン・クローズへも

2019年1月8日
レディー・ガガ

レディー・ガガ、ゴールデン・グローブ受賞後の幸せすぎる写真を婚約者が投稿! 微笑ましくもセクシーな1枚が話題に

2019年1月8日

レディー・ガガ、共演ブラッドリー・クーパーに長文でメッセージ! ゴールデン・グローブ賞受賞から一夜明け「感謝してもしきれないわ」

2019年1月8日

レディー・ガガ、ゴールデン・グローブ賞主題歌賞を受賞! 感動のあまり涙 & テイラー・スウィフトも祝福[動画あり]

2019年1月7日
レディー・ガガ

レディー・ガガ、自身のコスメラインを準備中か!? ある謎のウェブサイトが話題に

2019年1月2日
レディー・ガガ

レディー・ガガ、ラスベガス定期公演がついにスタート! 演奏中に感極まり号泣、「本当に愛してるわ」とファンに感謝[動画あり]

2018年12月30日