テイラー・スウィフトの版権問題、騒動の元凶はスクーター・ブラウンではなく「ビッグ・マシーン・レコード」CEOにあり!? 「スクーターも彼のせいでストレスを感じている」(関係者)

左からスコット・ボーチェッタ、テイラー・スウィフト、スクーター・ブラウン

人気歌手テイラー・スウィフトの過去の楽曲の版権騒動で、スクーター・ブラウンよりも「ビッグ・マシーン・レコード」CEOのスコット・ボーチェッタに問題があるのではないかと言われているようだ。E!newsなどが伝えている。

今年6月、テイラー・スウィフトがデビューから去年まで所属していた、カントリー・ミュージックに特化したレコード・レーベル「ビッグ・マシーン・レコード」が、ジャスティン・ビーバーなどを手掛ける敏腕マネージャーのスクーター・ブラウンが約300億円で買収したことがニュースに。これを知ったテイラーは、スクーターがクライアントであるジャスティンやカニエ・ウェストを利用して自分のことをイジめてきたこと、そしてそんな彼に楽曲の権利を奪われてしまうことにショックを受け、また「ビッグ・マシーン・レコード」に楽曲の権利を持たせてもらうことができなかったことを暴露した。

テイラーは2020年11月から、過去の楽曲全てを再レコーディング&再リリースすることを発表したが、今週末に開催される「アメリカン・ミュージック・アワード 2019」を前に、11月14日、スクーター・ブラウンと「ビッグ・マシーン・レコード」のスコット・ボーチェッタに「テレビで過去の楽曲をパフォーマンスしてはいけない」「ネットフリックスで製作中のテイラーのドキュメンタリーで、楽曲を使用してはいけない」「もししたければ、来年以降に可能となる再レコーディングをするな」と言われたと、長文で投稿。「ビッグ・マシーン・レコード」側はテイラーの作り話であると反論したものの、テイラー側は同社の副社長が送ってきたメールを証拠として公開した。

テイラーのファンや著名人たちは、テイラーを哀れに思い、スクーターとスコットを敵視しているが、実はスクーターもスコットのやり方にうんざりしてしまっているのだという。

ある関係者は「スクーターは自分の名前を使って世間に恥をさらされてストレスを感じています。スクーターが『ビッグ・マシーン・レコード』を仕切っているわけでも、会社の運営管理をしているわけでもありません。スクーターは交渉には参加していないのです」と、実は版権問題はスコットとテイラーの問題であって、スクーターはその交渉には参加していないのだという。

たしかに版権問題はスクーターが買収する前にテイラーとスコットたちでの契約なので、スクーターはこの件に関してはあまり関係ないようだ。また穏便に解決したいスクーターはテイラー側と直接話をしたいと申し出るものの、テイラー側は全く返事をしてくれないという。さらに関係者は「このテイラーとの戦いは、スクーターは同意していなかったものなのです」と明かしたという。

テイラー・スウィフトに楽曲を使用させないように命じたという「ビッグ・マシーン・レコード」がテイラーの言い分を真っ向から否定! 対するテイラー側はさらに証拠を提出

2019年11月17日

助けを求めるテイラー・スウィフトに著名な友人らが続々サポート! “敵側”ジャスティン・ビーバーも意味深コメント

2019年11月16日

セレーナ・ゴメス、助けを求めるテイラー・スウィフトを完全擁護! 「それは強欲さ、巧妙な操作、権力です」と訴える[写真あり]

2019年11月16日

テイラー・スウィフト、自分の曲の権利奪われ、パフォーマンス&ドキュメンタリーで曲が使用禁止に! 激怒のメッセージを投稿、ファンに助け求める[全文訳あり]

2019年11月15日
Taylor Swift - Beautiful Ghosts (From the Motion Picture Cats)

テイラー・スウィフトとアンドリュー・ロイド=ウェバーが映画『キャッツ』のために書き下ろした新たなオリジナル・ソング「Beautiful Ghosts」をリリース

2019年11月15日