今年で結成10周年を迎える「ワン・ダイレクション」、なんとファンたちが再結成を願う架空のフェス「1D週間」を開催…!?

ワン・ダイレクション

今年で結成10周年を迎える、人気ボーイズグループ「ワン・ダイレクション(1D)」。現在グループは活動休止中であるが、あるファンが架空のフェス「1Dウィーク」を開催する計画のツイートをしたことが話題となっている。capitalfm.comなどが伝えている。

「ワン・ダイレクション(1D)」は、イギリスの人気オーディション番組「Xファクター」にて、2010年7月にハリー・スタイルズリアム・ペインルイ・トムリンソンナイル・ホーランゼイン・マリクの5人で結成。世界で大人気のモンスター・グループとなったが、2015年にゼインが脱退。2016年からグループは活動休止し、現在メンバーたちはソロ活動に専念している。

2016年に活動を休止して以降、ソロでの活躍も目覚ましい彼らだが、この度とあるファンが再結成を願う架空のフェス「1Dウィーク」を企画し、曲目リストやチケット情報、ゲストパフォーマーまで入念に作りこまれているとして話題になっている。

企画したのは、1Dファンでツイッターユーザーの @louslights さん。フォトショップを使ってポスターまで作ったようだ。手間ひまかけて作ったポスターには、7日間行われるフェスの詳細や、合成されたメンバー5人の写真が掲載されている。

このツイートでは、「1つのバンド、1つの夢、1週間まるまる」とタグ付けされており、1Dのヒット曲「ヒストリー」や「シーズ・ノット・アフレイド」を含む曲目リストとともに、メンバーであるハリー・スタイルズ、リアム・ペイン、ゼイン・マリク、ナイル・ホーラン、ルイ・トムリンソンが一夜ごとにそれぞれ登場し、パフォーマンスするとしている。

また、このポスターには大人気のシンガーソングライター、ルイス・キャパルディやカントリーシンガーのケイシー・マスグレイヴス、全米が注目するシンガー、キング・プリンセスなど、「1D」メンバーとゆかりのある超豪華な面々がゲストパフォーマーとして名を連ねている。

さらに本格的なことに、このファンは“詳細情報”として、フェス参加について以下のルールを設定しているのだ。

例えば宿泊施設については、「チケットを購入していただければ、テントとマットレスをお貸しします。添い寝してくれれば『1D』メンバーの人形も無料でお付けします」や、食事については、「イギリスの大人気グリルレストラン、『Nando’s』のチリチキンを夕食に提供します」など。これは大変魅力的だ。

さらにメンバーであるナイル・ホーランがひんぱんに使用するスラング、「チョンス」(チャンスという意味)も「条件」欄に記載され、「楽しむことは大前提。やさしさも広めよう。チョンスも与えてあげよう。愛も広めよう」となっている。

この一連の情報にファンは大興奮。「まるでユニコーンが出てきたような、夢のような話だわ!なんとしても参加しなくちゃ!」とコメントするファンもいる。

そもそも「1Dウィーク」がここまで話題になったのは、「『1D』が2020年に再結成する」というウワサがキッカケだった。数年前から2020年に「1D」が復活するというウワサが何度も出ており、また先週、彼らの公式ウェブサイトが更新されたことも、再結成を期待させる大きな要因となったようだ。さらに、メンバーのリアムが、アニバーサリーに特別映像が公開される予定であることをインタビューで明かしたことから、ファンたちの期待がさらに高まっている。

「1D」メンバーたちはソロ活動に専念しているため、年内の活動再開は未定であるものの、「1D」ファンたちによって、何かイベントが開催される可能性もあるかもしれない。

2020年は「ワン・ダイレクション」に何かが起こる!? 公式サイトが久しぶりに更新されファンたちが大騒ぎ

2020年1月7日

なんと「ワン・ダイレクション」の新たなドキュメンタリーが公開!? リアム・ペインの意味深発言にファン大興奮

2020年1月6日

「ワン・ダイレクション」ハリー、ナイル、リアム、ルイ、ゼインのソロ活動の歴史を総まとめ! メンタル面の苦悩から念願のソロデビューアルバム発売、恋愛や家族の死などを振り返る

2019年12月25日

ハリー・スタイルズ、「ワン・ダイレクション」時代のあの曲を我を忘れてパフォーマンス! 新曲「Adore You」も初披露[動画あり]

2019年12月11日

リアム・ペイン、「ワン・ダイレクション」時代に精神安定薬を飲んでいた! 彼を苦しめた「役割」とは?

2019年12月5日
tvgrooveをフォロー!