『スター・ウォーズ』フィン役のジョン・ボイエガ、「金!金!金!」とツイートし炎上! またネットで爆弾発言、ファンはガッカリ

ジョン・ボイエガ
ジョン・ボイエガ

『スター・ウォーズ』の続3部作にフィン役として出演した俳優ジョン・ボイエガ(27)が、ツイッターにて爆弾発言をして炎上した。

ジョン・ボイエガは『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』よりフィン役で出演。フィンは人間の男性で、優秀なストームトルーパーとして評価されていたが離反を決意し、レジスタンス軍に参加。主人公レイ(デイジー・リドリー)の良き理解者となる。

昨年12月に公開された『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』で、約43年に渡って描かれてきたスカイウォーカー家の壮大な物語が幕を閉じた。同シリーズには熱いファンも多く、新作が公開されるたびに議論が加熱するのだが、『スカイウォーカーの夜明け』のストーリー、結末に関しても賛否両論の声が上がっていた。

その声はときに俳優たちに向けられることもある。ジョン・ボイエガも多くのアンチ意見を受けていたようだが、全ての『スター・ウォーズ』シリーズとの契約が終わったと見られる今、彼はアンチコメントに対し反撃をしているのだ。

今回とあるファンがジョンに対し「『スカイウォーカーの夜明け』での君:レイ!レイ!レイ!レイ!...イェーイ!」と、フィンが「レイ」を連発していることをいじった。これに対しジョンは「金!金!金!イェーイ!」と韻を踏んで返信したのだ。

これを見たスター・ウォーズファンは「続3部作でメインの役を獲得したときの気持ちは忘れたの?最後にこんなことになるなんて悲しい」「明らかにレベルの低い人(アンチツイート)に対してこんな返信をする君に失望した」などとガッカリコメントを次々投稿。しかし中には「ジョンにアンチコメントを送るなんて信じられない。俳優たちは脚本通り演じただけなのに」と、ジョンを養護する人もいる。

スター・ウォーズとの契約から開放されたジョンは、以前にも発言が炎上したことがある。

今年1月、ジョンがインスタグラムでとあるファンに返信した内容のスクリーンショットがツイッター上に出回り、大きく話題となった。そこでファンは「カイロ・レンが死んだからレイと付き合えるとわかった瞬間のフィン」と書き、それに対しジョン本人が「重要なのは彼女(レイ)が誰とキスするかじゃなく、誰が彼女とセックスをするかだよ。君は天才だね」と、レイを性的に表現したのだ。また「誰が彼女とセックスをするのかが重要」と書いたことで、男性主体的な意見とも捉えられる(『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』でカイロ・レンはレイとキスをしたのちに死ぬ)。

このジョンのコメントは、ツイッターでまたたく間に「性差別的」「女性を下に見ている」と大炎上。しかしジョンはこれらのコメントに反論しており、ファンからの「あなたは女性を軽蔑している」というコメントに対し「君はバカだ」と返信。「みんな真剣にとらえすぎ」や「僕はスター・ウォーズのレイの話をしただけで、いつ一般世間の女性の話をしたんだ?問題があるのは君のアホな脳内だろう。これはジョークと呼ばれているんだ。さよなら」といった内容のコメントも投稿した。

ハリソン・フォード

『スター・ウォーズ』ハリソン・フォード、「フォース・ゴーストってなんだ!?」 新インタビューで衝撃発言

2020年2月19日

[※ネタバレあり]「スター・ウォーズ」キャリー・フィッシャーの娘ビリー・ロード、レイア姫役で『スカイウォーカーの夜明け』に出演していたことが明らかに

2020年1月12日

[※ネタバレあり]「ベン・ソロチャレンジ」って知ってる? 『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』名シーンを再現する爆笑動画が流行中[動画あり]

2020年1月11日

[※ネタバレあり]「スター・ウォーズ」ジョン・ボイエガ、レイのキャラクターに関し性差別的発言で炎上! 本人は反論もファンが激怒

2020年1月2日

『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』本編では明かされなかったフィンがレイに伝えたかったこととは? それを監督が明かす&「マンダロリアン」にも関係が・・・?[※ネタバレあり]

2019年12月26日