ジェシー・レイエズ、ビリー・アイリッシュのワールド・ツアーのサポート・アクトに決定

ジェシー・レイエズ
ジェシー・レイエズ

カナダ・トロント出身のソウル/R&Bシンガーのジェシー・レイエズが、ソールド・アウトとなっているビリー・アイリッシュの【Where Do We Go?】ワールド・ツアーのサポート・アクトを務めることが決定した。

ビリー・アイリッシュ「WhereDoWeGo Tour」

ビリー・アイリッシュ「WhereDoWeGo Tour」

ジェシーは現地時間3月9日から開催されるUS公演をはじめ、夏には英ロンドンのO2アリーナを含む10のヨーロッパツアーに参加する。ファンの間では、以前より仲の良いことが知られている2人。ビリーは米TV番組「ジミー・キンメル・ライブ! 」に出演した際、出会いのきっかけについて「13歳の時にジェシーの音楽を見つけて、ファンになったの。それから、私が音楽を始めてから彼女の「Gatekeeper」って曲を聞いて、すごく感動したのを覚えてる。“この曲は私が今まで人生で聞いた中で一番素晴らしい曲だ” って自分のアカウントに投稿したんだ。その後ジェシーに会って意気投合したよ。私たちは何度も会ったわ。」と相思相愛のエピソードを語っている。
ビリーがジェシーについて語っている

「ジミー・キンメル・ライブ! 」インタビュー動画(10:35頃〜)

2017年にリリースされた「Gatekeeper」は、歌手を目指す女の子が業界内の権力者を「ゲートキーパー(意味:門番)」に例え、未だに蔓る女性差別や女視などハラスメントについて歌っている。自身の経験を元に作られたとされるこの楽曲に、世界中が衝撃を受けた。

「Gatekeeper」ミュージック・ビデオ

ジェシーは3月27日にデビュー・アルバム『Before Love Came To Kill Us』発売し、今作から新曲「Ankles」が3月6日に発表される。

ジェシー・レイエズ プロフィール

コロンビアにルーツを持つカナダ・トロント出身のソウル/R&Bシンガーのジェシー・レイエズ。2016年にリリースした「Figures」がカナダ国内でローカル・ヒットしたのをきっかけに、2017年の音楽業界にはびこるハラスメントについて歌った「Gatekeeper」とともに1st EP『Kiddo』を発表。2018年には全30公演の北米ツアーがソールド・アウトとなった。さらに、グラミー賞に相当するカナダのジュノー賞では、2nd EP『Being Human In Public』が「最優秀R&B/ソウル・レコーディング賞」を受賞し、世界で注目を集めるようになった。これまでにエミネム、サム・スミス、ルイス・キャパルディなど世界的アーティストとのコラボレーションを実現し、作曲家としてデュア・リパとカルヴィン・ハリスの「One Kiss」(2018)の楽曲制作にも携わっている。2020年3月6日、デビュー・アルバム『Before Love Came To Kill Us』がリリース予定。


■日本公式サイト https://www.universal-music.co.jp/jessie-reyez/

■リリース情報
ジェシー・レイエズ『Before Love Came To Kill Us』
2020年3月27日配信&輸入盤発売

ビリー・アイリッシュと、ジャスティン・ビーバー

ビリー・アイリッシュ、ジャスティン・ビーバーが好きすぎて過激発言! 「ジャスティンがお皿にウ〇チしても平気(笑)」[動画あり]

2020年2月26日
ビリー・アイリッシュ「No Time To Die」ジャケット

ビリー・アイリッシュ、映画『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』主題歌で自身初のUKシングル1位獲得

2020年2月26日
ビリー・アイリッシュ

ビリー・アイリッシュ、スローモーション動画の撮影が「かっこよすぎる」と話題に! 彼女の魅力が再発見できる動画は必見[動画あり]

2020年2月25日
ビリー・アイリッシュ

ビリー・アイリッシュ、「No Time To Die」を鳥肌パフォーマンス! 「2020 BRIT Awards」にリゾ、メイベルら大注目アーティストも集合[動画あり]

2020年2月19日
ジェシー・レイエズ

今年度グラミー賞ノミネート中の新人、ジェシー・レイエズの1stアルバム発売決定!新曲MVも解禁

2020年1月25日
tvgrooveをフォロー!